◆小林研究室NEWS

※令和元年度 修士公聴会 卒業研究発表会

※今更TJCAS2019レポート(桑名杏奈)

令和元年師走 対外活動

セミコンジャパン2019研究室から出展しました(2019年12月11, 12, 13日 於 東京ビッグサイト)
  参加報告書:阿部, , 王識宇, 青木, 李雄炎, 杜浩洋, 八田, 張鵬飛, 張諶豪, 細野山本颯馬, 柴崎, Isam
  掲示ポスター:積分型バーニア発振器を用いた高分解能時間デジタルコンバータ

群馬和算研50周年記念講演会が2019年11月23日(土) 前橋工科大学にて開催されました。

※中国重慶市にて開催の集積回路分野の国際会議 ASICON 2019 に研究室にて15名参加、17件発表し、2件のExcellent Student Paper Award を受賞しました。
  (1) 参加報告書
    D3 孫逸菲, D2 王识宇, D2 TRAN MINH TRI, D1 魏江林, M2 滕啓功, M2 張鵬飛,
    M1 青木里穂, M1 八田朱美, M1 阿部優大, M1 片山翔吾, M1 張諶豪, M1 沙磊, M1 平井愛統
    教員:桑名杏奈,教員:小林春夫
    写真集(作成:M1 沙磊)
  (2) Excellent Student Paper Award
  (3) 重慶大学にて研究室紹介
  (4) この間、研究室OB 林海軍先生(厦門理工学院)が群馬大学を訪問され、お会いできずに残念でしたが、同大学とは今後連携を深める方針です。

群馬大学アナログ集積回路研究会の様子(第394回 中谷隆之先生、第395回 源代裕治先生)

2019年度ひずみ測定講習会報告

※2019年9月27日(金)に産官学連携講演会を開催しました。(講師 田口和也氏、ゲスト 東幸一氏)

※2019年度後期に産業界・産総研と連携して下記の講義を開講します。
   パワーエレクトロニクス工学(大学院) 【2019年12月27日付追記】1月10日(金)==> 1月9日(木)に変更
   システム集積回路工学(大学院)
   先端電子計測工学(大学院)
   集積電子回路工学(学部3年)

IEEE VLSI Test Symposium(2020年4月 米国カルフォルニア州サンディエゴ市開催)では論文を募集しています。

抜山蓋世  発表スケジュール  重慶市紹介(研究室OB 熊 軼君作成)  重慶市紹介(魏江林君・李雄炎君作成)

※2019年8月栃木県日光市開催の台湾と日本の回路とシステム国際会議(TJCAS)にて、 研究室学生 佐々木優斗君、片山翔吾君、荻原岳君がそれぞれBest Student Paper Award を、 TJCASでのイベントの一つのCASS Event Proposal Contest for Young Researchers -Your Idea Come True- で 大岩紀行君、平井愛統君、片山翔吾君、串田弥音さんグループが第2位の受賞を受けました。理工学部HPの記事

大航海時代の都 リスボン市 旅行記 (群馬大学非常勤講師 飯野俊雄先生)

※2019年8月5日(月)、6日(火)に研究室大学院生6名が小室貴紀先生、萩野達雄先生の「RF回路の設計・評価技術講座」(於 高度ポリテクセンター)に参加しました。
  大岩紀行佐々木優斗町田恒介串田弥音柴崎有祈子八田朱美

TJCAS2019が群馬大学広報のWEBに紹介されました。

「松のことは松に習え」 (松尾芭蕉)

3rd International Test Conference in India での発表報告

「新しいものを発見する一番良い方法は、分かっていない人にわからせようとすること である 」(数学者 広中平祐先生)

21st IEEE Latin-American Test Symposium (LATS2020, 3月30日-4月2日 ブラジルで開催) では論文を募集しています。 (2014年ブラジル出張報告

研究業績を振り返る

こつこつ学ぶ

エキサイティングなアメリカ

※小林研究室の学生が、受験生・留学生向けのパンフレットに掲載されています。
 博士課程3年生 孫逸菲さん:英語版大学案内Students Voice
 4年生 平井愛統君:受験生向け群馬大学理工学部・大学院理工学府案内2020在学生のメッセージ

「2019年版IoTの本質と技術動向」講演会開催(2019年6月11日開催)

一期一会

ちひさきものはみなうつくし

※TJCAS2019 が 日経XTEC に紹介されました。

技術で人を幸せにする

※VLSI Test Symposium 2019 参加報告

※2019年4月22日、23日に群馬大学アナログ集積回路研究会を開催しました

2019 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS 2019)を 栃木県日光市(日光東照宮、輪王寺)にて 8月19日(月)-21日(水)に開催します。
 開催までの道のり 「一隅を照らす」

※令和元年度に 松田順一先生、岡部裕志郎先生、元澤篤史先生により大学院講義「次世代集積回路工学特論、集積回路設計技術」を開講します。

13th International Conference on ASIC (ASICON) (2019年10月29日-11月1日  中国 重慶市 開催)は論文を募集しています。

