講演会詳細


群馬大学アナログ集積回路研究会


講師: 飯野俊雄先生(工業所有権協力センター)
場所: インターネット配信。
聴講を希望される方はこちらにご入力ください。ZoomのURLが自動送信されます。 終了しました。
ご興味のある回だけのご聴講も可能です。
概要: 本講座の5回の概要をご説明します。
最初の回では、導入として近年話題になっているIoTとセンサの密接な関わりについて講義をします。
次回以降はIoTとの関連も考慮にいれながら磁気センサ、光センサ、位置センサ、流量センサについて、
センサの動作原理を中心にして講義を行い、主要なセンサの基本的な知識を身につけていただきたいと考えています。
また、位置センサの回では、講師の実体験に基づいた、センサ開発の方法論にも触れて講義を行います。

センサから見たIoT
2022年11月22日(火)16:00-17:30
  1.センサとは何なのか?
   ・センサの定義と分類
   ・「JEITAセンサ・グローバル状況調査」
  2.IoTと切離せないセンサ
   ・IoTデバイスとしてのセンサ
   ・IoT以前の世界
  3.IoTとセンサの向かう方向---国のPJTより
   ・グリーンセンサネットワークPJT
   ・水田水管理ICT活用コンソーシアム
   ・インフラのセンシング例
  4.IoTでセンサはどのように使われているか
   ・IoT向けセンサの実例
   ・IoT・センサ・AI
   ・スマートメータ
   ・IoTの事例紹介


磁気センサの基礎
2022年11月29日(火)16:00-17:30
  1.磁気センサとは
  2.センサの理想と現実のギャップ
  3.磁気センサの分類
  4.電流・磁気効果によるセンサ
   ・ホール素子
   ・3軸地磁気センサ
   ・MRセンサ
   ・GMR/TMRセンサ
  5.磁気インピーダンス効果によるセンサ
   ・MIセンサ
  6.磁気インダクタンス効果によるセンサ
   ・フラックスゲートセンサ
  https://kobaweb.ei.st.gunma-u.ac.jp/news/pdf/2019/20190818_Lisbon_iino-sensei.pdf


光センサの基礎
2022年12月6日(火)16:00-17:30
  1.量子型光センサ
   ・光伝導効果
   ・焦電効果
   ・光起電力効果
   ・光電子放出効果
   ・センサのアレイ化
  2.撮像素子とカメラの基礎
   ・CCDセンサ
   ・CMOSセンサ
   ・民生用CCD/CMOSセンサ
   ・センサの感度向上
  3.最近話題のLiDAR
   ・自動運転用LiDAR
   ・iPad ProのLiDAR
  4.テクノロジードライバとしての科学計測用カメラ
   ・EMCCDカメラ
   ・HARPカメラ
   ・高速度カメラ


位置センサの基礎
2022年12月13日(火)16:00-17:30
  1.ロータリエンコーダとは?
  2.角度の国家標準
  3.光学式エンコーダ
   ・インクリメンタル方式
   ・アブソリュート方式
  4.簡単なようで実は難しい回転数検出
  5.エンコーダの通信機能とIoT
  6.エンコーダ開発の実際
  7.磁気式エンコーダ
   ・インクリメンタル方式
   ・アブソリュート方式
   ・レゾルバ


流量センサの基礎
2022年12月20日(火)16:00-17:30
  1.体積流量計
   ・電磁流量計
   ・渦流量計
   ・差圧式流量計
  2.質量流量計
   ・コリオリ流量計
   ・熱線式流量計
  3.身近な流量センサ
   ・水道メータ
   ・ガスメータ


資料: 聴講をお申込み頂いた方宛にメールでお送りします。






共催: NPO e自警ネットワーク研究会

小林研究室のホームページに戻る
群馬大学アナログ集積回路研究会のホームページに戻る