発表論文・学会発表

 「ほかの者が彼の貢献を利用してくれるときのみ、成果を上げることができる(貢献のリレー、Peter F. Drucker)
 " We do more than pass out knowledge around here.We create it. "(UCLA, Henry Samueli School of Engineering and Applied Science より)
”A man may die, nations may rise and fall, but an idea lives on. Ideas have endurance without death.” John F. Kennedy)

“Do what people don’t do. Go where people don’t go.”

2017年  2018年  2019年  2020年
2013年  2014年  2015年  2016年
2012年  2011年  2010年  2009年
2008年  2007年  2006年  2005年
2004年  2003年  2002年  2001年
2000年  1999年  1998年  1997年以前

The DBLP Computer Science Bibliography:コンピュータ科学に関する書誌学ウェブサイト
Haruo Kobayashi
Anna Kuwana

google scholar citation
Haruo Kobayashi



2020年
<論文>

 [1] Masashi Higashino, Shaiful Nizam Bin Mohyar, Yao Dan, Yifei Sun, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Digital-to-Analog Converter Layout Technique and Unit Cell Sorting Algorithm for Linearity Improvement Based on Magic Square",
   Journal of Technology and Social Science, Vol.4, No.1, pp.22-35 (Jan. 2020).

 [2] Yifei Sun, Yasunori Kobori, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Single-Inductor Dual-Output Converters With PWM, Hysteretic, Soft Switching and Current Controls",
   Journal of Technology and Social Science, Vol.4, No.2, pp.7-32 (April 2020).

 [3] Yasunori Kobori, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "EMI Reduction in Switching Converters With Pseudo Random Analog Noise",
   Journal of Technology and Social Science, Vol.4, No.2, pp.33-48 (April 2020).

 [4] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi
   "Mathematical Analysis and Design of Parallel RLC Network in Step-down Switching Power Conversion System"
   Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System (JMEIS, J. Mech. Elect. Intel. Syst.). vol. 3, no. 2, pp.1-30 (May 2020).

 [5] Minh Tri Tran, Nene Kushita, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi
   "Mathematical Model and Analysis of 4-Stage Passive RC Polyphase Filter for Low-IF Receiver",
   Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System (JMEIS, J. Mech. Elect. Intel. Syst.). vol. 3, no. 2, pp.31-51 (May 2020).

 [6] Jianglin Wei, Nene Kushita, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa, Hirotaka Arai, Lei Sha,
   Anna Kuwana, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi
   "Short-Time INL Testing Methodology for High-Resolution ΔΣ ADC",
   Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System (JMEIS, J. Mech. Elect. Intel. Syst.). vol. 3, no. 2, pp.87-101 (May 2020).

 [7] Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Pulse Coding Controlled Switching Converter with Notch Generation and its Conversion Voltage Ratio Analysis",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [8] Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Frequency Stabilization and EMI Noise Reduction of COT Method Ripple-Controlled Switching Converters with Output Voltage Ripple Cancellation ",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [9] MinhTri Tran, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Design Proposal for Inductor Type Buck Converter in Bluetooth Receiver Chip with Overshoot Cancellation and Ripple Reduction Technique"
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [10] MinhTri Tran, Nene Kushita, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Pass-band Gain Improvement Technique for Passive RC Polyphase Filter in Bluetooth Low-IF Receiver using Two RC Band-stop Filters",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [11] Anna Kuwana, Xueyan Bai, Dan Yao, Haruo Kobayashi,
   "Numerical Simulation for the Starting Characteristics of a Wind Turbine",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [12] Yasunori Kobori, Jing Li, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Automatic Current Balance for Multi-Phase Switching Converters with Ripple Control or Soft Switch",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [13] Yasunori Kobori, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Pulse Coding Controlled Switching Converter with Notch Frequency Generation in Noise Spectrum",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [14] Yasunori Kobori, Noriyuki Oiwa, Shogo Katayama, Ahmad Bustoni, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, and Haruo Kobayashi,
   "EMI Reduction of PFC Rectifier and LLC Converter with Automatic Output Ripple Improvement",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [15] Yasunori Kobori, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Anna Kuwana, and Haruo Kobayashi,
   "EMI Noise Reduction of DC-DC Switching Converters with Automatic Output Ripple Cancellation",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [16] Yujie Zhao, Anna Kuwana, Yuanyang Du, Yuki Ozawa, Yuto Sasaki, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa,
   "Consideration on Input Signal for ADC Histogram Test in Short Time",
   Special Issue on 5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation & 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, Applied Mechanics and Materials (accepted)

 [17] Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Pulse Coding Controlled Switching Converter that Generates Notch Frequency to Suit Noise Spectrum",
   IEICE Trans. Communications, Vol.E103-B, No.11, pp.- (Nov. 2020). (accepted).

<国際学会>

 [1] Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Design of Active Inductor and Stability Test for Ladder RLC Low Pass Filter Based on Widened Superposition and Voltage Injection",
   The 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering, Shimane, Japan (March, 2020)

 [2] Minh Tri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Derivation of Loop Gain and Stability Test for Multiple Feedback Low Pass Filter Using Deboo Integrator",
   The 8th IIAE International Conference on Industrial Application Engineering, Shimane, Japan (March, 2020)

 [3] MinhTri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Derivation of Loop Gain and Stability Test for Low Pass Tow-Thomas Biquad Filter"
   6th International Conference on Signal and Image Processing (SIPRO 2020), London, United Kingdom (July 25-26, 2020)

 [4] MinhTri Tran, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Design of Active Inductor and Stability Test for Passive RLC Low Pass Filter"
   6th International Conference on Signal and Image Processing (SIPRO 2020), London, United Kingdom (July 25-26, 2020)

<国内学会発表>

 [1] 大岩紀行
   「LLC電源での効率改善とEMI低減技術の検討」
   第74回「システムLSI合同ゼミ」,東京農工大学小金井キャンパス (2020年1月25日)


2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会
  群馬高専 2020年3月4日(水), 5日(木)
  https://ieej-gunma.ei.st.gunma-u.ac.jp/

 [1] 片山 翔吾,大岩 紀行,小堀 康功,桑名 杏奈,小林 春夫
   「スペクトラム拡散を用いたLLC電流共振コンバータのEMIノイズ低減
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-14,ETT-20-14,pp.33-36

 [2] 柴崎 有祈子,浅見 幸司,桑名 杏奈,小林 春夫
   「クレストファクタ低減アルゴリズムの共通性の解析
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-27,ETT-20-27,pp.74-77

 [3] 山本 颯馬,Isam Ebisawa Kuswan,阿部 優大,井田 貴士,柴崎 有祈子,築地 伸和,桑名 杏奈,小林 春夫,鈴木 彰,轟 祐吉,柿木 利彦,小野 信任,三浦 一広
   「自己バイアス温度不感MOS定電流源の動作と安定性解析
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-34,ETT-20-34,pp.95-95

 [4] 荻原 岳,片山 翔吾,青木 里穂,中谷 隆之,佐藤 賢央,石田 嵩,岡本 智之,市川 保,王 建龍,桑名 杏奈,畠山 一実,小林 春夫
   「オペアンプAC特性のサミングノード法による並列試験
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-41,ETT-20-41,pp.117-120

 [5] 細野 貴司,平野 繭,井田 貴士,串田 弥音,柴崎 有祈子,築地 伸和,桑名 杏奈,小林 春夫,鈴木 彰,轟 祐吉,柿木 利彦,小野 信任,三浦 一広
   「温度・電源電圧に依存しない改良永田穣電流ミラー回路とDA変換器への応用
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-42,ETT-20-42,pp.121-124

 [6] 柴崎 有祈子,浅見 幸司,桑名 杏奈,小林 春夫
   「マルチトーン信号クレストファクタ制御方式の検討
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-43,ETT-20-43,pp.125-128

 [7] Isam Ebisawa Kuswan,山本 颯馬,阿部 優大,井田 貴士,柴崎 有祈子,築地 伸和,桑名 杏奈,小林 春夫,鈴木 彰,轟 祐吉,柿木 利彦,小野 信任,三浦 一広
   「温度不感MOS定電流源回路とそのスタートアップ回路
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-44,ETT-20-44,pp.129-132

 [8] 糸井 健人,小堀 康功,桑名 杏奈,小林 春夫
   「リプル注入方式ヒステリシス制御電源の解析と安定評価
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-45,ETT-20-45,pp.133-136

 [9] 杜 遠洋,白 雪妍,桑名 杏奈,小林 春夫,久保 和良
   「整数論に基づくデジタル・アナログ変換器アーキテクチャ
    2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-62,ETT-20-62,pp.179-182

 [10] 魏 江林,串田 弥音,桑名 杏奈,沙 磊,小林 春夫,中谷 隆之,畠山 一実,佐藤賢央,石田 嵩, 岡本 智之, 市川 保
   「高分解能低速ΔΣADC線形性の量産試験アルゴリズム ―5次非線形性の場合―
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-63,ETT-20-63,pp.183-186

 [11] 佐々木 優斗,山本 修平,桑名 杏奈,小林 春夫
   「貴金属比を用いた等価時間サンプリングでの高効率波形取得条件の検討
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-64,ETT-20-64,pp.187-190

 [12] 趙 宇杰,桑名 杏奈,杜 遠洋,小澤 祐喜,佐々木 優斗,小林 春夫,中谷 隆之,畠山 一実,佐藤 賢央,石田 嵩,岡本 智之,市川 保
   「ヒストグラムテスト法によるADC試験短時間化のための入力信号に関する研究
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-65,ETT-20-65,pp.191-194

 [13] JianLong Wang,Yuji Gendai,Anna Kuwana,Haruo Kobayashi,
   "Proposal of Obtaining Open Loop Frequency Characteristics of Opamp with Closed Loop Configuration"
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-67,ETT-20-67,pp.199-202

 [14] 浅見 幸司,串田 弥音,八田 朱実,チャン ミン チー,田村 善郎,桑名 杏奈,小林 春夫
   「RC ポリフェーズフィルタの解析・評価法
   2019年度 第10回 電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会,ETG-20-68,ETT-20-68,pp.203-206



<その他>

 [1] 小堀康功、小林春夫「~スマート家電における~スイッチング電源におけるノイズ対策」
   月刊EMC (2020)

 [2] 小林春夫, 桑名杏奈,
   「群馬大学電子情報部門 小林研究室15名 中国重慶市に見参 ー 百聞は一見に如かず
   北関東産官学研究会技術情報誌(HiKaLo) (2020年)

 [3] 李雄炎、桑名杏奈、小林春夫
    「現代技術のベースになる数学と和算の共通性の小さな気付き -電子回路設計と9去法,11去法-
   和算ジャーナル 第4号 (会報通巻54), pp.46-51 (2020年)


2019年
<論文>

 [1] JianLong Wang, Gopal Adhikari, Haruo Kobayashi, Nobukazu Tsukiji, Mayu Hirano, Keita Kurihara, Akihito Nagahama, Ippei Noda, Kohji Yoshii,
   "Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Using Routh-Hurwitz Stability Criterion ",
    Means and Methods for Measurement and Monitoring, Supplement Book to Advanced Micro-Device Engineering VIII, Applied Mechanics and Materials,
    vol. 888, pp.1-10 (2019) ISBN: 976-3-0357-1553-8

 [2] Y. Tamura, R. Sekiyama, S. Sasaki, K. Asami and H. Kobayashi ,
   "RC Polyphase Filter as Complex Analog Hilbert Filter",
    Means and Methods for Measurement and Monitoring, Supplement Book to Advanced Micro-Device Engineering VIII, Applied Mechanics and Materials,
    vol. 888, pp.26-36 (2019) ISBN: 976-3-0357-1553-8

 [3] S. Shibuya, T. Yanagida, K. Asami and H. Kobayashi.
   "High-Frequency Low-Distortion One-Tone and Two-Tone Signal Generation Using Arbitrary Waveform Generator"
    Means and Methods for Measurement and Monitoring, Supplement Book to Advanced Micro-Device Engineering VIII, Applied Mechanics and Materials,
    vol. 888, pp.52-58 (2019) ISBN: 976-3-0357-1553-8

 [4] Nobuakazu Tsukiji, Hitoshi Aoki , Haruo Kobayashi ,
   "A Study on Physically Based Maximum Electric Field Modeling Used for HCI Induced Degradation Characteristic of LDMOS",
   Means and Methods for Measurement and Monitoring, Supplement Book to Advanced Micro-Device Engineering VIII, Applied Mechanics and Materials,
    vol. 888, pp.89-96 (2019) ISBN: 976-3-0357-1553-8     

 [5] Hirotaka Arai, Takuya Arafune, Shohei Shibuya, Yutaro Kobayashi, Koji Asami, Haruo Kobayashi,
   "Redundant SAR ADC Algorithm for Minute Current Measurement",
    Journal of Technology and Social Science, Vol.3, No.1, pp.7-13, 2019.

 [6] Yifei Sun, Yi Xiong, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi,
   "Pulse Coding Controlled Switching Converter With Automatic Notch Frequency Tracking for Radio Receiver",
    Journal of Technology and Social Science, Vol.3, No.1, pp.28-36, 2019.

 [7] K. Niitsu, O. Kobayashi, T. J. Yamaguchi and H. Kobayashi,
   "Design and Theoretical Analysis of a Clock Jitter Reduction Circuit Using Gated Phase Blending Between Self-Delayed Clock Edges",
   IEICE Electronics Express
   https://doi.org/10.1587/elex.16.20190218

 [8] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi
   "Fast Response, Small Ripple, Low Noise Switching Converter with Digital Charge Time Control and EMI Harmonic Filter"
   Journal of Mechanical and Electrical Intelligent System (JMEIS, J. Mech. Elect. Intel. Syst.). vol. 2, no. 1, pp.14-23 (Dec. 2019).


<著書>

 [1] 浅田邦博/一般社団法人パワーデバイス・イネーブリング協会 (監修)畠山一実、志水勲、小林春夫 他(分担執筆) 「はかるxわかる 半導体 応用編」日経BPコンサルテング (2019年4月)


<国際学会>

 [1] Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto,Tamotsu Ichikawa (Rohm Semiconductor),
   Jiang-Lin Wei, Nene Kushita, Hirotaka Arai, Anna Kuwana, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi (Gunma University)
   "An FFT-based INL Prediction Methodology for Low Sampling Rate and High Resolution Analog-to-Digital Converter",
    IP Session 9C: Innovative Test Practices in Japan, IEEE VLSI Test Symposium, Monterey, CA (April, 2019).

 [2] Akira Suzuki, Yukichi Todoroki, Tomoyuki Kato, Masanori Kusano,
   Nobuto Ono, Kazuhiro Miura, Kazuyuki Kawauchi (Jedat,Inc., Tokyo, Japan),
   Takashi Ida, Yudai Abe, Yukiko Shibasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ., Japan)
   "Practical Cell Based Analog Design MethodologyⅡ (AnaCell)", Designer/IP Track at 56th Design Automation Conference, Las Vegas, NV (June 2019).

 [3] Yukiko Shibasaki, Koji Asami, Anna Kuwana, Kosuke Machida, Yuanyang Du, Akemi Hatta, Kazuyoshi Kubo and Haruo Kobayashi,
   "Crest Factor Controlled Multi-Tone Signals for Analog/Mixed-Signal IC Testing",
   3rd International Test Conference in Asia, Tokyo (Sept. 2019).
   https://ieeexplore.ieee.org/document/8872030

 [4] Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Riho Aoki, Shogo Katayama, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang,
   Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa, Anna Kuwana, Kazumi Hatayama and Haruo Kobayashi,
   "Accurate and Fast Testing Technique of Operational Amplifier DC Offset Voltage in μV-order by DC-AC Conversion",
   3rd International Test Conference in Asia, Tokyo (Sept. 2019).
   https://ieeexplore.ieee.org/document/8871995

   Invited paper from ITC Asia として
   3rd International Test Conference in India, Bangalore, India (July 2019)でも招待講演
   3rd International Test Conference in India での発表報告

 [5] Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa (Rohm Semiconductor)
   Jiang-Lin Wei, Nene Kushita, Hirotaka Arai, Lei Sha, Anna Kuwana, Takayuki Nakatani
   Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi (Gunma University)
   "An Effective INL Test Methodology For Low Sampling Rate and High Resolution Analog-to-Digital Converter",
   Poster Session, IEEE International Test Conference, Washington, D. C. (Nov. 2019).