ローム社/群馬大学との共同研究成果が VLSI Test Symposium (IP Session: Innovative Practices in Japan, 2019年4月 米国モントレで開催)で同社から発表されます。

※2018年度 卒業式、 同日発行 理工学部ニュース

International Test Conference (米国 ワシントン D.C. 2019年11月開催) では論文を募集しています。

好来不如好去

※老驥伏櫪 志在千里 烈士暮年 壮心不已。

 ジーダット社/群馬大学の共同論文が、 Designer/IP Track at 56th Design Automation Conference (2019年6月 米国ラスベガスにて開催)に採択されました。

※栴檀は双葉より芳し

 青木里穂さん「電気学会東京支部 電気学術奨励賞」受賞 ,「群馬大学学長表彰(学業優秀)」受賞
 柴崎有祈子さん「電気学会東京支部 電気学術女性活動奨励賞」受賞 ,「群馬大学工業会奨励賞」受賞

小澤祐喜君(M2)、片山翔吾君(B4)が 第9回電気学会東京支部 群馬・栃木支所合同研究発表会(2019年3月, 於 小山高専)にて優秀発表賞を受賞しました。 1. 2.

※修士論文・卒業論文発表打ち上げ(2019年2月21日(木))集合写真

28th IEEE Asian Test Symposium では論文を募集しています。

※IEEE International Symposium on On-Line Testing and Robust System Design 2019 (IOLTS 2019) では論文を募集しています。

※第3回 テクノロジと社会科学に関する国際会議 (ICTSS2019, General Chair: 藤井雄作 群馬大学教授) では論文を募集しています。

セミコン2018に研究室で出展しました。ポスター 1, 2, 3 写真出張報告  阿部 桑名先生 井田 白さん 魏江林 ハリウッド作成ビデオ

※学生出張報告・・・LTspiceユーザーの集い2018(建龍青木さん、片山

※桐生系日記 1, 2, 3, 4, 5, 6 , 7, 8, 9, 10, 11

International Test Conference in Asia 2019 では論文を募集しています。

※桑名杏奈先生が、リケジョ-未来シンポジウム@Yamagata で講演しました。(2018年10月28日)

※2018年10月のAsian Test Symposium で研究室から2件論文を発表しました。
 (報告書 小林佐々木

※2018年11月に桐生市にての開催の国際会議報告

※青島での国際学会(ICSICT)ニュース
  - 松田順一客員教授が 車載用LDMOSの発表をしました(アドバンソフト社TCAD使用関係ウェブサイト)。
  - アドバンテスト社との共同論文を2件発表しました。
  - 博士後期課程2年 孫逸菲さんが Excellent Student Paper Award を受賞しました。(指導 小堀康功客員教授)、大学HP掲載Twitter
  -ICSICT最終プログラム

※2018年11月 中国 青島市開催の国際会議参加報告書
  (大岩佐々木町田串田串田Ⅱ柴崎江林チー建龍桑名先生、松田先生、小堀先生、小林)学会風景(動画

※「戦略」を考える

※IEEE TOWERS(The 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers)で阿部優大君がSupporter's Group Awardを受賞し、
  IEEE Student Paper Contest (2018年11月24日 韓国にて開催)に招待されました。(Bronze Paper Award)報告書 Twitter 大学HP掲載


源代 裕治先生(ザインエレクトロニクス)講演資料 (1, 2, 3, 4, 5,6)

※北関東産官学研究会技術情報誌HiKaLo第65号に桑名助教の記事が掲載されました。

※2018年度ひずみ測定講習会報告

※IEEE ICSICT2018 (2018年11月 中国 青島市開催)で、群馬大学尹友先生(招待講演1件)、小林研究室(レギュラー講演10件、招待講演2件)が参加発表します。

※2018年11月に(株)エー・エス・オー(諸島洋一社長)と群馬大学 小林研究室との共同研究成果を、中国 青島市での半導体関係国際学会で発表します。

※中谷隆之先生(群馬大)講演資料(

※松浦達治先生(東京理科大)ご講演資料(

サハン君が 2018年9月29日(土)に 群馬大学GFLグローバル交流セミナー「若手研究者講演会」にて 1, 2年生および教職員 計100名程度の前にて 話をしました。
        (GFL: Global Frontier Leader)

※「ビッグデータ」に思う。

第361回 群馬大学アナログ集積回路研究会講演会(講師:落合政司先生 、電流共振形コンバータ)を開催しました。

企業懇談会にて桑名助教がポスター発表を行いました。

※2018年8月27日(月)、28日(日)に研究室大学院生6名が小室貴紀先生、萩野達雄先生の「RF 回路の設計・評価技術 講座」(於 高度ポリテクセンター)に参加しました。
 李晶さん、白雪研さん、趙宇杰青木里穂さん、片山翔吾阿部優大ブストニ桑名杏奈先生

※2018年8月26日(日)に第14回全国和算研究大会(栃木県佐野市開催)にて阿部優大君が和算をベースにした電子回路設計の内容で発表しました。

※2018年度後期に産業界・産総研と連携して下記の講義を開講します。

     パワーエレクトロニクス工学(大学院)    
    システム集積回路工学(大学院)     
    先端電子計測工学(大学院)    
    集積電子回路工学(学部3年)

