研究室紹介@新4年生へ

こばけんの主な研究内容と設備

※理論的なLSI設計基礎研究から実践的な試作まで幅広く研究を行っています。
  また本研究室ではアナログを中心にアナログデジタル混載回路の研究開発が中心です。

最近ホットな研究内容は
・微細CMOS AD変換器の研究
計測器用ADCを低消費電力化のための産学協同にて研究を行っています。
業績:様々な学会で発表、近々製品化も?
・デルタシグマAD変換器の研究
・高周波RF(Radio Frequency)の研究
最近話題のFOMAなどにも搭載されるRFの研究
・スイッチング電源回路の研究
携帯機器用電源の実現のため、小型化、低ノイズを目指しています。
業績:特許を取得。
これから様々な学会で発表。
・チャージポンプ回路の研究
低消費電力化のための研究を行っています。
業績:三洋電機との共同研究で開発したチャージポンプを
製品化。




コンピュータ環境は計20台以上と比較的多く、
スペックも平均?1.3GHz、平均メモリ256Mと快適です。(ほんとか?)
Pen46台稼動中。(2Gオーバー4)

更にワークステーション、サーバーも購入しUNIXも勉強できます♪
(LSI設計にはUNIX必須)また実験はベンチャーラボラトリで色々な計測器やボードを使用することができます。


これから本研究室ではUNIXの活用が年々増加しています。
こばけん志望の方は是非UNIXを勉強しておいてください♪

あとソフトボール経験者も大歓迎
昨年度は3位(来年のEL-Jソフトボール大会は優勝!?) 

KOBA研ソ フトボール大会での入賞

[1] 平成11年度 ELJ研究室対抗ソフトボール大会 第3位(平成11年6月1日)
[2] 平成13年度 ELJ研究室対抗ソフトボール大会 準優勝(平成13年9月18日)
[3] 平成14年度 ELJ研究室対抗ソフトボール大会 第3位(平成14年9月20日)
(注)EL は電気電子工学科、Jは情報工学科の略称

学生の 受賞

[1]LSI IPデザイン・アワードIP賞受賞 2004年
[2]第16回 回路とシステム軽井沢ワークショップ奨励賞受賞 2004年
[3] 電気学会学術奨励賞、光野正志、2003年3月
[4] 第4回LSI・IPアワード研究助成、2002年5月
「ノイズパワーのスペクトラム拡散技術を用いたスイッチング電源回路」
大門孝幸、進藤崇之、定村宏、小林春夫



FAQ(質問と答え)
Q1,アナログ回路って今重要なの??
A1,重要です。

 人間の声などはアナログです。
  よってアナログ回路技術がないと、デジタル信号は作れません。

    将来デジタル回路を設計するにせよ、アナログ回路をマスターした技術者の方が
   
   デジタルのみしかやってない人に比べると、優秀だそうです^^
 
Q2,実験とかってやってるの??
A2,もちろんやっています。
  最近ではコンピュータの発展によりコンピュータで
LSIを設計できます。
  しかしコンピュータに振り回されないようにしましょうね♪
Q3,週末は来るの??
A3,基本的には休みです♪ しかし論文締め切りのときはくるかも??
Q4,深夜まで研究するの??
A4,人それぞれですけど、やっている人はやっています。
  しかしコアタイムとかはないので、午後に来て、夜帰るとか。
   もしくは午前中に来て、午後帰るとか。
    結構自由です。
     マイクロソフト社もそうらしい。
       そっちのほうが効率は良いしね♪
Q5,CMOSとホームページに書いてあるけど、よくわかりません・・・
A5,恐らく電子回路の授業ではBipolarがメインだったかな??しかし心配することはありません。
  4月に4年生ゼミがあるので、そこで勉強できます。
Q6,コンピュータに弱いのですが。。大丈夫ですか??
A6,大丈夫です♪ 研究室に入ってから先輩が親切に教えてくれるので大丈夫です。
  しかし就職するとそうはいかないので、研究室に入ってからは頑張って使いこなすようにしましょう。
Q7,就職とか厳しいけど、大丈夫かな??
Q7,本研究室卒業生では就職浪人はいません。
  進学を除くと今のところ
100%。
   これは様々な企業から注目されているからかもしれません。
    産学協同もしているし♪
Q8,小林先生ってどんなひと?
Q8,普段は優しくて面白いひとです。
  癒し系ですし(は?
研究室に配属されるにあたっての心構え
研究にとって大事なのは専門知識だけではないと思います。
「目標・失敗・努力・好奇心」 こういったことが大事です♪
目標:目標が無いと、無心で研究やっていてもつまらんしね。
    達成してもまた新たな問題点を探し、楽しもう。
失敗:研究には失敗がつき物です。これは未知の領域に手を出すからです。
   しかしこういった失敗などが段々楽しくなってくるはず。
   そして経験を積んでいく♪
努力:やっぱ努力しなけりゃ、良い研究はできません。
その他・好奇心、応用力、愛・・
もし他に質問があったら研究室まで直接ね!いつでも大歓迎!!