   
3rd International Conference on Technology and Social Science (ICTSS2019) ,
  
Kiryu, Japan (8-10 May, 2019)

 [1] (Keynote Lecture) Haruo Kobayashi,  Minh Tri Tran, Koji Asami, Anna Kuwana, Hao San
   "Complex Signal Processing in Analog / Mixed-Signal Circuits"

 [2] (Keynote Lecture) Anna Kuwana, Tetuya Kawamura (Ochanomizu Univ.)
   " Development of a Simulation Method Specialized for Flow in a Long and Narrow Region "

 [3] Xueyan Bai, Dan Yao, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Numerical Simulation for Optimization of Unsteady Rotating Wind Turbine"

 [4] Minh Tri Tran, Nene Kushita, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Mathematical Analysis and Design of 4-Stage Passive RC Network in RF Front-End System"

 [5] Riho Aoki, Shogo Katayama, Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang, Anna Kuwana, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "Simulation Evaluation of Null Method for Operational Amplifier Testing"

 [6] Shogo Katayama, Riho Aoki, Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang, Anna Kuwana, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "Experimental Evaluation of Null Method and DC-AC Conversion for Operational Amplifier Testing"

 [7] Manato Hirai, Anna Kuwana, and Haruo Kobayashi
   "Analog Signal Generator for Irrational Number Approximation Based on Number Theory"

 [8] Yujie Zhao, Yuanyang Du, Yuki Ozawa, Yuto Sasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "Examination of ADC Histogram Test Time Reduction Method"

 [9] Jianglin Wei, Nene Kushita, Takahiro Arai, Lei Sha, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "High-Resolution Low-Sampling-Rate ΔΣ ADC Linearity Testing Algorithm"

 [10] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Fast Response, Small Ripple, Low Noise Switching Converter with Digital Charge Time Control and EMI Harmonic Filter"

 [11] Yudai Abe, Takashi Ida, Jun-ichi Matsuda, Yukiko Shibasak, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi, Akio Iwabuchi
   "IGBT Driver Design Using Multiple Peak Current Mirror Circuit"

 [12] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Mathematical Analysis and Design of Parallel RLC Network in Step-down Switching Power Conversion System"



   
5th Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS 2019 at Nikko) ,
  
Nikko, Tochigi, Japan, August 19-21, 2019
  
Poster Presentation

 [1] Shiyu Wang, Md. Zakir Hossain, Takaaki Suzuki, Kazuo Shinozuka, Natsuhiko Shimizu, Shunya Kitada, Ryo Ichige, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Graphene Biosensor for Protein Adsorption".

 [2] Jing Li, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Automatic Adjustment of Current Imbalance due to Component Variations in Multi-Phase Ripple Controlled DC-DC Converter"

 [3] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Voltage Overshoot Reduction with Parallel RLC Network for Inductor Type Buck Converter in Mobile Applications"

 [4] Shogo Katayama, Jing Li, Yifei Sun, Tran Minh Tri, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
  "Automatic Current Balancing Circuit for Multi-Phase Constant On-Time Hysteresis Control Converter".

 [5] Yifei Sun, Minhtri Tran, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ,)
   "Adjustable Conversion Voltage Ratio Notch Frequency Generation for Noise Spectrum in Pulse Coding Control Switching Converter"

 [6] Chenhao Zhang, Yi-Fei Sun, Tran Minh Tri, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Current Balancing Circuit for Multiphase Half/Full Wave Resonant Converter"

 [7] Takashi Hosono, Nene Kushita, Yukiko Shibasaki, Takashi Ida, Mayu Hirano, Nobukazu Tsukiji Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.),
   Yoichi Moroshima, Hiromichi Harakawa, Takeshi Oikawa (ASO)
   "Improved Nagata Current Mirror Insensitive to Temperature as well as Supply Voltage"

 [8] Yudai Abe, Takashi Ida, Jun-ichi Matsuda, Yukiko Shibasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.),
   Akio Iwabuchi (Sanken Electric Co. Ltd.)
   "IGBT Gate Driver Circuit with Power Loss Reduction by Current Source Control"

 [9] Noriyuki Oiwa, Shogo Katayama, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "High-Efficiency Full-Bridgeless PFC Power Supply Circuit"

 [10] Gaku Ogihara, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Parallel Low-Gain Amplifiers Equivalent to High-Gain Amplifier"
   Best Student Paper Award

 [11] Jianlong Wang, Yuji Gendai, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "An Idea to Obtain the Open Loop Characteristics of Opamp by Closed Loop Result"

 [12] Shogo Katayama, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Output Voltage Ripple Reduction for Current Mode Resonant Converter"
   Best Student Paper Award

 [13] Lei Sha, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Reference Voltage Generation Circuit Insensitive to Temperature"

 [14] Souma Yamamoto, Isam Ebisawa kuswan, Yudai Abe, Takashi Ida, Yukiko Shibasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.),
   Akira Suzuki, Yukichi Todoroki, Toshihiko Kakigi, Nobuto Ono, Kazuhiro Miura (JEDAT)
   "Stability Analysis of Temperature-Insensitive MOS Reference Current Source Circuit"

 [15] Yudai Abe, Shogo Katayama, Congbing Li, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "High-Frequency Waveform Acquisition Using RC Polyphase Filter and Multiple Sampling Clocks"

 [16] Zhang Pengfei, Kosuke Machida, Yuto Sasaki, Yuki Ozawa, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ)
   "High Resolution Time-to-Digital Converter Using Integral Architecture and Vernier Oscillators"

 [17] Jiang-Lin Wei, Nene Kushita, Takahiro Arai, Lei Sha, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama (Gunma Univ.),
   Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa (ROHM Semiconductor Co., Ltd.)
   "Algorithm for ΔΣADC Linearity Test in Short Time"

 [18] Riho Aoki, Shogo Katayama, Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang, Anna Kuwana, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.),
   Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa (ROHM Semiconductor Co., Ltd.)
   "Accurate and Fast Testing of Operational Amplifier with NULL Method"

 [19] Yujie Zhao, Anna Kuwana, Yuanyang Du, Yuki Ozawa, Yuto Sasaki, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama (Gunma Univ.),
   Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa (ROHM Co., Ltd.)
   "Examination of Input Signal to Reduce ADC Histogram Test Time"

 [20] Yukiko Shibasaki, Koji Asami, Anna Kuwana, Kosuke Machida, Yuanyang Du, Akemi Hatta (Gunma Univ.),
   Kazuyoshi Kubo (NIT(KOSEN), Oyama College), Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Study on Multi-tone Signals for RF/Analog/Mixed-Signal IC Testing"

 [21] Qigong Teng, Xueyan Bai, Dan Yao, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Examination of Optimum Shape of 3-stage Savonius wind Turbine using CFD Technology"

 [22] Shuhei Yamamoto, Manato Hirai, Takahiro Arai, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.), Kazuyoshi Kubo (NIT(KOSEN), Oyama College)
   "Proposal of Ternary Resistor Network DACs"

 [23] Manato Hirai, Shuhei Yamamoto, Hirotaka Arai, Anna Kuwana (Gunma Univ.), Hiroshi Tanimoto (Kitami Inst. of Tech.), Yuji Gendai, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "General Configuration of Non-Binary DAC Using Resistor Ladder Network"

 [24] Akemi Hatta, Nene Kushita, Minh Tri Tran, Koji Asami, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Relationship between Active Complex Bandpass Filter and Hilbert Filter"

 [25] Koji Asami (Advantest Laboratories Ltd.), Nene Kushita, Akemi Hatta, Minh Tri Tran, Yoshiro Tamura, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "I, Q Mismatch Analysis and Evaluation Method of Complex Analog Filter"

 [26] Minh Tri Tran, Nene Kushita, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Minimum Gain Ripple Technique for Pass-Band of 4-Stage Passive RC Polyphase Filter in Low IF Receivers"

 [27] Shiyu Wang, Md. Zakir Hossain, Takaaki Suzuki, Kazuo Shinozuka, Natsuhiko Shimizu, Shunya Kitada, Ryo Ichige, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Novel Insulator Layer Manufacture Method for Graphene Biosensor"

 [28] Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Riho Aoki, Shogo Katayama, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang (Gunma Univ.),
   Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa (ROHM Semiconductor), Anna Kuwana, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Very Low Level DC Voltage Measurement Technique by DC-AC Conversion"
   Best Student Paper Award



   
2019 13th IEEE International Conference on ASIC (ASICON 2019),
  
Chongqing, China (Oct. 29 – Nov. 1, 2019)
  
 [1] (invited paper) Haruo Kobayashi, Nene Kushita, Minh Tri Tran, Koji Asami, Hao San, Anna Kuwana
   "Analog / Mixed-Signal / RF Circuits for Complex Signal Processing", IEEE Xplore

 [2] Koji Asami, Nene Kushita, Akemi Hatta, Minh Tri Tran, Yoshiro Tamura, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Analysis and Evaluation Method of RC Polyphase Filter", IEEE Xplore

 [3] Minh Tri Tran, Nene Kushita, Anna Kuwana, and Haruo Kobayashi
   "Flat Pass-Band Method with Two RC Band-Stop Filters for 4-Stage Passive RC Polyphase Filter in Low-IF Receiver Systems", IEEE Xplore

 [4] Yudai Abe, Shogo Katayama, Congbing Li, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Frequency Estimation Sampling Circuit Using Analog Hilbert Filter and Residue Number System", IEEE Xplore
   (中国人の剰余定理Excellent Student Paper Award

 [5] Jiang-Lin Wei, Nene Kushita, Takahiro Arai, Lei Sha, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi, Takayuki Nakatani, Kazumi Hatayama, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "High-Resolution Low-Sampling-Rate ΔΣADC Linearity Short-Time Testing Algorithm", IEEE Xplore

 [6] (invited paper) Haruo Kobayashi, Kosuke Machida, Yuto Sasaki, Yusuke Osawa Pengfei Zhang, Lei Sha, Yuki Ozawa, Anna Kuwana
   "Fine Time Resolution TDC Architectures-Integral and Delta-Sigma Types", IEEE Xplore

 [7] Manato Hirai, Shuhei Yamamoto, Hirotaka Arai, Anna Kuwana1, Hiroshi Tanimoto, Yuji Gendai, Haruo Kobayashi
   "Systematic Construction of Resistor Ladder Network for N-ary DACs", IEEE Xplore, Excellent Student Paper Award

 [8] Shiyu Wang, Md. Zakir Hossain, Takaaki Suzuki, Kazuo Shinozuka, Natsuhiko Shimizu, Shunya Kitada, Ryo Ichige, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Graphene Biosensor for Saliva Protein Adsorption", IEEE Xplore

 [9] Shogo Katayama, Jing Li, Yifei Sun, Tran Minh Tri, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Automatic Correction of Current Imbalance for Multi-Phase COT Ripple-Based Control DC-DC Converter", IEEE Xplore

 [10] Yifei Sun, Minh Tri Tran, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "EMI Noise Reduction and Output Ripple Cancellation for Full-Wave Type Soft-Switching Converter", IEEE Xplore

 [11] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Minimum Output Ripple and Fixed Operating Frequency Based on Modulation Injection for COT Ripple Control Converter", IEEE Xplore

 [12] Chen-Hao Zhang, Yi-Fei Sun, Tran Minh Tri, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Multi-Phase Full/Half Wave Type Resonant Converters with Automatic Current Balance against Element Variation", IEEE Xplore

 [13] Minh Tri Tran, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Overshoot Cancelation Based on Balanced Charge-Discharge Time Condition for Buck Converter in Mobile Applications", IEEE Xplore

 [14] Yifei Sun, Minh Tri Tran, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Pulse Coding Control Switching Converter with Adjustable Conversion Voltage Ratio Notch Frequency Generation in Noise Spectrum", IEEE Xplore

 [15] Anna Kuwana, Jun-ichi Matsuda and Haruo Kobayashi
   "Optimization of High Reliability and Wide SOA 100 V LDMOS Transistor with Low Specific On-Resistance", IEEE Xplore

 [16] Riho Aoki, Shogo Katayama, Yuto Sasaki, Kosuke Machida, Takayuki Nakatani, Jianlong Wang, Anna Kuwana, Kazumi Hatayama, Haruo Kobayashi, Keno Sato, Takashi Ishida, Toshiyuki Okamoto, Tamotsu Ichikawa
   "Evaluation of Null Method for Operational Amplifier Short-Time Testing", IEEE Xplore

 [17] Shogo Katayama, Noriyuki Oiwa, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
   "Output Voltage Ripple Reduction with Nosie Spread Spectrum for Dual-Phase LLC Resonant Converter", IEEE Xplore




   
International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2019 (ICMEMIS2019),
  
Kiryu, Japan (Dec 4-6, 2019)
  
 [1] (Invited Paper)
   Anna Kuwana (Gunma University), Tetuya Kawamura (Ochanomizu University)
   "Analysis of Interaction Between Multiple Rotating Devices by CFD"

 [2] Lei Sha, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Simple Reference Voltage Generation Circuit Insensitive to Temperature"

 [3] (Invited Paper)
   Jianlong Wang, Yuji Gendai, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.)
   "Obtaining Gain- and Phase-Margin from Closed Loop Measurement of OPamps"

 [4] Isam Ebisawa Kuswan, Souma Yamamoto, Yudai Abe, Takashi Ida, Yukiko Shibasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi (Gunma Univ.),
   Akira Suzuki, Yukichi Todoroki, Toshihiko Kakinoki, Nobuto Ono, Kazuhiro Miura (JEDAT)
   "Temperature-Insensitive MOS Reference Current Source Circuit and its Startup Circuit"

 [5] (Keynote)
   Haruo Kobayashiアニメーション付PPT
   "Time Domain Signal Processing Techniques and their Applications to Time-to-Digital Converter Architecture"



<国内学会発表>

 [1] 魏江林、
   「ΔΣDA変調器でのランダム信号を用いたリミットサイクル抑制技術」
   第71回システムLSI合同ゼミ 、埼玉大学、さいたま市 (2019年1月26日(土))

 [2] 佐々木優斗,
   「DC-AC変換によるオペアンプの微小オフセット電圧測定技術」
   第71回システムLSI合同ゼミ 、埼玉大学、さいたま市 (2019年1月26日(土))

 [3]熊 軼、今岡 淳、山本 真義、小堀 康功、小林 春夫
   「クロックレス電圧共振半波形降圧DC-DCコンバータのマルチフェーズ化に関する研究」
   G207-C1, 電気学会全国大会、北海道科学大学、札幌 (2019年3月)

 [4] Yifei Sun, Minh Tri Tran, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   "Conversion Voltage Ratio Free Automatic Notch Generation in Pulse Coding Control Switching Converter",
   電子情報通信学会, 電子通信エネルギー技術研究会(EE), 東京 (2019年5月)

 [5] Jing Li, Yifei Sun, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
   " Automatic Correction of Current Imbalance due to Element Variations in Multi-Phase Ripple Controlled Converter",
   電子情報通信学会, 電子通信エネルギー技術研究会(EE), 東京 (2019年5月)

 [6] 松田順一, 桑名杏奈,小島潤也,築地伸和,小林春夫,
   「低スイッチング損失、低特性オン抵抗、広SOAの高信頼性60-100V LDMOSトランジスタ
   電子情報通信学会集積回路研究専門委員会,LSIとシステムのワークショップ2019 ,
   ポスターセッション 一般部門 No. 3,
   東京大学 生産技術研究所 (2019年5月13日)

 [7] 阿部優大,井田貴士,築地伸和,柴崎有祈子,桑名杏奈,小林春夫,鈴木彰,轟祐吉,柿木利彦,小野信任,三浦一広,
   「温度変動に依存しないMOS定電流源の検討
   電子情報通信学会集積回路研究専門委員会, LSIとシステムのワークショップ2019,
   ポスターセッション 学生部門 No.9,
   東京大学 生産技術研究所 (2019年5月13日)

 [8] 浅見幸司, 串田弥音, チャンミンチー, 田村善郎, 桑名杏奈, 小林春夫
   「RC ポリフェーズフィルターの解析と評価方法」
   第81回FTC研究会, 茨城県久慈郡 (2019年7月)

 [9] 趙 宇杰
   「ヒストグラムテスト法によるADC試験短時間化のための入力信号に関する考察」
   第72回システムLSI合同ゼミ、中央大学、東京(2019年6月29日(土))

 [10] 片山 翔吾
   「マルチフェーズ降圧型スイッチング電源における負荷変動時フェーズ切換え方式」
   第72回システムLSI合同ゼミ、中央大学、東京(2019年6月29日(土))

 [11] MINH TRI TRAN(チャンミンチー)
   "Damped Oscillation Noise Test for Feedback Circuit Based on Comparison Measurement Technique"
   第73回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学、東京 大岡山(2019年10月26日(土))

 [12] 大岩紀行, 片山翔吾, 小堀康功, 桑名杏奈, 小林春夫
   「高効率フルブリッジレスPFC回路とLLC回路におけるEMI低減法
   電気学会 電子回路研究会, ECT-019-076, 明治大学 駿河台キャンパス(2019年12月6日)

 [13] 山本颯馬, Isam Ebisawa Kuswan, 阿部優大, 柴崎有祈子,井田貴士,築地伸和,桑名杏奈,小林春夫,鈴木彰,轟祐吉,柿木利彦,小野信任,三浦一広
   「温度に依存しないMOS定電流源の安定性解析とスタートアップ回路
   電気学会 電子回路研究会, ECT-019-114, 日本大学 理工学部 駿河台校舎タワー・スコラ (2019年12月19日)

 [14] 細野 貴司, 平野繭, 井田貴士, 串田弥音, 柴崎有祈子, 築地伸和, 諸島洋一, 原川弘道, 及川武士, 桑名杏奈, 小林春夫
   「温度及び電源電圧に依存しない改良永田穣電流ミラー回路
   電気学会 電子回路研究会, ECT-019-115, 日本大学 理工学部 駿河台校舎タワー・スコラ (2019年12月19日)