※小林春夫教授、町田恒介君が 2018年8月に中国 哈爾浜市開催の International Test Conference in Asia に参加しました。

※2018年8月10日(金)に IT業界からAI講習会・実習を開催していただきました。

※2018年8月6日(月)に産官学連携講演会を開催しました。(講師 田口和也氏、ゲスト 東幸一氏)

※ 2018年9月7日(金)に落合 政司先生 「 電流共振形コンバータの電圧・電流と静特性及び動特性 」の講演会を開催します。

IEEE VLSI Test Symposium (2019年4月 米国カルフォルニア州モントレ市開催)では論文を募集しています。

※VLSIテスト技術国際学会(VLSI Test Symposium 2018)概要報告 (畠山一実先生 2018年7月30日(月)

IoT講演会IoT本質と市場技術動向」(中谷隆之先生 2018年7月30日(月)

※群馬大学理工学部・大学院理工学府案内にOGの新井薫子(ゆきこ)さんが紹介されました。

爽やかな新風吹きこまれる。

※応用科学学会にて 桑名杏奈先生が下記講演 をされました。
  題目:『流体シミュレーションの事例紹介』 -非定常運動する風車 -
  日時:2018年7月9日(月) 15:45- 16:45
   場所: 関東学院大学 関内メディアセンター

※アナログ集積回路研究会講演第352回、351回、350回が開催されました。

※春風接人、秋霜自粛(言志四録)桑名杏奈先生講演会報告

※テクノフロンティア2018参加報告(王建龍君)2018年4月18日~20日

※孫逸菲 さんが (財)ロータリー米山記念奨学会 2018年度奨学生になりました(桐生ロータリークラブでお世話になります)。

※第2回 テクノロジと社会科学に関する国際会議 (ICTSS2018, General Chair: 藤井雄作 群馬大学教授)にて下記受賞しました。

 〇 Best Paper Award 小堀康功先生、松田順一先生、桑名杏奈先生

 〇Best Presentation Award 桑名杏奈先生

 〇Best Student Award 大岩紀行君 串田弥音さん

※フィリピンの大学・ビジネス界訪問報告(2018年4月)フィリピン英語留学

※平成30年度に 松田順一先生、岡部裕志郎先生、元澤篤史先生により大学院講義「次世代集積回路工学特論、集積回路設計技術」を開講します。


2018年3月以前の記事はWarehouseに収納されました。
◆研究室関係リンク先
群馬大学アナログ集積回路研究会講演会案内
小林研究室各賞受賞者リスト
◆Pre-face
アナログサイエンスの提唱:
アナログ回路/アナログ技術は「匠の技」とも言われていますが、うまくいくのは「理屈」があるはずです。
本研究室では アナログ回路/アナログ技術を科学的手法により研究開発を行い、新技術の創出・体系化およびこの分野の広がりのある教育を目指します。

産学連携・国際交流の推進、サイエンスとリベラルアーツの重視をしていきます。

研究紹介:最先端アナログエレクトロニクスで貢献
       「アナログはアナクロ(時代錯誤)か?」
       「世界と研究で競争する

徳あれば孤ならず。
(徳があれば孤立しない、必ず人が集まってくる。)

君子は器(うつわ)ならず。
(優れた人物は単なる道具になるような生き方はしない。)

研究室スローガン

From "Why" to "I See".
「なぜ」から「なるほど」.

From "Why" to "IC".
「なぜ」から「集積回路化」.

我々の周りの至るところにLSIは存在する。
近い将来、FTTH、LTE、bluetooth等の普及により、現在よりも、
さらに高度なネットワーク社会が到来するはずである。
LSIが社会 に与えるインパクトは、ますます大きなものになる。

本研究室では、アナログ・デジタル混載回路を中心としたLSIの,世界をめざした研究・開発を行っている。
◆Contents of Research
・高速CMOS A/D D/A変換器
・高周波RF回路
・携帯機器電源
・A/D変換器評価アルゴリズム
・MEMS技術を用いたアナログ回路
etc,etc...
◆Koba Lab Members are...
・小林春夫教授(随想2001年)(地域共同研究センターニュース)(群馬大学アナログ集積回路研究会正式発足
センターニュース2003年後期
・助教   1名
・博士課程 4名
・修士課程 名
・学部生 名
・研究生 名


連絡先:

〒376-8515
群馬県桐生市天神町1丁目5番1号
群馬大学理工学府電子情報部門
情報通信システム分野 情報通信システム第2研究室

場所 :電気電子棟(3号館)4F
電話 :0277(30)1788 (小林教授室)

:0277(30)1789 (小林研究室)

FAX :0277(30)1707(専攻共通)

E-mail:
小林 春夫 教授: "Haruo Kobayashi " koba@gunma-u.ac.jp;
桑名 杏奈 助教: "Kuwana Anna" kuwana.anna@gunma-u.ac.jp


All rights reversed
since:2000.Sep
Copyright (C) 2019 Koba Lab
平成31年度 管理人:Kuwana Anna