 [15] 荻原岳, 片山翔吾, 青木里穂, 中谷隆之, 佐藤賢央, 石田嵩, 岡本智之, 市川保 , 王建龍, 桑名杏奈, 畠山一実, 小林春夫
   「オペアンプAC特性のFFT法による高速試験
   電気学会 電子回路研究会, ECT-019-116, 日本大学 理工学部 駿河台校舎タワー・スコラ (2019年12月19日)


 平成30年度 第9回 電気学会東京支部栃木・群馬支所 合同研究発表会

  小山高専 2019年3月4日(月), 5日(火)
   https://ieej.el.gunma-u.ac.jp/main/program

 [1] ETG-19-14, ETT-19-14: Yifei Sun, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   “Implementation Evaluation on Pulse Coding Controlled Switching Converter with Notch Frequency Generation in Noise Spectrum

 [2] ETG-19-21, ETT-19-21: 小澤祐喜, 姜日晨, 小林春夫,
   「逐次比較型TDCの単発信号測定技術の検討

 [3] ETG-19-22, ETT-19-22: 青木里穂, 片山翔吾, 佐々木優斗, 町田恒介, 中谷隆之, 王建龍, 桑名杏奈, 畠山一実, 小林春夫, 佐藤賢央, 石田嵩, 岡本智之, 市川保
   「オペアンプ試験技術 Null 法のシミュレーション評価

 [4] ETG-19-23 ETT-19-23: 新井宏崇, 山本修平, 桑名杏奈, 小林春夫, 久保和良,
   「3進数を用いたAD/DA変換器の提案

 [5] ETG-19-24, ETT-19-24: 小澤祐喜, 桑名杏奈, 浅見幸司, 小林春夫
   「マルチトーン入力ADCヒストグラム法での線形性試験

 [6] ETG-19-25, ETT-19-25: 魏 江林, 串田 弥音, 新井 宏崇, 桑名 杏奈, 沙 磊, 小林 春夫, 中谷 隆之, 畠山 一実, 佐藤 賢央, 石田 嵩, 岡本 智之, 市川 保
   「FFT法を用いたΔΣADC線形性試験アルゴリズム」

 [7] ETG-19-26, ETT-19-26: 趙 宇杰, 杜 遠洋, 小澤 祐喜, 佐々木 優斗, 桑名 杏奈, 小林 春夫, 中谷 隆之, 畠山 一実, 佐藤 賢央, 石田 嵩, 岡本 智之, 市川 保,
   「ADCヒストグラムテスト時間短縮法の検討趙哲学

 [8] ETG-19-38, ETT-19-38: Bai Xueyan, Yao Dan, 桑名 杏奈, 小林 春夫
   「非定常回転風車の最適化のための数値シミュレーション桑名・白哲学

 [9] ETG-19-41, ETT-19-41:片山 翔吾, 青木 里穂, 佐々木 優斗, 町田 恒介, 中谷 隆之, 王 建龍, 桑名 杏奈, 畠山 一実, 小林 春夫, 佐藤 賢央, 石田 嵩, 岡本 智之, 市川 保
   「オペアンプ試験技術 Null法の実験評価

 [10] ETG-19-42, ETT-19-42: 阿部優大, 井田貴士, 松田順一, 桑名杏奈, 小林春夫, 岩渕昭夫,
   「複数ピーク電流ミラーを用いたIGBTドライバ回路の検討

 [11] ETG-19-56, ETT-19-56:アーマッド ブストニ, 大岩 紀行, 櫻井 翔太郎, 孫 逸菲, 小堀 康功, 小林 春夫
   「高効率力率改善電源のブリッジレス化

 [12] ETG-19-58, ETT-19-58:平井 愛統, 桑名 杏奈, 小林 春夫
   「整数論に基づく無理数近似値アナログ信号生成回路平井哲学


<その他>

 [1] 平井愛統、桑名杏奈、小林春夫
    「連分数展開を用いる近似無理数の抵抗回路 -零約術の電気回路への応用-
   和算ジャーナル 第3号 (会報通巻53), pp.62-65 (2019年5月)

 [2] 小堀康功、小林春夫「DC/DCコンバータのノイズ対策
   電気計算、電気書院(2019年9月)

 [3] 小林春夫不易流行:アナログ集積回路での「基準信号」の重要性
   JEDAT Solution Seminar, 東京(2019年9月11日), 京都 (9月13日)

 [4] Noriyuki Oiwa, Manato Hirai, Shogo Katayama, Nene Kushita,
   "Soldering Tournament",
   TJCAS2019 WiCAS/YP Event, Nikko, Japan (Aug. 19, 2019)
   WiCAS/YP 2nd Winner

 [5] Shogo Katayama, Noriyuki Oiwa, Manato Hirai, Nene Kushita, Yudai Abe, Riho Aoki,
   "Local Fruit Picking",
   TJCAS2019 WiCAS/YP Event, Nikko, Japan (Aug. 19, 2019)

 [6] 小林春夫
   「ミニマルファブへの期待 ー アナログ集積回路設計・教育の立場から
   ミニマルファブ研究総会、産総研(筑波)(2019年10月4日)

 [7] セミコンジャパン2019にポスター展示(2019年12月11日(水)-13日(金))
   掲示ポスター:積分型バーニア発振器を用いた高分解能時間デジタルコンバータ
          温度に依存しないMOS定電流源の安定性解析とスタートアップ回路
          オペアンプ試験技術Null法のシミュレーション・実測評価
          マルチフェーズCOT リプル制御電源における自動電流バランス補正
          並列配置された低ゲイン増幅器による閉ループ利得の補償

2018年
<論文>

 [1] Peter SARSON, Tomonori YANAGIDA,Shohei SHIBUYA, Kosuke MACHIDA, Haruo KOBAYASHI,
   ”A Distortion Shaping Technique to Equalize Intermodulation Distortion Performance of Interpolating Arbitrary Waveform Generators in Automated Test Equipment”,
    Journal of Electronic Testing, Springer vol. 34, issue 3, pp.215-232, (June 2018)(First Online: Jan. 4, 2018)DOI: 10.1007/s10836-017-5700(accepted)

 [2] Jun-ya Kojima , Nene Kushita , Masahiro Murakami, Haruo Kobayashi,
   "Linearity Enhancement Algorithms of Multi-bit ΔΣ DA Converter-DWA, Self-Calibration and Their Combination",
   Journal of Technology and Social Science, Vol.2, No.2, pp.15-28, (March 2018).

 [3] Muhammad Anwar Bin Mohd Yusof , Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
    "A Study on Loop Gain Measurement Method Using Output Impedances in Operational Amplifier",
    Journal of Technology and Social Science, Vol.2, No.3, pp.19-28 (Nov. 2018)
 
 [4] Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
    "A Study on Loop Gain Measurement Method Using Output Impedance in DC-DC Buck Converter ",
   IEICE Trans. Communications, Vol.E101-B,No.9,pp.1940-1948 (Sep. 2018).

 [5]Jianlong Wang, Gopal Adhikari, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi
   ”Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Based on Routh-Hurwitz Stability Criterion”,
    電気学会論文誌(和文誌C), vol. 138, no. 12,pp.1517-1528 (2018年12月)

<国際学会>

 [1] Tomonori Yanagida, Shohei Shibuya, Kosuke Machida, Koji Asami and Haruo Kobayashi,
    "Low-Distortion One-Tone and Two-Tone Signal Generation Using AWG over Full Nyquist Region ",
    IEEE International Test Conference in Asia (ITC-Asia), Harbin, China (Aug. 15-17, 2018) (IEEE Xplore)

 [2] Yuto Sasaki, Yujie Zhao, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
    "Highly Efficient Waveform Acquisition Condition in Equivalent-Time Sampling System",
    27th IEEE Asian Test Symposium, Hefei, Anhui, China (Oct. 2018) (Certificate) (IEEE Xplore)

 [3] Kosuke Machida, Yuki Ozawa, Yudai Abe, Haruo Kobayashi,
   "Time-to-Digital Converter Architectures Using Two Oscillators With Different Frequencies",
    27th IEEE Asian Test Symposium, Hefei, Anhui, China (Oct. 2018) (Certificate) (IEEE Xplore)

 [4] (Keynote) Haruo Kobayashi,
   "Performance Improvement of Mixed-Signal IC Using Signal Processing Techniques",
    2nd International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System (ICMEMIS), Kiryu, Japan, (November 4-6 2018)

 [5] Koji Asami, Yoshiro Tamura and Haruo Kobayashi,
   "Analysis and Evaluation Method of Complex Analog Filter ",
    Innovative Practices on Test in Japan, 2018 IEEE 36th VLSI Test Symposium, San Francisco, CA (April, 2018).(IEEE Xplore)

 [6] Jun-ichi Matsuda, Anna Kuwana, Jun-ya Kojima, Nobukazu Tsukiji, and Haruo Kobayashi,
    “Wide SOA and High Reliability 60-100 V LDMOS Transistors with Low Switching Loss and Low Specific On-Resistance”,
     IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [7] Minh Tri Tran , Natsuko Miki, Yifei Sun, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi,
   “EMI Reduction and Output Ripple Improvement of Switching DC-DC Converters with Linear Swept Frequency Modulation”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [8] Yi-Fei Sun, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi
   “Full Automatic Notch Generation in Noise Spectrum of Pulse Coding Controlled Switching Converter”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [9] Noriyuki Oiwa, Shotaro Sakurai, Yifei Sun, Minh Tri Tran, Jing Li, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   “EMI Noise Reduction for PFC Converter with Improved Efficiency and High Frequency Clock”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [10] Kosuke Machida, Tomonori Yanagida, Koji Asami, Masayuki Kawabata, Shohei Shibuya, Haruo Kobayashi
    “Low-Distortion Signal Generation Method for Analog IC Testing Using Trigonometric Function Calculation”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018) (IEEE Xplore)

 [11] Yuto Sasaki, Haruo Kobayashi,
    “Integral-type Time-to-Digital Converter”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [12] Tomonori Yanagida, Kosuke Machida, Koji Asami, Yuki Endo, Haruo Kobayashi,
    “Harmonic Suppression Technique of Magnetic Field Coupling Type Wireless Power Transmission System Using ATAC Circuit”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [13] Jiang-Lin Wei, Nene Kushita, Haruo Kobayashi,
    “Limit Cycle Suppression Technique Using Random Signal In Delta-Sigma DA Modulator”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [14] Mayu Hirano, Nene Kushita, Yoichi Moroshima, Hiromichi Harakawa, Takeshi Oikawa, Nobukazu Tsukiji, Takashi Ida, Yukiko Shibasaki, Haruo Kobayashi,
   “Silicon Verification of Improved Nagata Current Mirrors”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018) (IEEE Xplore)

 [15] Jun-ya Kojima, Nene Kushita, Masahiro Murakami, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
    “DWA Algorithm for Band-Pass ΔΣ DAC with Ternary Unit Cells”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [16] (invited) Haruo Kobayashi, Jiang-Lin Wei, Masahiro Murakami, Jun-ya Kojima , Nene Kushita, Yuanyang Du, Jianlong Wang
    “Performance Improvement of Delta-Sigma ADC/DAC/TDC Using Digital Technique”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

 [17] (invited) Haruo Kobayashi, Yuto Sasaki, Hirotaka Arai, Dan Yao, Yujie Zhao, Xueyan Bai, Anna Kuwana,
    “Unified Methodology of Analog/Mixed-Signal IC Design Based on Number Theory”,
    IEEE 14th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Qingdao, China (Nov. 2018)(IEEE Xplore)

    2nd International Conference on Technology and Social Science (ICTSS2018) , Kiryu, Japan (18-20 April, 2018)
      ( time-table       Session 03 program)

 [1] (Keynote Lecture) Haruo Kobayashi,  
   "Analog / Mixed-Signal IC Design and Testing Based on Mathematics",

 [2] (Invited) Yasunori Kobori, Natsuko Miki,Yifei Sun, Nobukazu Tsukiji and Haruo Kobayashi
   ”Output Voltage Ripple Correction with Spread Spectrum Using Frequency Modulation for Switching Converters

 [3] (Invited) Jun-ichi Matsuda, Jun-ya Kojima , Nobukazu Tsukiji, Masataka Kamiyama, and Haruo Kobayashi
    ”Low Switching Loss and Scalable 20-40 V LDMOS Transistors with Low Specific On-Resistance

 [4] Noriyuki Oiwa , Shotaro Sakurai, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi”
   ”A Study on EMI Noise Reduction in Boost-Type PFC Circuit

 [5] Yifei Sun, Yi Xiong, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi
   ” Pulse Coding Controlled Switching Converter with Generating Automatic Frequency Tracking Notch Characteristics for Radio Receiver

 [6] Nene Kushita , Jun-ya Kojima, Masahiro Murakami and Haruo Kobayashi
   ” Linearity Improvement Algorithms of Multi-bit ΔΣ DA Converter -Combination of Unit Cell Re-ordering and DWA

 [7] Yukiko Shibasaki, Koji Asami, Anna Kuwana , Du Yuanyang , Akemi Hatta, Kazuyoshi Kubo and Haruo Kobayashi
   ” Study on Multi-Tone Signals for Design and Testing of Linear Circuits and Systems”

 [8] Yi Xiong , Koyo Asaishi , Natsuko Miki , Yifei Sun, Nobukazu Tsukiji , Yasunori Kobori , Haruo Kobayashi
   ”Multi-Phase Clock-less Switching Converter with EMI Noise Reduction

 International Conference on Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2018 (ICMEMIS2018)  
   Nov. 4, 5 2018 (Kiryu, Japan)
 
 http://www.e-jikei.org/Conf/ICMEMIS2018/index.htm

 [1] Ahmad Bustoni, Noriyuki Oiwa, Shotaro Sakurai, Yifei Sun,Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi,
    "Bridge-less Power Factor Correction Converter with Adaptive Switching Pulse Enabling Control". (Award)

 [2] JianLong Wang, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi
    "Design of Operational Amplifier Phase Margin Using Routh-Hurwitz Method". (Award)

 [3] Hiroyuki Hagiwara, Yuanyang Du, Masahiro Murakami, Hao San, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
    "A Second-order DWA Algorithm for Multi-bit ΔΣADC/DAC".(Award)

 [4] Jing Li, Yi Xiong, Yifei Sun, Tran Minh Tri ,Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi,
    "Four-phase Ripple Controlled Switching Converter with EMI Noise Reduction Circuit". (Award)

 [5] Takashi Ida, Nobukazu Tsukiji, Yukiko Shibasaki, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi,
    "MOS Reference Current Source Insensitive to Temperature Variation".(Award)

   5th International Symposium of Gunma University Medical Innovation
     and 9th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering,

     Dec. 6, 2018 Kiryu City Performing Art Center
     http://gumi-amde.events.gunma-u.ac.jp/

 [1] L13 “Numerical Simulation for a Wind Turbine Operating with Fluctuating Wind
   Anna Kuwana (Gunma University, Japan)

 [2] P029 "Biomolecular Detection Using Pyrene-Functionalized Graphene"
   Shiyu Wang, Md. Zakir Hossain, Takaaki Suzuki, Kazuo Shinozuka, Ryo Ichige, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi, Gunma University, Japan

 [3] P056 "EMI Reduction and Output Ripple Improvement of Switching DC-DC Converters with Linear Swept Frequency Modulation"
   Tran Minh Tri, Miki Natsuko, Sun Yifei, Kobori Yasunori and Kobayashi Haruo Gunma University, Japan

 [4] P057 "EMI Noise Reduction for PFC Converter with Improved Efficiency and High Frequency Clock"
    Noriyuki Oiwa, Shotaro Sakurai, Ahmad Bustoni, Shogo Katayama, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [5] P058 "Four-Phase Ripple Controlled Switching Converter with EMI Noise Reduction Circuit"
   Jing Li, Yi Xiong, Yifei Sun, Tran Minh Tri, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [6] P059 "Spread Spectrum Technology with Automatic Notch Generation Used for Switching Converter"
   Yifei Sun, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [7] P060 "Phase Changing Method of Multi-Phase Buck Type Switching Converter"
   Shogo Katayama, Jing Li, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [8] P061 "Circuit Component Estimation in Buck Converter Using Efficiency Curve"
   Shotaro Sakurai, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [9] P063 "Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Based on Control Theory"
   Jianlong Wang, Gopal Adhikari, Nobukazu Tsukiji and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [10] P072 "Limit Cycle Manage Using Random Signal in Delta Sigma DA Modulator"
   Jiang-Lin Wei, Nene Kushita and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [11] P073 "Frequency Estimation Circuit Using Residue Number System"
   Yudai Abe, Shogo Katayama, Congbing Li, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [12] P074 "ADC Histogram Test for Specific Codes"
   Yujie Zhao, Yuto Sasaki, Yuki Ozawa, Riho Aoki, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [13] P075 "Numerical Simulation for Characteristic Analysis of Vertical Axis Wind Turbine"
   Dan Yao, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [14] P076 "Integration-Type Time-to-Digital Converter Using Vernier Oscillators"
   Zhang Pengfei, Kosuke Machida, Yuto Sasaki, Yuki Ozawa, Kuwana Anna and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [15] P077 "Charge Distribution SAR ADC Architecture with Split Capacitor and Its Testing"
   Riho Aoki, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [16] P078 "Numerical Simulation for Optimization of Unsteady Rotating Wind Turbine"
   Xueyan Bai, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [17] P081 "SNDR Improvement Algorithms in Binary and Ternary ΔΣDAC"
   Kojima Jun-ya, Kushita Nene, Murakami Masahiro, Kuwana Anna and Kobayashi Haruo Gunma University, Japan

 [18] P082 "Second-order DWA Algorithm and Circuit Design for Multi-bit ΔΣADC/DAC"
   Yuanyang Du, Hiroyuki Hagiwara, Masahiro Murakami, Hao San, Anna Kuwana and Haruo Kobayashi Gunma University, Tokyo City University, Japan

 [19] P083 "Experimental Verification of Improved Nagata Current Mirrors"
   Yukiko Shibasaki, Mayu Hirano, Nene Kushita, Yoichi Moroshima, Hiromichi Harakawa, Takashi Oikawa, Nobukazu Tsukiji, Takashi Ida and Haruo Kobayashi Gunma University, ASO Corp. Tokyo, Japan

 [20] P085 "Study on Multi-tone Signals for Analog/Mixed-Signal IC Testing"
   Yukiko Shibasaki, Koji Asami, Anna Kuwana, Kosuke Machida, Yuanyang Du, Akemi Hatta, Kazuyoshi Kubo and Haruo Kobayashi Gunma University, Oyama National College of Technology, Japan


<国内学会発表>

 [1] 柳田朋則
    「矩形波を使った低歪み信号生成アルゴリズム」
    第68回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 東京(2018年1月20日)

 [2] 小島潤也
    「DWAアルゴリズムと自己校正法を用いたマルチビットΔΣDA変換器の線形性向上の検討」
   第68回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 東京(2018年1月20日)

 [3] 熊軼, 浅石恒洋, 三木夏子, 孫逸菲, 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫
    「COT方式リプル制御電源における4相化シミュレーション検討
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会(CAS), 機械振興会館, 東京(2018年1月25日)

 [4] Yifei Sun, Yi Xiong, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
    "Automatic Notch Generation in Noise Spectrum of Switching Converter with Pulse Coding Method",
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会(CAS), 機械振興会館 東京(2018年1月25日)

 [5] 熊軼, 浅石恒洋, 三木夏子, 孫逸菲, 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫
   「クロックレス電源のマルチフェーズ化とEMIノイズ低減方式
    電気学会 電子回路研究会  ECT-018-013、日立製作所、横浜(2018年3月7日)

 [6] 櫻井翔太郎, 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫
   「電力変換効率曲線を用いた降圧型DC/DCスイッチング電源の寄生回路素子推定
   電気学会 電子回路研究会  ECT-018-028、日立製作所、横浜(2018年3月8日)

 [7] 孫逸菲, 熊軼 ,三木夏子, 小堀康功, 小林春夫
   「Automatic Notch Frequency Tracking Method with EMI Noise Reduction of Pulse Coding Controlled Switching Converter for Communication Devices
   電気学会 電子回路研究会  ECT-018-037、日立製作所、横浜(2018年3月8日)

 [8] 三木夏子, 新井貴之, 浅石恒洋, 築地伸和, 孫逸菲, 小堀康功, 高井伸和, 小林春夫
    ”EMIノイズ拡散スイッチング電源の出力リプル低減方式 ”、
    電気学会 電子回路研究会  ECT-018-037、日立製作所、横浜(2018年3月8日)

 [9] 柴崎有祈子、浅見幸司、桑名杏奈、杜遠洋、八田朱美、久保和良、小林春夫、
    「アナログ/ミクストシグナルIC試験用マルチトーン信号の検討 」
    第79回FTC研究会 、 栃木喜連川 (2018年7月19日(木)~ 21日(土) )

 [10] 佐々木優斗、小林春夫、
    「 積分型時間デジタイザ回路と黄金比サンプリングの提案 」
    第79回FTC研究会 、 栃木喜連川 (2018年7月19日(木)~ 21日(土) )

 [11] 孫 逸菲
    「Pulse Coding Controlled Switching Converter with Generating Automatic Frequency Tracking Notch Characteristics for Radio Receiver 」
   第69回システムLSI合同ゼミ、中央大学 東京 (2018年6月23日)

 [12] 井田貴士
    「温度特性に依存しないMOS基準電流回路の提案 」
    第70回システムLSI合同ゼミ、 東京工業大学(大岡山) (2018年10月27日(土) )

 [13] 柴崎有祈子
    「アナログ集積回路の設計試験用マルチトーン信号生成アルゴリズム 」
     第70回システムLSI合同ゼミ、 東京工業大学(大岡山) (2018年10月27日(土) )

 [14] 町田 恒介 、佐々木 優斗 、中谷 隆之 、佐藤 賢央、石田 嵩 、岡本 智之、市川 保、 王 建龍 、桑名 杏奈 、畠山 一実 、小林 春夫、
    「DC-AC 変換による低レベル DC 電圧測定技術」 電気学会 電子回路研究会、東京、(2018年12月)

 [15] 柴崎有祈子、浅見幸司、桑名杏奈、町田恒介、杜遠洋、八田朱美、久保和良、小林春夫、
    「アナログ回路の短時間・高品質試験用マルチトーン信号の検討」 電気学会 電子回路研究会、東京、(2018年12月)

 
第8回 電気学会東京支部栃木・群馬支所 合同研究発表会
 於 群馬大学 2018年3月1日(木),3月2日(金)
  http://ieej-gunma.ei.st.gunma-u.ac.jp/~ieej-g/


 [1] ETG-18-68, ETT18-68 大岩 紀行, 櫻井 翔太朗, 築地 伸和, 小堀 康功, 小林 春夫
   「昇圧型PFC電源におけるEMIノイズ低減の研究

 [2] ETG-18-61, ETT18-61 小島潤也、串田弥音、村上正紘、小林春夫
   「デジタル信号処理を用いたΔΣDA変換器の線形性向上の検討

 [3] ETG-18-62, ETT18-62 小島潤也、松田順一、築地伸和、神山雅貴、小林春夫
   「低スイッチング損失かつ低特性オン抵抗のスケーラブル20-40V LDMOSトランジスタ

 [4] ETG-18-63, ETT18-63 串田弥音、小島潤也、村上正紘、小林春夫
   「単位セル並び替えと巡回選択方法を用いたΔΣDA変換器の高線形化

 [5] ETG-18-95, ETT18-95 佐々木優斗、小林春夫
   「積分型時間デジタイザ回路とサンプリングクロックの検討

 [6] ETG-18-72, ETT18-72 井田貴士、築地伸和 、小林春夫 
   「温度変動に依存しないMOS定電流源の検討

 [7] ETG-18-64, ETT18-64 町田恒介, 柳田朋則、浅見幸司、川端雅之、澁谷将平、小林春夫 
   「三角関数演算を用いたアナログIC試験用低歪信号生成法

 [8] ETG-18-4, ETT18-4 Muhamad Anwar Bin Mohd Yuso (アンワル)、築地伸和、小堀康功、小林春夫
   「演算増幅回路における出力インピーダンスを用いたループゲイン測定法の研究

 [9] ETG-18-50, ETT18-50 JianLong Wang, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi
   「Design of Operational Amplifier Stability and Phase Margin Using Routh-Hurwitz Method」

 [10] ETG-18-69, ETT18-69 熊 軼、 浅石 恒洋 、 三木 夏子、  孫 逸菲、 築地 伸和 、 小堀 康功、 小林 春夫
    「マルチフェーズ方式リプル制御電源の特性検討

 [11] ETG-18-7, ETT18-7 孫 逸菲、 熊 軼、 築地 伸和、 小堀 康功、 小林 春夫
    「Automatic High Frequency Notch Generation in Noise Spectrum of Switching Converters with Pulse Coding Method

 [12] ETG-18-1, ETT18-1 小堀康功、 孫逸菲、 熊軼 、 築地伸和、 高井伸和、 小林春夫
    「マルチフェーズ方式降圧形スイッチング電源における負荷対応順次フェーズ切換えによる効率改善の提案

 [13] ETG-18-65, ETT18-65 新井宏崇 荒船拓也 澁谷将平 小林佑太朗 浅見幸司 小林春夫
    「微小信号測定用SAR ADC での冗長性度合いの検討

 [14] ETG-18-66, ETT18-66 柳田朋則、澁谷将平、町田恒介、浅見幸司、小林春夫
    「任意波形発生器を用いたナイキスト領域全体の低歪み信号生成アルゴリズム

 [15] ETG-18-13, ETT18-13 田村善郎、浅見幸司、小林春夫,
    「複素アナログフィルタのヒルベルトフィルタ近似性とI,Qインバランス測定法の検討

 [16] ETG-18-47, ETT18-47 八田朱美、杜 遠洋、 柴崎有祈子 、浅見幸司、久保和良、桑名杏奈、小林春夫
    「余弦波マルチトーン信号正弦波マルチトーン信号の性質と工学設計への応用」

 [17] ETG-18-49, ETT18-49 平野繭、串田弥音、諸島洋一、原川弘道、及川武士、築地伸和、小林春夫
     「改良永田穣ピーキング電流源の設計・試作・評価」

 [18] ETG-18-51, ETT18-51 栗原 圭汰, 柴崎有祈子、小林春夫
    「リング発振回路の周波数・位相引き込み現象の研究

 [19] ETG-18-70, ETT18-70 柳田朋則、町田恒介、浅見幸司、圓道祐樹、小林春夫
    「ATAC回路を用いた磁界結合型ワイヤレス送電システムの磁界高調波抑制技術

 [20] ETG-18-53, ETT18-53 高橋莉乃、青木均、築地伸和、小林春夫
    「ドレイン抵抗劣化の新モデルを用いたLDMOS信頼性シミュレーションの提案

 [21] ETG-18-74, ETT18-74 マニメル ワドゥ サハン ドゥラーラ,孫 逸菲,築地 伸和,小堀 康功,小林 春夫
    「パルス周期コーディング方式電源のスペクトラム拡散におけるノッチ特性の検討


<その他>

 [1] 第22回アナログVLSIシンポジウム (電気学会 電子回路研究専門委員会 主催)
   2018年4月23日(月)於 東京工業大学 ディジタル多目的ホール
   パネル討論会 テーマ「自動車向け半導体ビジネスと将来展望」~自動運転の先に見える将来像~
   司会:兵庫 明(東京理科大学)
   パネリスト
  ・井上 秀雄(神奈川工科大学) 「超成熟社会に向けたクルマの知能化」
  ・小林 春夫(群馬大学 ) 「車載用IC: 回路研究者へのアンチテーゼ
  ・松岡 俊彦(株式会社デンソー ) 「カーエレクトロニクスを進化させる半導体技術」
  ・松本 哲也(ルネサスエレクトロニクス株式会社 ) 「車載半導体の技術動向とアナログ技術」

 [2] 東野将史、小林春夫
    「魔方陣レイアウトによるDA変換器の直線性の改善
   和算ジャーナル 第2号 (会報通巻52), pp.56-61 (2018年3月)

 [3] 阿部優大、片山翔吾 、李 从兵、小林春夫
   「孫子算経 (剰余系)の電子回路設計への応用」
   第14回全国和算研究大会、栃木県佐野市(2018年8月26日)算額術文

 [4] 片山 翔吾, 三木 夏子, 新井 貴之, 孫 逸菲, 小堀 康功, 小林 春夫
    「EMIノイズ拡散スイッチング電源の出力リップル低減方式」
   The 15th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers,
   学生・若手研究者のための異分野学術交流ワークショップ) 慶応義塾大学 矢上キャンパス (2018年11月3日)

 [5] 阿部優大、片山翔吾 、李 从兵、桑名杏奈、小林春夫
    「 剰余系を用いた周波数推定回路 」
   The 15th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers,
   学生・若手研究者のための異分野学術交流ワークショップ) 慶応義塾大学 矢上キャンパス (2018年11月3日)

 [6] セミコンジャパン2018 にポスター展示 (2018年12月12日(水)-14日(金))

  

 [7] Yudai Abe, Shogo Katayama, Congbing Li, Anna Kuwana, Haruo Kobayashi
    "Frequency Estimation Sampling Circuit Using Hilbert Filter and Residue Number System",
   IEEE Seoul Section Student Paper Contest 2018, Hongik University, Seoul, Korea (Nov. 24 2018)

 [8] 松田順一、「高信頼性 Nch-LDMOS の提案」  
   アドバンスソフト社 半導体デバイス3次元TCADシステム Advance/TCAD 最新動向セミナー, 東京 (2018年12月25日) 招待講演




2017年
<論文>

 [1] Congbing Li, Junshan Wang, Haruo Kobayashi, Ryoji Shiota
    "Stochastic TDC Architecture with Self-Calibration and its RTL Verification",
   電気学会論文誌(和文誌C), vol. 137 , no. 2,pp.335-341(2017年2月).

 [2] 小林 佑太朗, 荒船 拓也, 澁谷 将平, 小林 春夫,
   「擬似白銀比を用いた逐次比較近似AD変換器冗長アルゴリズム設計」
   電気学会論文誌(和文誌C), vol. 137 , no. 2, pp.222-228 (2017年2月).
   
<国際学会>

 [1] Pete SARSON, Shohei SHIBUYA,Tomonori YANAGIDA, Haruo KOBAYASHI,
   "A Technique for Dynamic Range Improvement of Intermodulation Distortion Products for an Interpolating DAC-based Arbitrary Waveform Generator Using a Phase Switching Algorithm",
   35th IEEE VLSI Test Symposium (VTS’17), Las Vegas, NV (April 2017)

 [2] Ryoji Shiota, Haruo Kobayashi,  
   "Automotive IC Testing with BOST Approach",
    IP-Session: Automotive Test Solutions,  
    35th IEEE VLSI Test Symposium (VTS’17) Las Vegas, NV (April 2017)


 [3] Masayuki Kawabata, Koji Asami, Shohei Shibuya, Tomonori Yanagida, Haruo Kobayashi,
   "Signal Generation with Specified Harmonics Suppression Using Only Single Digital Output Pin",  
    IP-Session: Innovative Practices in Asia: From Quality Perspective, 35th IEEE VLSI Test Symposium (VTS’17) Las Vegas, NV (April 2017)


 [4] Masayuki Kawabata, Koji Asami, Shohei Shibuya, Tomonori Yanagida, Haruo Kobayashi,
    "Low-Distortion Signal Generation for Analog/Mixed-Signal Circuit Testing Using Digital ATE",
    The First International Test Conference in Asia (ITC-Asia), Taipei, Taiwan (Sept. 13-16, 2017).IEEE Xplore

 [5] (Keynote Lecture) H. Kobayashi, Y. Kobayashi, T. Arafune, S. Shibuya, H. Arai
    "Analog-to-Digital Converter Algorithms for Reliability Based on Number Theory",
   International Conference on Technology and Social Science, Kiryu, Japan (May 10, 2017)

 [6] (Invited) Haruo Kobayashi, Isao Shimizu, Nobukazu Tsukiji, Miho Arai, Kazuyoshi Kubo, Hitoshi Aoki ,
   "Fundamental Design Tradeoff and Performance Limitation of Electronic Circuits Based on Uncertainty Relationships,”
   IEEE 12th International Conference on ASIC, Guiyang, China (Oct, 2017). IEEE Xplore

 [7] JianLong Wang, Gopal Adhikari, Nobukazu Tsukiji, Mayu Hirano, Haruo Kobayashi , Keita Kurihara, Akihito Nagahama , Ippei Noda, Kohji Yoshii,
   “Equivalence Between Nyquist and Routh-Hurwitz Stability Criteria for Operational Amplifier Design,”
    IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [8] Shotaro Sakurai, Seiya Takigami, Takashi Ida, Yuki Ozawa, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Ryoji Shiota,
   “STUDY OF MULTISTAGE OSCILLOSCOPE TRIGGER CIRCUIT,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017). IEEE Xplore

 [9] Yuki Ozawa, Takashi Ida, Shotaro Sakurai, Richen Jiang, Rino Takahashi, Haruo Kobayashi, Ryoji Shiota,
   ”SAR TDC ARCHITECTURE FOR ONE-SHOT TIMING MEASUREMENT,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [10] Takashi IDA, Yuki OZAWA, Jiang RICHEN, Shotaro SAKURAI, Seiya TAKIGAMI, Nobukazu TSUKIJI, Ryoji SHIOTA, Haruo KOBAYASHI,
    “ARCHITECTURE OF HIGH PERFORMANCE SUCCESSIVE APPROXIMATION TIME DIGITIZER,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [11] Hirotaka Arai, Takuya Arafune, Shohei Shibuya, Yutaro Kobayashi, Koji Asami, Haruo Kobayashi,
   “FIBONACCI SEQUENCE WEIGHTED SAR ADC AS GOLDEN SECTION SEARCH,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [12] Richen Jiang, Gopal Adhikari, Yifei Sun, Dan Yao, Rino Takahashi,Yuki Ozawa, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi, Ryoji Shiota,
   “Gray-code Input DAC Architecture for Clean Signal Generation”,
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [13] Dan Yao, Yifei Sun, Masashi Higashino, Shaiful Nizam Mohyar, Tomonori Yanagida, Takuya Arafune, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi,
   “DAC LINEARITY IMPROVEMENT WITH LAYOUT TECHNIQUE USING MAGIC AND LATIN SQUARES,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [14] Yuki Ozawa Takuya Arafune Nobukazu Tsukiji Haruo Kobayashi Ryoji Shiota,
   “STUDY OF JITTER GENERATORS FOR HIGH-SPEED I/O INTERFACE JITTER TOLERANCE TESTING,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017). IEEE Xplore

 [15] Shotaro Sakurai, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   “ESTIMATION OF CIRCUIT COMPONENT VALUES IN BUCK CONVERTER USING EFFICIENCY CURVE,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [16] Manimel Wadu, Sahan Dulara, Nobukazu Tsukiji, Kobori Yasunori, Koyo Asaishi, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   “Delay-Time Suppression Technique for DC / DC Buck Converter Using Voltage Mode PWM Control,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [17] Yi Xiong, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   “Two-Phase Soft-Switching DC-DC Converter with Voltage-mode Resonant Switch,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [18]Yi Xiong, Koyo Asaishi, Natsuko Miki, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   “Constant On-Time Controlled Four-Phase Buck Converter via Two Ways of Saw-tooth-wave Circuit and PLL Circuit,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017). IEEE Xplore

 [19] Natsuko Miki, Nobukazu Tsukiji, Koyo Asaishi, Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi
   “EMI Reduction Technique With Noise Spread Spectrum Using Swept Frequency Modulation for Hysteretic DC-DC Converters,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017). IEEE Xplore

 [20] Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Takuya Arafune, Manimel Wadu Sahan Dulara, Yifei Sun, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   “Noise Spread Spectrum with Adjustable Notch Frequency in Complex Pulse Coding Controlled DC-DC Converters,”
   IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS), Xiamen, China (Nov. 6-9, 2017).IEEE Xplore

 [21] Yuki Ozawa, Takashi Ida,Richen Jiang, Shotaro Sakurai, Seiya Takigami, Nobukazu Tsukiji, Ryoji Shiota, Haruo Kobayashi,
   “SAR TDC architecture with self-calibration employing trigger circuit,”
   The 26th IEEE Asian Test Symposium, Taipei, Taiwan (Nov. 28, 2017).IEEE Xplore

 
International Conference on
 Mechanical, Electrical and Medical Intelligent System 2017 (ICMEMIS2017)
  Nov. 29, 30 & Dec. 1, 2017 (Kiryu, Japan)

  http://www.e-jikei.org/Conf/ICMEMIS2017/index.htm )

 [1] (Keynote) Haruo Kobayashi, Isao Shimizu, Nobukazu Tsukiji, Miho Arai, Kazuyoshi Kubo, Hitoshi Aoki
   "Consideration on Fundamental Performance Limitation of Analog Electronic Circuits Based on Uncertainty Principle".

 [2] (Invited) Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi
   "Noise Spread Spectrum with Notch Characteristics using Pulse Coding Technology for DC-DC Converter".

 [3] (Invited) Nobukazu Tsukiji , Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi
   "Derivation of Loop Gain and Phase from Output Impedances in Analog Circuit with Negative Feedback".

 [4] (Invited) Jun-ichi Matsuda, Jun-ya Kojima, Nobukazu Tsukiji, Masataka Kamiyama, Haruo Kobayashi
   "A Low Switching Loss 40 V Dual RESURF LDMOS Transistor with Low Specific On-Resistance".

 [5] Jun-ya Kojima , Nene Kushita , Masahiro Murakami and Haruo Kobayashi
   "Linearity Improvement Algorithms of Multi-bit ΔΣDA Converter ?DWA, Self-Calibration and Their Combination".

 [6] Rino Takahashi, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Masashi Higashino, Shohei Shibuya, Keita Kurihara, Haruo Kobayashi
   "A Novel Approach for Velocity Saturation Calculations of 90nm N-channel MOSFET".

 [7] Kosuke Machida , Haruo Kobayashi ,Yuki Ozawa
   "Time Digitizer Circuit Using Two Sine Waves with Different Period".

 [8] Yifei Sun, Yi Xiong, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi
   "Self-adjustable Notch Frequency in Noise Spectrum of Pulse Coding DC-DC Converter for Communication Devices".

 [9] Yifei Sun, Shu Sasaki, Dan Yao, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi
   "Study on Digital Multiplier Architecture Using Square Law and Divide-Conquer Method".

 [10] Hirotaka Arai, Takuya Arafune, Shohei , Shibuya,Yutaro Kobayashi , Koji Asami , Haruo Kobayashi
   " Redundant SAR ADC Algorithm for Minute Current Measurement".

 [11] Yi Xiong , Koyo Asaishi , Natsuko Miki, Yifei Sun, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori Haruo Kobayashi
    "Constant On-Time Controlled Four-phase Buck Converter via Saw-tooth-wave Circuit and its Element Sensitivity".  

<国内学会発表>

 [1] 小澤祐喜、小林春夫、塩田良治
   「高速入出力インターフェース回路試験用デジタル制御ジッタ生成回路の検討
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、機械振興会館, 東京 (2017年1月26日)

 [2] 平野繭、築地伸和、小林春夫
   「改良永田穣電流ミラー回路の設計ガイドライン
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、機械振興会館, 東京 (2017年1月26日)

 [3] 須永祥希、浅石恒洋、築地伸和、三木夏子、櫻井翔太郎、マニメル サハン、小堀康功、高井伸和、小林春夫
   「ZVS-PWM昇圧型DC-DC電源における二相化制御方式の検討」
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、機械振興会館, 東京 (2017年1月26日)


 [4] JianLong Wang, Gopal Adhikari, Nobukazu Tsukiji, Mayu Hirano, Haruo Kobayashi,Keita Kurihara, Akihito Nagahama, Ippei Noda, Kohji Yoshii,
    「Equivalence Between Nyquist and Routh-Hurwitz Stability Criteria for Operational Amplifier Design」
   電気学会 電子回路研究会, 法政大学、東京 (2017年3月9, 10日).


 [5] 川端 雅之 , 浅見 幸司, 澁谷 将平, 柳田 朋則, 小林 春夫
    「高調波抑圧された二値信号による低ひずみ信号生成」
   電気学会 電子回路研究会, 法政大学、東京 (2017年3月9, 10日).

 [6] 東野将司、Shaiful Nizam Bin Mohyar, 小林春夫
   「DA変換器の線形性向上に向けた魔方陣アルゴリズムの検討」
    第65回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2017年1月21日)

 [7] 柳田 朋則、澁谷将平,浅見幸司,小林春夫
   「任意波形発生器を用いた低歪み単一正弦波および2トーン信号生成技術」
   第65回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2017年1月21日)

 [8] 王建龍,Gopal Adhikari,築地伸和,平野繭,小林春夫,栗原圭汰(群馬大学),長浜顕仁,野田一平,吉井宏治(リコー電子デバイス)
    「Design and Analysis of Operational Amplifier Stability Based on Control Theory
    LSIとシステムのワークショップ 2017, ポスターセッション、東京 (2017年5月15日)

 [9] 高橋莉乃(群馬大学),青木均(帝京平成大学),築地伸和,東野将史,澁谷将平,栗原圭汰,小林春夫(群馬大学)
    「90nm NMOSFETの速度飽和パラメータ新抽出方法
    LSIとシステムのワークショップ 2017, ポスターセッション、東京 (2017年5月15日)

 [10] 築地伸和,小堀康功,小林春夫(群馬大学)
    「降圧形DC/DCコンバータにおける出力インピーダンスを用いたループゲイン測定法の提案」
    LSIとシステムのワークショップ 2017, ポスターセッション、東京 (2017年5月15日)

 [11] 井田貴士,小澤祐喜,櫻井翔太郎,姜日晨,築地伸和(群馬大学,塩田良治(Socionext Inc.),小林春夫(群馬大学)
   「逐次比較近似時間デジタイザを用いたタイミング試験回路の検討
    LSIとシステムのワークショップ 2017, ポスターセッション、東京 (2017年5月16日)

 [12] 櫻井翔太郎
    「多段構成オシロスコープ・トリガ回路の検討」
    第66回「システムLSI合同ゼミ」、中央大学 (2017年6月24日)

 [13] 新井宏崇
    「フィボナッチ数列型逐次比較近似AD変換器と黄金分割探索法の関係性の考察」
    第66回「システムLSI合同ゼミ」、中央大学 (2017年6月24日)

 [14] 小堀康功、築地伸和、高井伸和、小林春夫、
     「複合パルスコーデング制御DC-DCコンバータにおける適応方ノッチ周波数を有する スペクトラム拡散方式
    平成29年度電気学会産業応用部門大会、1-73, pp.I-349~354 函館(2017年8月)

 [15] 新井 宏崇, 荒船 拓也, 澁谷 将平, 小林 佑太朗, 浅見 幸司, 小林 春夫
    「微小電流測定のための冗長逐次比較近似AD変換アルゴルズム
    電子情報通信学会 第47回 集積回路技術リテラシー研究会, 東工大(すずかけ台)(2017年10月2日)

 [16]佐々木優斗, 小澤 祐喜, 小林 春夫(時間
    「トリガ回路を用いた積分型時間デジタイザ回路
    電子情報通信学会 第47回 集積回路技術リテラシー研究会, 東工大(すずかけ台)(2017年10月2日)

 [17] 松田順一、小島潤也、築地伸和、神山雅貴、小林春夫
    「低スイッチング損失、広SOAかつ低特性オン抵抗の40 V LDMOSトランジスタ
    電気学会 電子デバイス/半導体電力合同研究会、鹿児島(2017年11月) Advance/TCAD

 [18] 熊軼、小堀康功
    「固定クロックを使用しないスイッチング電源での多相化の制御方式の検討」
    第67回「システムLSI合同ゼミ」東京工業大学 大岡山キャンパス (2017年10月21日)


  第7回 電気学会東京支部栃木・群馬支所 合同研究発表会
     於 足利工業大学 2017年3月2日(木),3月3日(金)


 [1] ETG-17-45, ETT-17-45 荒船拓也, 澁谷将平, 新井宏嵩, 小林春夫
    「フィボナッチ冗長設計逐次比較AD変換器の補正力の定量化及び加減算型フィボナッチ重み付けDA変換器の提案

 [2] ETG-17-46, ETT-17-46 小辻澄人, 荒船拓也, 澁谷将平, 新井宏嵩, 小林春夫
    「黄金比重み付け逐次比較近似AD変換器の比較器誤判定とデジタル出力値の関係

 [3] ETG-17-47, ETT-17-47 櫻井 翔太郎, 築地 伸和, 小堀 康功, 小林 春夫
   「電力変換効率曲線を用いた降圧形DC/DC電源回路の回路素子値推定に関する検討

 [4] ETG-17-48, ETT-17-48 櫻井 翔太郎, 滝上 征弥, 井田 貴士, 小澤祐喜, 小林 春夫, 塩田 良治
    「多段構成オシロスコープ・トリガ回路の検討」 ( 時間保持

 [5] ETG-17-62, ETT-17-62 佐々木秀, 孫逸菲, 姚丹, 小林春夫
    「2乗則を用いたデジタル乗算器の研究

 [6] ETG-17-63, ETT-17-63 サハン ドゥラーラ, 築地伸和, 浅石恒洋, 小堀康功, 高井伸和, 小林春夫
    「電圧モード制御方式を用いた降圧形DC/DCコンバータ回路のむだ時間抑制に関する検討

 [7] ETG-17-64, ETT-17-64 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫
    「降圧形DC-DCコンバータにおける出力インピーダンスを用いたループゲイン測定法の研究

 [8] ETG-17-65, ETT-17-65 澁谷将平, 青木均, 坂入寛之, 黒田尚孝, 築地伸和, 栗原圭汰, 近松健太郎, 東野将史, 高橋莉乃, 小林春夫, 中原健
    「埋め込みソースフィールドプレートを有するAlGaN/GaN MIS-HEMTデバイスの小信号AC特性モデルの開発

 [9] ETG-17-66, ETT-17-66 小島潤也, 松田順一, 築地伸和, 神山雅貴, 小林春夫
    「高信頼・低特性オン抵抗100VデュアルRESURF LDMOS のスイッチング損失の検討

 [10] ETG-17-67, ETT-17-67 高橋莉乃, 青木均, 築地伸和, 東野将史, 澁谷将平, 栗原圭汰, 小林春夫
    「90nmNチャネルMOSFETでの飽和速度パラメータ抽出の新アプローチ

 [11] ETG-17-82, ETT-17-82 小澤祐喜, 小林春夫, 築地伸和, 塩田良治
     「逐次比較型時間デジタイザ回路の統計的手法による線形性自己校正技術の検討

 [12] ETG-17-83, ETT-17-83 井田貴士, 小澤祐喜, 姜 日晨, 小林 春夫, 塩田 良治  
    「逐次比較時間デジタイザの高性能化の検討

 [13] ETG-17-84, ETT-17-84 新井宏崇, 荒船拓也, 澁谷将平, 小林佑太朗, 小林春夫
    「フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似AD変換器と黄金分割探索法の関係

 [14] ETG-17-85, ETT-17-85 姚丹, 孫逸菲, 東野将史, 荒船拓也, 小林春夫
    「ラテン方陣,魔方陣レイアウトアルゴリズムを用いたDA変換器線形性向上」  (レイアウトの重要性

 [15] ETG-17-86, ETT-17-86 小島潤也, 村上正紘, 小林春夫
    「マルチビットΔΣDA変換器の線形性向上アルゴリズムの検討 -DWA, 自己校正 およびその組み合わせ

 [16] ETG-17-88, ETT-17-88 三木 夏子, 髙井 伸和, 小堀 康功, 浅石 恒洋, 築地 伸和, 須永 祥希, 小林 春夫
    「リップル制御コンバータにおける擬似アナログ信号を用いたEMI低減方式の実装」

<その他>

 [1] 佐々木秀、小林春夫 
   「初等数式 (A+B)^2 を用いたデジタル乗算器の話
   和算ジャーナル創刊号 no.1, pp.60-63 (2017年3月)

 [2] 小林春夫、白尾智明、堀越淳、今村一之 、石川信宣、築地伸和、荒船拓也
    「生体・脳科学と情報通信科学技術の融合に関する研究 -階層的脳科学研究原理に基づくシナプスインフォマティクス研究支援-」
   群馬大学医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト 平成28年度成果報告会、ポスター発表, 前橋 (2017年3月30日)

 [3] 八田朱美 
   「Cos波の和、sin波の和に関する研究
   平成28年度 群馬大学理工学部 医理工グローバルフロンテアリーダー(GFL) 研究テーマプロポーザル講座発表会 (2017年3月)

 [4] 小辻澄人 
   「 黄金比重み付け逐次比較近似AD変換器の比較器誤判定とデジタル出力値の関係」
   平成28年度 群馬大学理工学部 医理工グローバルフロンテアリーダー(GFL) 研究テーマプロポーザル講座発表会 (2017年3月)

 [5] 東野将史、小林春夫、
   「魔方陣をつかった電子回路について
    群馬県和算研究会 平成29年第2回例会, 桐生(2017年5月21日)


 [6] 小島 潤也、串田弥音、村上正紘、小林春夫,
   「ΔΣ型デジタル・アナログ変換器のデジタル信号処理を用いた線形性向上アルゴリズム」
    The 14th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers, 異分野学術交流ワークショップ) 東京理科大学葛飾キャンパス (2017年11月4日)

 [7] 柳田朋則、町田恒介、澁谷将平、浅見幸司、川端雅之, 小林春夫
    「アナログ/ミクストシグナルIC試験用の低歪み信号生成技術」
   The 14th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers, 異分野学術交流ワークショップ) 東京理科大学葛飾キャンパス (2017年11月4日)

 [8] 町田恒介, 小林春夫
    「異なる周期の2つの正弦波を用いた時間デジタイザ回路の提案」
   The 14th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers, 異分野学術交流ワークショップ) 東京理科大学葛飾キャンパス (2017年11月4日)

 [9] セミコンジャパン2017ポスター展示



2016年
<論文>

 [1] Congbing Li, Haruo Kobayashi,
    “A Glitch-Free Time-to-Digital Converter Architecture Based on Gray Code”,
    電気学会論文誌(和文誌C) 「電子回路関連技術」特集, vol. 136 , no. 1( 2016年1月).

 [2] Yutaro Kobayashi, Haruo Kobayashi,
   “Redundant SAR ADC Algorithm Based on Fibonacci Sequence”,
   Advanced Micro-Device Engineering Ⅵ, Key Engineering Materials pp.117-126 (2016).

 [3] Masaki Kazumi , Hitoshi Aoki , Yukiko Arai, Shunichiro Todoroki, Takuya Totsuka, Haruo Kobayashi,
   “A High Precision IGBT Macro-Model for Switching Simulations,”
   Advanced Micro-Device Engineering Ⅵ, Key Engineering Materials  pp.109-117 (2016).

 [4] Takuya Totsuka, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Yukiko Arai, Shunichiro Todoroki, Masaki Kazumi, Masashi Higashino, Haruo Kobayashi,
   “Bias and 1/f Noise Degradation Modeling of 90 nm n-Channel MOSFETs Induced by Hot Carrier Stress,”
   Advanced Micro-Device Engineering Ⅵ, Key Engineering Materials pp.100-108 (2016)

 [5] Masataka Kamiyama, Daiki Oki, Satoru Kawauchi, Congbing Li, Nobuo Takahashi, Seiichi Banba, Toru Dan, Haruo Kobayashi,
   “Triple-Band CMOS Low Noise Amplifier Design Utilizing Transformer Couplings,”
  Advanced Micro-Device Engineering Ⅵ, Key Engineering Materials pp.142-148 (2016)

 [6] Congbing Li, Haruo Kobayashi,
   “A Residue Number System Based Time-to-Digital Converter Architecture and its FPGA Implementation,”
   Advanced Micro-Device Engineering VI, Key Engineering Materials pp.127-132 (2016)

 [7] Hitoshi Aoki and Haruo Kobayashi
   “A Typical MOSFET Modeling Procedure for RF Analog Circuit Design”,
   Advanced Micro-Device Engineering VI, Key Engineering Materials pp.87-99 (2016)

 [8] Chuan Gao, Guanglei Jin, Richen Jiang, Murong Li, Masashi Ochiai, Shinji Aso, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi
   “A Method to Improve Switching Power Supply Efficiency at Light Load With DSP Control,”
    Advanced Micro-Device Engineering VI, Key Engineering Materials pp.133-141(2016)


 [9] 小島潤也、新井薫子、小林春夫
、     “ ΔΣDA変調器のデジタルディザ信号による性能改善の検討”,
    電気学会論文誌(和文誌C), vol. 136 , no. 12, pp. 1767-1772 (2016年12月).

 [10] Peter Sarson, Haruo Kobayashi,
    “Using distortion shaping technique to equalize ADC THD performance between ATEs”,
    Journal of Electronic Testing, Springer (Online: 15 Dec. 2016) DOI: 10.1007/s10836-016-5630-0
    vol. 33, no.3, pp.305-331 (2017)

<著書>

 [1] Haruo Kobayashi, Takashi Nabeshima (Editors),
    Handbook of Power Management Circuits,
    Pan Stanford (2016) (Contents)(Index)


<国際学会>

 [1] Keita Kurihara, Kensuke Kobayashi, Masafumi Uemori, Miho Arai, Haruo Kobayashi,
    “Fundamental Design Consideration of Sampling Circuit”,
    IEEE International Symposium on VLSI Design, Automation and Test (VLSI-DAT), Hsinchu, Taiwan (April 25-27, 2016). IEEE Xplore

 [2] Masashi Higashino, Shaiful Nizam Bin Mohyar,Haruo Kobasashi
    “DAC Linearity Improvement Algorithm With Unit Cell Sorting Based on Magic Square”,
    IEEE International Symposium on VLSI Design, Automation and Test (VLSI-DAT), Hsinchu, Taiwan (April 25-27, 2016).IEEE Xplore

 [3] Yasunori Kobori, Futoshi Fukaya, Takuya Arafune, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi
    “Spread Spectrum with Notch Frequency using Pulse Coding Method for Switching Converter of Communication Equipment”,
     International Conference on Electronics, Information and Communication Engineering, Amsterdam, The Netherlands (May 12-13, 2016)

 [4] (Invited) Peter Sarson, Haruo Kobayashi,
   "Using Distortion Shaping Technique to Equalize ADC THD Performance Between ATEs"
   21th IEEE International Mixed-Signal Testing Workshop, Catalunya, Spain (July 4-6, 2016). IEEE Explore


 [5] Congbing Li, Junshan Wang, Haruo Kobayashi, Ryoji Shiota,
   "Timing Measurement BOST Architecture with Full Digital Circuit and Self-Calibration Using Characteristics Variation Positively for Fine Time Resolution",
   21th IEEE International Mixed-Signal Testing Workshop, Catalunya, Spain (July 4-6, 2016).IEEE Explore

  [6] Richen Jiang, Congbing Li, Mingcong Yang, Haruo Kobayashi, Yuki Ozawa, Nobukazu Tsukiji, Mayu Hirano, Ryoji Shiota, Kazumi Hatayama
    "Successive Approximation Time-to-Digital Converter with Vernier-level Resolution",  
   21th IEEE International Mixed-Signal Testing Workshop, Catalunya, Spain (July 4-6, 2016). IEEE Explore

 [7]H. Aoki , N. Tsukiji, H. Sakairi, K. Chikamatsu, N. Kuroda, S. Shibuya, K. Kurihara, M. Higashino , H. Kobayashi , K. Nakahara,
   "Electron Mobility and Self-Heat Modeling of AlN/GaN MIS-HEMTs with Embedded Source Field-Plate Structures ",
    IEEE Compound Semiconductor Integrated Circuit Symposium (CSICS), Austin, TX (Oct 24, 2016)

 [8] Masashi Higashino, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji,Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Shohei Shibuya, Keita Kurihara, Haruo Kobayashi,
   "Study on ON-Resistance Degradation Modeling Used for HCI Induced Degradation Characteristic of LDMOS Transistors", (add)
   International Conference on Solid State Devices and Materials, Tsukuba (Sept. 2016)

 [9] Nobukazu Tsukiji , Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
  "Derivation of the Loop Gain From Open Loop and Closed Loop Output Impedances in DC-DC Buck Converter",
   2016 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems (TJCAS’16), Paper S3B.5,
  National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan (Aug. 2, 2016)

 [10] Masayuki Kawabata, Koji Asami, Shohei Shibuya, Tomonori Yanagida, Haruo Kobayashi,
  "Rectangular Waveform Generation With Harmonics Suppression",
  The 25th Asian Test Symposium, Industry Session, Hiroshima (Nov. 21-24, 2016)IEEE Xplore

 [11] Masahiro Murakami, Haruo Kobayashi, Shaiful Nizam Bin Mohyar, Osamu Kobayashi, Takahiro Miki, Junya Kojima,
   "I-Q Signal Generation Techniques for Communication IC Testing and ATE Systems",
   IEEE International Test Conference, Fort Worth, TX (Nov. 17, 2016).

 [12] PANEL 3: Test Cost Reduction-Is There More to Cut?
   Panelists: R.Bartlett (Advantest), W. Dobbelaere (ON Semiconductor ), R.Knoth (Cadence) , R. van Rijsinge (NXP Semiconductors),
   P. Sarson (ams), Moderator and Organizer: H. Kobayashi (Gunma University),
   IEEE International Test Conference, Fort Worth, TX (Nov. 15, 2016)

 [13] Koyo Asaishi, Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Yoshiki Sunaga, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   "Hysteretic Controlled Buck Converter with Switching Frequency Insensitive to Input/Output Voltage Ratio",
    IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [14] JianLong Wang, Gopal Adhikari, Haruo Kobayashi, Nobukazu Tsukiji, Mayu Hirano, Keita Kurihara, Akihito Nagahama, Ippei Noda, Kohji Yoshii,
  "Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Based on Routh-Hurwitz Method",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [15] Mayu Hirano, Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi,
   "Simple Reference Current Source Insensitive to Power Supply Voltage Variation - Improved Minoru Nagata Current Source",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [16] Satoshi Yoshizawa, Nobukazu Takai, Kento Suzuki, Yoshiki Sugawara, Kazuto Okochi, Haruo Kobayashi,
   "Comparator Circuit Automation by Combination of Game Tree Search and Partial Optimization",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [17] Gopal Adhikari, Richen Jiang, Haruo Kobayashi,
   "Study of Gray Code Input DAC Using MOSFETs for Glitch Reduction",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [18] Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Yoshiki Sunaga, Takuya Arafune, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   "Single-Inductor Dual-Output Soft-Switching Converter with Voltage-mode Resonant Switch",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016). IEEE Xplore

 [19] Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   "Derivation of Loop Gain from Output Impedances in DC-DC Buck Converter",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 26, 2016).IEEE Xplore

 [20] K. Kurihara, H. Aoki, N. Tsukiji, H. Sakairi, K. Chikamatsu, N. Kuroda, S. Shibuya, M. Higashino, R. Takahashi, H. Kobayashi, K. Nakahara
   "Study On Electron Mobility Model For Aln/Gan MIS-Hemts With Embedded Source Field-Plate Structures",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 27, 2016).IEEE Xplore

 [21] Jun-ya Kojima, Jun-Ichi Matsuda, Masataka Kamiyama,Nobukazu Tsukiji, Haruo Kobayashi,
   "Optimization And Analysis Of High Reliability 3050V Dual RESURF LDMOS",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 27, 2016). IEEE Xplore

 [22] (Invited) Haruo Kobayashi, Haijun Lin,
   "Analog / Mixed-Signal Circuit Design Based on Mathematics",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016).IEEE Xplore

 [23] Yoshiro Tamura, Ryo Sekiyama, Koji Asami, Haruo Kobayashi,
   "RC Polyphase Filter As Complex Analog Hilbert Filter",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016). IEEE Xplore

 [24] Kaztuo Okochi, Nobukazu Takai, Yoshiki Sugawara, Kento Suzuki, Satoshi Yoshizawa, Haruo Kobayashi,
   "Automatic Design Of Operational Amplifier By Combination Method Of Function Block",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016).IEEE Xplore

 [25] Tomonori Yanagida, Shohei Shibuya, Haruo Kobayashi, Kazumi Hatayam,
   "High-Frequency Low-Distortion One-Tone and Two-Tone Signal Generation Using Arbitrary Waveform Generator",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016). IEEE Xplore

 [26] Masayuki Kawabata, Koji Asami, Shohei Shibuya, Tomonori Yanagida, Haruo Kobayashi,
   "Sine Signal Generation with Specified Multiple Harmonics Suppression",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016).IEEE Xplore

 [27] Jun-ya Kojima, Yukiko Arai, Haruo Kobayashi,
   "Limit Cycle Suppression Technique Using Digital Dither in Delta Sigma DA Modulator",
   IEEE 13th International Conference on Solid-State and Integrated Circuit Technology, Hangzhou, China (Oct 28, 2016).IEEE Xplore

 [28] Yutaro Kobayashi, Takuya Arafune, Shohei Shibuya, Haruo Kobayashi, Hirotaka Arai,
   "Redundant SAR ADC Algorithms for Reliability Based on Number Theory",
   First IEEE International Workshop on Automotive Reliability & Test- ART Workshop, Fort Worth, TX (Nov. 17-18, 2016) Program

 3rd International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI)
 and 8th International Cpnference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE)
 Kiryu City Performing Art Center, Dec. 9, 2016

 [1] P28 Fusion of Biology, Brain Science and Information Communication Technology
   Takuya Arafune, Tomoaki Shirao, Jun Horikoshi, Kazuyuki Imamura, Nobuyoshi Ishikawa, Nobukazu Tsukiji and Haruo Kobayashi
   Gunma University, NPO Wireless Brain Network, Maebashi Institute of Technology, Japan

 [2] P70 Derivation of Loop Gain and Phase from Output Impedances in DC-DC Buck Converter
    Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [3] P71 Automatic Design of Operational Amplifier Based on Design Information Management System
   Yoshiki Sugawara, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi, Kento Suzuki, Satoshi Yoshizawa, Kazuto Okochi, Tsukasa Ishii, Saki Shinoda and Masafumi Fukuda 
    Gunma University, Japan

 [4] P72 Limit Cycle Reduction Technique Using Digital Dither in Delta Sigma DA Modulator
   Jun-ya Kojima, Yukiko Arai and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan

 [5] P73 Low-Distortion Sine Signal Generation Algorithm Using Rectangular Waveform
   Masayuki Kawabata, Koji Asami, Shohei Shibuya, Tomonori Yanagida and Haruo Kobayashi Advantest Corporation,
   Gunma University, Japan

 [6] P74 Hysteretic Controlled Buck Converter with Switching Frequency Insensitive to Input/Output Voltage Ratio
    Koyo Asaishi, Nobukazu Tshukiji, Yasunori Kobori, Yoshiki Sunaga, Nobukazu Takai and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan

 [7] P75 Comparator Circuit Automation by Combination of Game Tree Search and Partial Optimization
   Satoshi Yoshizawa, Nobukazu Takai, Yoshiki Sugawara, Okochi Kazuto, Kento Suzuki and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [8] P76 Scalable High Reliability 30-50V Dual RESURF LDMOS Transistor with Low Specific On-Resistance
   Jun-ichi Matsuda, Jun-ya Kojima, Nobukazu Tsukiji, Masataka Kamiyama and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan

 [9] P77 Successive Approximation Time-to-Digital Converter with Full Digital Self-Calibration
   Yuki Ozawa, Congbing Li, Haruo Kobayashi, Nobukazu Tsukiji, Ryoji Shiota and Kazumi Hatayama
   Gunma University, Socionext Inc., Japan

 [10] P78 Fibonacci Sequence Weighted SAR ADC as Golden Section Search of Unimodal Function
    Hirotaka Arai, Yutaro Kobayashi and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [11] P79 Self-Calibration and Trigger Circuit for 2-Step SAR TDC
    Takashi Ida, Yuki Ozawa, Jiang Richen, Haruo Kobayashi and Ryoji Shiota
    Gunma University, Socionext Inc., Japan

 [12] P80 High-Frequency Low-Distortion Two-Tone Signal Generation Using Arbitrary Waveform Generator
   Tomonori Yanagida, Shohei Shibuya, Koji Asami and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [13] P81 Electron Mobility Modeling of AlN/GaN MIS-HEMTs with Embedded Source Field-Plate Structures
    Keita Kurihara, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Shohei Shibuya, Masashi Higashino, Rino Takahashi and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan

 [14] P82 Velocity Saturation Calculations for 90 nm MOSFET Modeling in Saturation Regions
    Rino Takahashi, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Masashi Higashino, Shohei Shibuya, Keita Kurihara and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan

 [15] P83 Study on Hot Carrier Injection Model of LDMOS for Reliability Simulation
   Masashi Higashino, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Shohei Shibuya, Keita Kurihara, Rino Takahashi and Haruo Kobayashi
   Gunma University, Japan


<国内学会発表>

 [1] 白石尚也、落合政司、築地伸和、轟 俊一郎、小堀康功、小林春夫、高井伸和
   「電流共振形コンバータの効率におけるリーケージインダクタンスの最適値
   電子情報通信学会、電子通信エネルギー技術研究会、東京(2016年2月26日)

 [2] 須永祥希、白石尚也、浅石恒洋、築地伸和、小堀康功、小林春夫、高井伸和
    「ZVS-PWM制御を用いた単一インダクタ2出力昇圧型コンバータの実装と評価結果
    電子情報通信学会、電子通信エネルギー技術研究会、東京(2016年2月26日)

 [3] 戸塚拓也、香積正基、青木均、小林春夫
   「半導体デバイスモデリング技術」
   第62回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 西早稲田キャンパス(2016年1月30日)

 [4] 中條剛志、小林春夫     
   「デルタシグマ型時間デジタイザ回路設計とアナログFPGA実現」    
    第62回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学西早稲田キャンパス(2016年1月30日)

 [5] 田村善郎、関山燎 浅見孝司、小林春夫  
   「RCポリフェーズフィルタのヒルベルトフィルタの観点からの考察」   
    第62回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学西早稲田キャンパス(2016年1月30日)

 [6] 戸塚拓也, 青木 均, 築地伸和, 香積正基, 東野将史, 澁谷将平, 栗原圭汰, 小林春夫
    「HiSIM HVを用いたオン抵抗の劣化モデルの開発
   電気学会 電子回路研究会, ECT-16-020, 東京都市大学 (2016年3月7日).

 [7] 王 建龍、Adhikari Gopal、小林 春夫、 築地 伸和、平野 繭、栗原 圭汰、長浜 顕仁、野田 一平、吉井 宏治  
    “Analysis and Design of Operational Amplifier Stability Based on Routh-Hurwitz Method”,
   電気学会 電子回路研究会, ECT-16-025, 東京都市大学 (2016年3月7日). (制御工学安定性)(オペアンプ安定性と制御工学安定性理論)

 [8] 李 从兵, 王 俊善, 小林 春夫,   
   “確率的時間デジタイザとその自己校正、RTL検証の検討”,  
   電気学会 電子回路研究会, ECT-16-043, 東京都市大 学 (2016年3月8日).

 [9] 小林 佑太朗、荒船 拓也、渋谷 将平、小林 春夫、    
    “疑似白銀比重み付け逐次比較近似AD変換器の検討”,  
   電気学会 電子回路研究会, ECT-16-044, 東京都市大学 (2016年3月8日).

 [10] 松田 順一、小島 潤也、神山 雅貴、築地 伸和、小林 春夫    
    「高信頼性・低オン抵抗デュアルRESURF Nch-LDMOSの提案
    第63回 応用物理学会春季学術講演会、東工大 大岡山キャンパス (2016年3月19日-22日)  

 [11] Adhikari Gopal, 姜日晨, 小林春夫
   「Study of R-2R Ladder DAC and Gray Code Input DAC using MOSFET for Glitch Reduction」,
   電気学会 電子回路研究会, ECT-16-045, 鶴岡 (2016年6月9日).

 [12] 田村善郎, 関山燎, 浅見幸司, 小林春夫   
    「複素アナログヒルベルトフィルタとしてのRCポリフェーズフィルタの特性」  
    電気学会 電子回路研究会, ECT-16-046, 鶴岡 (2016年6月9日).

 [13] 小島 潤也,新井 薫子,小林 春夫
     「ΔΣDA変調器のデジタルィザ信号によるリミットサイクル低減技術
    LSIとシステムのワークショップ2016、学生ポスター no.7, 東京大学 生産研究所(2016年5月16日)

 [14] 田村 善郎,関山 燎,浅見 幸司,小林 春夫
    「高周波信号処理用複素アナログヒルベルトフィルタの理論検討
    LSIとシステムのワークショップ2016、学生ポスターno.56, 東京大学 生産研究所(2016年5月17日)


 
[15] 小林春夫
    「様々な時間デジタイザ回路アーキテクチャのタイミングテスト応用への比較検討
     第75回FTC研究会, 伊香保、群馬(2016年7月15日)(バーニア技術調査

 [16] 小澤祐喜,姜日晨,小林春夫,築地伸和,塩田良治,畠山一実
    「逐次比較時間デジタイザ回路の線形性自己校正技術
    第75回FTC研究会, 伊香保、群馬(2016年7月15日)

 [17] 柳田朋則,澁谷将平,小林春夫
    「任意波形発生器を用いた高周波低歪信号生成アルゴリズム
    第75回FTC研究会, 伊香保、群馬(2016年7月15日)


 [18] 王建龍、Gopal Adhikari、小林春夫
     「制御理論のオペアンプ安定性設計・解析への応用」
     第63回システムLSI合同ゼミ、中央大学(2016年6月25日)

 [19] Gopal Adhikari, 姜 日晨.小林春夫
     「グレイコード入力デジタル・アナログ変換器アーキテクチャの検討」
    第63回システムLSI合同ゼミ、中央大学(2016年6月25日)

 [20] 佐々木秀、小林 春夫、
    “2乗則を用いたデジタル乗算器アルゴリズムとFPGA実装の検討”,
     電子情報通信学会 信号処理研究会, 千葉工業大学 (2016年8月25日).

 [21] 須永祥希・浅石恒洋・築地伸和・小堀康功・高井伸和・小林春夫,
     "ZVS-PWM制御単一インダクタ2出力スイッチング電源回路の実装と評価結果",
    平成28年度 電気学会 産業応用部門大会 (JIASC2016), 1-18, 群馬大学 荒牧キャンパス(2016年8月30日)

 [22] 浅石恒洋・築地伸和・小堀康功・須永祥希・高井伸和・小林春夫,
    "入出力電圧に依存しない一定スイッチング周期ヒステリシス制御電源の検討",
     平成28年度 電気学会 産業応用部門大会 (JIASC2016), 1-27, 群馬大学 荒牧キャンパス(2016年8月30日)

 [23] 小堀康功・深谷太詞・須永祥希・王太峰・荒船拓也・築地伸和・高井伸和・小林春夫
    "ソフトスイッチング方式における単インダクタ2出力電源",
    平成28年度 電気学会 産業応用部門大会 (JIASC2016), 1-31, 群馬大学 荒牧キャンパス(2016年8月30日)

 [24] 荒船拓也・小堀康功・須永祥希・王 太峰・築地伸和・高井伸和・小林春夫
    ”通信機器用スイッチング電源に用いるノッチ特性を有するスペクトラム拡散技術”、
   平成28年度 電気学会 産業応用部門大会 (JIASC2016), 1-60, 群馬大学 荒牧キャンパス(2016年8月31日)

 [25] 井田貴士、小澤祐喜、姜日晨、小林春夫、塩田良治
   「2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、日立製作所中央研究所 (2016年10月)

 [26] 新井宏崇、小林佑太朗、小林春夫
   「フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似ADCと単峰関数の黄金分割探索法との関係の考察
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、日立製作所中央研究所 (2016年10月)

 [27] 深谷太詞, 小堀康功, 荒船拓也, 築地伸和, 小林春夫
   「スイッチング電源におけるノッチ特性を有するスペクトラム拡散
   電気学会 電子回路研究会 ECT-16-068, 富山 (2016年10月6日)

 [28] 小堀康功, 深谷太詞, 築地伸和, 須永祥希, 荒船拓也, 高井伸和, 小林春夫
   「クランプ付単インダクタ2出力方式半波電圧共振型ソフトスイッチング電源
   電気学会 電子回路研究会 ECT-16-069, 富山 (2016年10月6日)

 [29] 松田順一、小島潤也、築地伸和、神山雅貴,小林春夫
    「高信頼性・低特性オン抵抗100VデュアルRESURF LDMOSトランジスタ
   電気学会 電子デバイス/半導体電力変換合同研究会、 パワーデバイス・パワーエレクトロニクスとその実装技術、北九州 (2016年11月14, 15日)


 [30] 佐々木秀、小林春夫
    「2乗則を用いたデジタル乗算器アルゴリズムとFPGA実装の検討」
   第64回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学(大岡山) (2016年10月29日)

 [31] 小澤祐喜、小林春夫
   「逐次比較型時間デジタイザ回路の統計的手法による線形性自己校正技術の検討」
   第64回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学(大岡山) (2016年10月29日)
   VDECだより 第30号 東工業大学 高橋研究室 研究室便りにシステムLSI合同ゼミが紹介

 [32] 荒船 拓也, 築地伸和, 浅見幸司, 小堀 康功, 小林 春夫,
    「パルスコーディング制御スイッチング電源における 周波数可変のノッチ特性を有するスペクトラム拡散
   電子情報通信学会 環境電磁工学研究会(EMCJ) 、機械振興会館 (2016年11月25日) 修士論文

 33] 荒船拓也, 塩田良治, 畠山一実, 小林春夫,
   「高速入出力インターフェース回路ジッタ耐性試験用のジッタ生成回路の検討
    電気学会 電子回路研究会, ECT-16-096, 東京理科大学 (2016年12月15日)

 [34] 浅石恒洋, 築地伸和, 小堀康功, 須永祥希, 高井伸和, 小林春夫
    「入出力電圧に依存しない一定スイッチング周波数ヒステリシス制御電源の安定性と実装検討」
    電気学会 電子回路研究会, ECT-16-108, 東京理科大学 (2016年12月15日)

 
第6回電気学会東京支部栃木・群馬支所合同研究発表会

   日時  2016年3月1日(日)13時-17時間15分
           3月2日(火)9時~14時45分
   会場  前橋工科大学 1号館の3教室
   

 [1] 小堀康功、 深谷太志、 荒船拓也、 須永祥希、 白石尚也、 築地伸和、 高井伸和、 小林春夫
   「スイッチング電源におけるノッチ特性を有するスペクトラム拡散技術

 [2] 神山雅貴、松田順一、小島潤也、築地伸和、小林春夫.
   「低オン抵抗・高信頼デュアルRESURF N-ch LDMOSの提案

 [3] 築地伸和、青木均、香積正基、戸塚拓也、澁谷将平, 東野将史、栗原圭汰、小林春夫
   「HCIによるLDMOSの特性劣化シミュレーションのための物理ベース最大電界モデルの研究

 [4] 小島潤也、新井薫子、小林春夫
   「ΔΣDA変調器のデジタルディザ信号による性能改善と回路設計の検討」(結言

 [5] 関山燎、田村善郎、浅見幸司、小林春夫
   「RCポリフェーズフィルタとヒルベルトフィルタとの関係性の考察」(結言

 [6] 平野 繭、小林春夫
    「基準電流源生成用改良永田穣電流ミラー回路の設計とその考察」(結言


 [7] 姜日晨、 Adhikari Gopal、小林春夫、(Gray code挑戦
    「Gray code 入力DA変換器の検討

 [8] 香積正基、青木均、築地伸和、戸塚拓也、東野将史、小林春夫、
    「IGBTのスイッチング特性におけるマクロモデリングの研究

 [9] 王俊善、李 从兵、小林春夫、
    「確率的バーニア型TDC」(緒言

 [10] 戸塚拓也, 青木 均, 築地伸和, 香積正基, 東野将史, 澁谷将平, 栗原圭汰, 小林春夫
    「LDMOSの信頼性モデリングにおける,HiSIM-HVモデルを用いたオン抵抗の劣化モデルの開発

 [11] 栗原圭汰、小林謙介、上森将文、新井美保、小林春夫
    「波形サンプリング回路設計の本質的考察」(結言

 [12] 須永祥希, 白石尚也, 浅石恒洋, 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫, 高井伸和
   「 ZVS-PWM制御昇圧型単電源回路のスペクトラム拡散によるノイズ低減手法

 [13] 浅石恒洋, 白石尚也, 須永祥希, 築地伸和, 小堀康功, 小林春夫, 高井伸和
   「ヒステリシス制御DC-DCコンバータのEMI低減化についての検討

 [14] 白石尚也, 築地伸和, 須永祥希, 浅石恒洋, 小堀康功, 高井伸和, 小林春夫
   「 制御時間比率が変化するSIDO電源の検討

 [15] 吉澤慧, 高井伸和, 加藤雅人, 関洋明, 菅原誉士紀, 鈴木研人, 大河内一登, 小林春夫
   「ゲーム木探索及び部分最適化を用いたコンパレータの自動設計」

 [16] 大河内一登, 高井伸和, 小林春夫, 加藤雅人, 関洋明, 菅原誉士紀, 鈴木研人, 吉澤慧
   「ネットリストを用いた回路図描画プログラムのアルゴリズムの検討 」

 [17] 加藤雅人, 高井伸和, 関洋明, 菅原誉士紀, 鈴木研人, 吉澤慧, 大河内一登, 小林春夫
   「 機能ブロックの組み合わせによる演算増幅器の自動設計 」

 [18] 関 洋明, 高井 伸和, 小林 春夫, 加藤 雅人, 菅原 誉士紀, 鈴木 研人, 大河内 一登, 吉澤 慧
   「ブロック回路を用いたアナログ電子回路の自動設計」

 [19] 鈴木研人, 高井伸和, 築地伸和, 加藤雅人, 関洋明, 菅原誉士紀, 大河内一登, 吉澤慧, 小林春夫
   「MOSFETのキャラクタライズ自動化の提案」


<その他>

 [1] 小林春夫、白尾智明、堀越淳、今村一之 、石川信宣、築地伸和、小林佑太朗 荒船拓也
    「生体・脳科学と情報通信科学技術の融合に関する研究 -階層的脳科学研究原理に基づくシナプスインフォマティクス研究支援-」
    群馬大学医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト 平成27年度成果報告会、ポスター No.9, 前橋 (2016年3月29日)


 [2] 小林春夫、小林佑太朗、
   「フィボナッチ数列と電子回路の話し
    群馬県和算研究会 会報、第50号, pp.80-85 (2016年3月24日)

 [3] 松田順一、
   「「高信頼性・低特性オン抵抗30-50VデュアルRESURF LDMOSトランジスタ」 -アドバンスソフト社3次元デバイス・シミュレータ Advance/DESSERT(β版)
   使用事例-」 半導体デバイス3次元TCADシステム紹介セミナー, 東京 (2016年7月28日) 招待講演

 [4] 小林春夫、
   「群馬大学アナログ集積回路研究会 平成27年度活動報告」  群馬大学 研究・産学連携推進機構ニュース 2016年度版 (2016年7月)

 [5] 小林春夫
   「ミクストシグナルSoC テスト容易化技術への挑戦
    セミコン・ジャパン、アカデミアセッション 、東京ビッグサイト(2016年12月16日)

 [6] 佐々木秀、小林春夫
   「2乗則を用いたデジタル乗算器アルゴリズム」  
   群馬県和算研究会 平成28年度4回例会、前橋工科大学 (2016年10月2日)


 [7] 荒船 拓也、小林 佑太朗、澁谷 将平、小林 春夫、
   「Redundancy Algorithm Design for an SAR ADC Using Number Theory」
   The 13th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers), 東京農工大学 (2016年12月3日)

 [8] 栗原圭太、青木均、築地伸和、渋谷将平、小林春夫
   「Research on Electron Mobility Model for AlN/GaN MIS-HEMTs」
   The 13th IEEE TOWERS(Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers),東京農工大学 (2016年12月3日)

 [9] 畠山一実
    「テストコストはまだまだ削減できる、パネルで活発な議論」
   日経テクノロジー online (2016年11月19日)

 [10] 小林春夫, 畠山一実
    「車載ICの信頼性とテストのワークショップが初開催」
   日経テクノロジー online (2016年11月28日)

 [11] 小林春夫, 畠山一実
    「アナログICや回路のテストはこう考える」
    日経テクノロジー online (2016年11月28日)


2015年
<論文>

 [1] Shu WU, Yasunori KOBORI, Nobukazu TSUKIJI, Haruo KOBAYASHI,
   “Transient Response Improvement of DC-DC Buck Converter by a Slope Adjustable Triangular Wave Generator”,
    IEICE Trans. Communications, vol.E98-B,no.2, pp.288-295 (Feb. 2015).

 [2] Murong Li, Yasunori Kobori, Feng Zhao, Qiulin Zhu, Zachary Nosker, Shu Wu, Shaiful N. Mohyar, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai
   “Single-Inducto Dual-Output DC-DC Converter Design with Exclusive Control”.
   pp.47-52, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [3] Feng Zhao, Hong Gao, Lin Xing, Yasunori Kobori, Shu Wu, Haruo Kobayashi, Shyunsuke Miwa, Atsushi Motozawa, Zachary Nosker, Nobukazu Takai,
    “Continuous-Time Delta-Sigma Controller for DC-DC Converter”,
    pp.53-60, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [4] Shu Wu , Yasunori Kobori , Haruo Kobayashi
   “A Simple Analog Feed-Forward Controller Design for DC-DC Buck Converter”,
     pp.61-68, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [5] Shunsuke Tanaka, Tatsunori Nagashima, Yasunori Kobori, Kotaro Kaneya, Takahiro Sakai, Biswas Sumit Kumar, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   “Design of Hysteresis Controlled Signal-Inductor Multi-Output DC-DC Converter,”
     pp.69-78, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [6] Ramin Khatami, Haruo Kobayashi, Yasunori Kobori
   “Delta-Sigma Digital-to-Time Converter For Band-Select Spread Spectrum”,
     pp.79-92, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [7] Yukiko Arai, Yu Liu, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi,
    “Noise-Shaping Cyclic ADC Architecture “,
     pp.93-100, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [8] Shaiful Nizam Mohyar, Masahiro Murakami, Atsushi Motozawa Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Tatsuji Matsuura
    “SFDR Improvement Algorithms for Current-Steering DACs”,
     pp.101-108, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [9] Daiki Oki, Satoru Kawauchi, Li CongBing, Masataka Kamiyama, Seiichi Banba, Toru Dan, Nobuo Takahashi, Haruo Kobayashi
   “A Power-Efficient Noise Canceling Technique Using Signal-Suppression Feed-forward for Wideband LNAs”,
    pp.109-116, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [10] Hitoshi Aoki, Haruo Kobayashi
   “A New Self-heat Modeling Approach for LDMOS Devices”,
     pp.117-122, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [11] Guanglei Jin, Hao Chen, Chuan Gao, Yunpeng Zhang, Murong Li , Haruo Kobayashi, Shu Wu, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu, Khayrollah Hadidi ,
   “Digital Auto-Tuning for Center Frequency and Q-Factor of Gm-C Band-Pass Filter”,
     pp.123-130, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [12] Takayuki Negishi, Naoki Arai, Nobukazu Takai, Masato Kato, Hiroaki Seki, Haruo Kobayashi,
   “Automatic Synthesis of Comparator Circuit Using Genetic Algorithm and SPICE Optimizing Function,”
     pp.131-140, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [13] Yusuke Osawa, Daiki Hirabayashi, Naohiro Harigai, Haruo Kobayashi Osamu Kobayashi , Masanobu Tsuji, Sadayoshi Umeda Ryoji Shiota ,
    Noriaki Dobashi,Masafumi Watanabe , Tatsuji Matsuura Kiichi NiitsuIsao Shimizu, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi
   “Phase Noise Measurement and Testing with Delta-Sigma TDC”,
    pp. 149-156, Advanced Micro-Device Engineering V, Key Engineering Materials (2015).

 [14] Yukiko Arai, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Shunichiro Todoroki, Ramin Khatami, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Taifeng Wang, Haruo Kobayashi,
   “Gate Voltage Dependent 1/f Noise Variance Model Based on Physical Noise Generation Mechanisms in n-Channel Metal-Oxide-Semiconductor Field-Effect Transistors”,
   Japanese Journal of Applied Physics,vol. 54, 04DC10 1-4 (Feb. 2015).

 [15] Kiichi Niitsu, Yusuke Osawa, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Osamu Kobayashi, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
    “A CMOS PWM Transceiver Using Self-Referenced Edge Detection,”
    IEEE Transactions on Very Large Scale Integration Systems, vol.23, no.6, pp.1145-1149 (June 2015).

 [16] Hitoshi Aoki, Haruo Kobayashi,
     “Self-Heat Characterizations and Modeling of Multi-finger n-MOSFETs for RF-CMOS Applications”,
      IEEE Transactions on Electron Devices. vol.62, no.9, pp.2704-2709 (Sept. 2015).

<国際学会>

 [1] Y. Kobori, S. Tanaka, N. Tsukiji, N. Takai, H. Kobayashi,
     “High Speed Response Single-Inductor Dual-Output DC-DC Converter with Hysteric Control,(Link)
    ICPEIE2015: 17th International Conference on Power Electronics and Instrumentation Engineering, Venice, Italy (April 13-14, 2015).

 [2] Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Takuya Arafune, Shohei Shibuya, Shu Sasaki, Haruo Kobayashi,Masanobu Tsuji, Ryoji Shiota, Masafumi Watanabe,
   Noriaki Dobashi, Sadayoshi Umeda, Hideyuki Nakamura、 Koshi Sato
     ”Timing Measurement BOST With Multi-bit Delta-Sigma TDC”,
   20th IEEE Inernational Mixed-Signal Testing Workshop, Paris, France (June 24-26, 2015).

 [3] Congbing Li, Haruo Kobayashi,
    “A Gray Code Based Time-to-Digital Converter Architecture and its FPGA Implementation”,
     IEEE International Symposium on Radio-Frequency Integration Technolog (RFIT), Sendai, Japan (Aug. 26-28, 2015).IEEE Xplore

 [4] (Invited) Masahiro Murakami, Haruo Kobayashi, Shaiful Nizam Bin Mohyar, Takahiro Miki, Osamu Kobayashi
   “Linearity Enhancement Algorithms for I-Q Signal Generation”,
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015). IEEE Xplore

 [5] Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi
   “EMI Reduction by Extended Spread Spectrum in Switching Converter”,
    IEICE EMC Joint Workshop, Bangkok, Thailand (June 25, 2015).

 [6] Yutaro Kobayashi, Shohei Shibuya, Takuya Arafune, Shu Sasaki, Haruo Kobayashi,
   “SAR ADC Design Using Golden Ratio Weight Algorithm”,
   The 15th International Symposium on Communications and Information Technologies ( ISCIT 2015),
   Special Session: Emerging Techniques in ADC and Receiver Circuit for Wireless Communication, Nara, Japan (Oct. 2015).IEEE Xplore

 [7] Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi
   “High Efficiency ZPS-PWM Dual-Output Converters with EMI Reduction Method ”,
    17th International Conference on Circuits, Devices and Systems (ICCDS), Vancouver, Canada (Aug. 6, 2015).

 [8] Nobukazu Tsukiji, Hitoshi Aoki, Masaki Kazumi,Takuya Totsuka, Masashi Higashino, Haruo Kobayashi
    “A Study on HCI Induced Gate Leakage Current Model Used for Reliability Simulations in 90nm n-MOSFETs,”
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015). IEEE Xplore

 [9] Masashi Higashino, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Haruo Kobayashi
   “Study on Maximum Electric Field Modeling Used for HCI Induced Degradation Characteristic of LDMOS Transistors,”
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015).IEEE Xplore

 [10] Takuya Arafune, Yutaro Kobayashi, Shohei Shibuya, Haruo Kobayashi
   “Fibonacci Sequence Weighted SAR ADC Algorithm and its DAC Topology,”
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015). IEEE Xplore

 [11] Miho Arai , Isao Shimizu, Haruo Kobayashi , Keita Kurihara, Shu Sasaki, Shohei Shibuya, Kiichi Niitsu, Kazuyoshi Kubo
    “Finite Aperture Time Effects in Sampling Circuit,
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015).IEEE Xplore

 [12] Yoshiki Niki, Shu Sasaki, Nobu Yamaguchi, Jian Kang, Takashi Kitahara, Haruo Kobayashi
    “Flat Passband Gain Design Algorithm for 2nd-order RC Polyphase Filter,
     IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015).IEEE Xplore

 [13] Shohei Shibuya, Yutaro Kobayashi, Haruo Kobayashi,
    “High-Frequency Low-Distortion Signal Generation Algorithm with Arbitrary Waveform Generator,”
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015).IEEE Xplore

 [14] Yasunori Kobori, Taifeng Wang, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   “EMI Reduction by Analog Noise Spread Spectrum In New Ripple Controlled Converter,
    IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015).IEEE Xplore

 [15] Yasunori Kobori, Takuya Arafune, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
    “Selectable Notch Frequency of EMI Spread Spectrum using Pulse Modulation in Switching Converter”,
     IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015).IEEE Xplore

 [16] Y. Sunaga, Y. Kobori, N. Takai, N. Tsukiji, N. Shiraishi, K Asaishi, H. Kobayashi,
   '' High Efficiency Single-Inductor Dual-Output DC-DC Converter with ZVS-PWM Control, ''
   IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015).IEEE Xplore

 [17] Y. Sugawara, N. Takai, M. Kato, H. Seki, K. Suzuki, H. Kobayashi,
    ''Automatic Design of Doubly-terminated RC Polyphase Filters by Using Distributed Genetic Algorithm, ''
   IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6, 2015).IEEE Xplore

 [18] K. Suzuki, N. Takai, M. Kato, H. Seki, Y. Sugawara, H. Kobayashi,
    ''Comparator Circuits Automation by Combination of Distributed Genetic Algorithm and HSPICE Optimization, ''
   IEEE 11th International Conference on ASIC, Chengdu, China (Nov. 3-6,2015).IEEE Xplore

 [19] Haruo Kobayashi, Tomoaki Shirao, Jun Horikoshi, Kazuyuki Imamura, Nobuyoshi Ishikawa, Nobukazu Tsukiji, Yutaro Kobayashi, Takuya Arafune,
    “Fusion of Biology, Brain Science and Information Communication Techology”,
     2nd International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI2015), Maebashi (Dec. 8, 2015). Poster


 The 11th International Workshop on Radiation Effects on Semiconductor Devices for Space Applications (11th RASEDA)
  and 7th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (7th AMDE)Nov. 11-13, 2015 Kiryu City Performing Art Center
       http://www.ae.stec.es.osaka-u.ac.jp/RASEDA11/?nomenu=true

  Session 8: Fundamentals on Signal Process, Electronics & New Materials (AMDE Special Session)


 [1] M. Arai, K. Kurihara, I. Shimizu, H. Kobayashi
    “Towards Unified Theory of Waveform Sampling Circuits”, P8-20

 [2] K. Suzuki, N. Takai, M. Kato, H. Seki, Y. Sugawara, H. Kobayashi
    “Comparator Circuits Automation by Combination of Distributed Genetic Algorithm and HSPICE Optimization”, P8-21

 [3] J. Matsuda, M. Kamiyama, N. Tsukiji, J. Kojima, H. Kobayashi
   “Proposal of High Reliability LDMOS Structure”,P8-22

 [4] N. Tsukiji, H. Aoki, M. Kazumi, T. Totsuka, M. Higashino, H. Kobayashi 
   (AMDE Student Award 受賞) “A Study on HCI Induced Gate Leakage Current Model used for Reliability Simulations in 90nm n-MOSFETs”, P8-24

 [5] Shohei Shibuya, Yutaro Kobayashi, Haruo Kobayashi
   “High-Frequency Low-Distortion Signal Generation Algorithm Using Phase-Switching Method”, P8-26

 [6] T. Arafune, Y. Kobori, H. Kobayashi,
   “Spread Spectrum Clocking with Selective Notch Frequencies Using Pulse Coding for Switching Converters”, P8-28
 
 [7] Takuya Totsuka, Hitoshi Aoki, Nobukazu Tsukiji, Masaki Kazumi, Masashi Higashino, Haruo Kobayashi,
   “Reliability Modeling on 90 nm n-channel MOSFETs with BSIM4 Dedicated to HCI Mechanisms”, P8-29

 [8] Yoshiki Sugawara, Nobukazu Takai, Masato Kato, Hiroaki Seki, Kento Suzuki, Haruo Kobayashi
   “Automatic Design of Doubly-terminated RC Polyphase Filter by Distributed Genetic Algorithm”, P8-31

 [9] Y. Sunaga, N. Shiraishi, K. Asaishi, N. Tsukiji, Y. Kobori, N. Takai, H. Kobayashi
   “High Efficiency Single-Inductor Dual-Output DC-DC Converter with ZVS-PWM Control”, P8-32


<国内学会発表>


 [1] 安部文隆, 澁谷将平, 小林佑太朗, 佐々木秀, 東野将史, 荒船拓也, 小林 修, 小林春夫
    「任意波形発生器を用いた低歪信号発生技術の理論解析と実験検証
   電気学会 電子回路研究会 ECT-15-007  高知 (2015年1月22日)

 [2]興 大樹, 河内 智, 李从兵, 神山雅貴, 馬場清一,壇 徹(オン・セミコンダクター),高橋伸夫,小林春夫
    「信号抑制フィードフォワードを用いた広帯域LNAの低消費電力ノイズキャンセル技術
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-008  高知 (2015年1月22日)

 [3] 鈴木研人,根岸孝行, 加藤雅人, 関 洋明, 菅原誉士紀, 高井伸和,小林春夫
    「遺伝的アルゴリズム及びHSPICEの最適化機能を組み合わせたコンパレータの自動合成」
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-014  高知 (2015年1月22日)

 [4] 菅原誉士紀, 高井伸和, 小林春夫, 根岸孝行, 加藤雅人, 関 洋明, 鈴木研人
   「遺伝的アルゴリズムによる素子値広がりを抑えたRCポリフェーズフィルタの自動設計」
   電気学会 電子回路研究会 ECT-15-015 高知 (2015年1月22日)

 [5] 築地伸和
   「非絶縁型降圧DC/DCコンバータにおける電流モード制御の解析」
   第59回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2015年1月24日)

  [6] 呉ジュ(Shu Wu)
     “A Novel Triangular Wave Slope Modulation for Improving Dynamic Performance of DC-DC Buck Converter”,
    第59回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2015年1月24日)


 [7] 小堀康功、落合伸弥、金谷浩太郎、築地伸和、高井伸和、小林春夫
    「擬似アナログノイズを用いたスペクトラム拡散によるスイッチング電源のEMI低減化
   電子情報通信学会 環境電磁工学研究会 (EMCJ),  沖縄 (2015年1月23日)

 [8] 鈴木研人、高井伸和、根岸孝行、加藤雅人、関洋明、菅原誉士紀、小林春夫
    「分散遺伝的アルゴリズムとHSPICEの最適化機能を組み合わせたコンパレータの自動合成」
   電子情報通信学会 アナログRF研究会、東京 (2015年3月2日)

  [9] 菅原誉士紀, 高井伸和, 根岸孝之, 加藤雅人, 関洋明, 小林春夫
    「分散遺伝的アルゴリズムによる素子値広がりを抑えたRCポリフェーズフィルタの自動設計」
    電子情報通信学会 アナログRF研究会、東京 (2015年3月2日)

 [10] 築地伸和, 青木 均, 香積正基, 戸塚拓也, 東野将史, 小林春夫
    「90nm NMOSFETにおける,経時・温度劣化特性シミュレーション用HCIゲートリーク電流モデルの研究
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-048 横須賀 (2015年7月2日)

 [11] 東野将史, 青木 均, 築地伸和, 新井薫子, 轟俊一郎, 香積正基, 戸塚拓也, 小林春夫
     「HCIによるLDMOSの信頼性シミュレーションに使用する最大電界モデルの研究
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-049 横須賀 (2015年7月2日)

  [12] 菅原誉士紀, 高井伸和, 加藤雅人, 関 洋明, 鈴木研人, 小林春夫
    「分散型遺伝的アルゴリズムによる抵抗両終端形RCポリフェーズフィルタの自動設計」
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-050 横須賀 (2015年7月2日)

  [13] 鈴木研人,高井伸和, 小林春夫, 加藤雅人, 関 洋明, 菅原誉士紀
     「適応度駆動型による素子値最適化を用いたコンパレータの高速自動設計法の提案」
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-051 横須賀 (2015年7月2日)

  [14] 荒船拓也,澁谷将平,小林佑太朗,小林春夫
     「フィボナッチ数列重み付けSAR ADC のためのDACの検討
     電気学会 電子回路研究会 ECT-15-061 横須賀 (2015年7月3日)

  [15] 東野将史,シャイフルモーヤー、小林春夫
    「ユナリ型DA変喚器線形性向上のための電流源並び替え魔方陣アルゴリズム
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-062 横須賀 (2015年7月3日)

  [16]李 从兵,小林春夫
    「符号理論アプローチを用いた時間デジタル変換回路アーキテクチャ
    電気学会 電子回路研究会 ECT-15-064 横須賀 (2015年7月3日)

 [17] 澁谷将平、荒船拓也、小林佑太朗、小林春夫 
    「黄金比重み付けDA変換器の検討
     電子情報通信学会  第40回アナログRF研究会 東京工業大学 大岡山(2015年6月25日)

 [18] (招待講演)青木均、 戸塚拓也、 香積正基、新井薫子、 轟俊一郎、 小林春夫、
    「インターフェーストラップと移動度変動による,nチャネルMOSFETの1/fノイズプロセスばらつきモデリング
    電子情報通信学会 第28回 回路とシステムワークショップ、淡路島(2015年8月3日, 4日)

 [19] 神山 雅貴 本島大地、河内 智
    「携帯端末用包絡線追跡電源の研究」
     第60回システムLSI合同ゼミ、中央大学 (2015年6月27日)

 [20] 小林佑太朗
    「フィボナッチ数列を用いたADC/DACの冗長設計検討」
     第60回システムLSI合同ゼミ、中央大学 (2015年6月27日)

 [21] 平野繭、小林春夫
    「永田穣電流ミラーの改良」
    電気学会 第6回学生研究発表会、早稲田大学 (2015年8月31日)

 [22] 関山 燎、大澤優介、小林春夫
    「2次デルタシグマ変調器を用いた時間デジタイザ回路での位相ノイズ測定に関する研究」
    電気学会 第6回学生研究発表会、早稲田大学 (2015年8月31日)

 [23] 田村善郎、大澤優介、小林春夫
    「高速インターフェース受信回路ジッタ耐性試験容易化技術に関する研究」
    電気学会 第6回学生研究発表会、早稲田大学 (2015年8月31日)

 [24] 小島潤也、新井薫子、小林春夫
    「ΔΣDA変調器のデジタルディザ信号による性能改善 」
    電気学会 第6回学生研究発表会、早稲田大学 (2015年8月31日)

 [25] 栗原圭汰、新井美保、上森将文、小林春夫
    「広帯域高精度サンプリング技術」  
    電気学会 第6回学生研究発表会、早稲田大学 (2015年8月31日)

 [26] 佐々木秀、小林春夫
    「2乗則を用いたデジタル乗算器アルゴリズムの検討
    第38回多値論理フォーラム、北海道大学 (2015年9月12, 13日)

 [27] 松田 順一, 神山雅貴, 築地伸和, 小林春夫,
    「高信頼性Nch-LDMOSの提案
    電気学会 パワーデバイス・パワーエレクトロニクスとその実装技術、長崎 (2015年10月29日)

 [28] 荒船拓也、小堀康功、小林春夫、
    「パルスコーディングを用いたスイッチング電源における選択的ノッチ周波数発生方式
    電子情報通信学会 環境電磁工学研究会(EMCJ), 鎌倉 (2015年11月13日)

 [29] 李 从兵、
    「符号理論アプローチを用いた時間デジタル変換回路アーキテクチャ」
     第61回システムLSI合同ゼミ、東工大 大岡山キャンパス (2015年10月17日)

 [30] 平野繭
    「アナログ集積回路内基準電流源生成のための永田穣電流ミラー回路の改良
     第61回システムLSI合同ゼミ、東工大 大岡山キャンパス (2015年10月17日)

 [31] 栗原圭汰、小林謙介、新井美保、上森将文、小林春夫
    「サンプルホールド回路の統一理論の検討
    電気学会 電子回路研究会 東工大 大岡山キャンパス (2015年12月21日)

 [32] 小島潤也、新井薫子、小林春夫
     「ΔΣ DA変調器のデジタルディザ信号による性能改善の検討
    電気学会 電子回路研究会 東工大 大岡山キャンパス (2015年12月21日)
 
 [33] 平野繭、小林春夫
     「基準電流源生成のための永田穣電流ミラー回路の改良
     電気学会 電子回路研究会 東工大 大岡山キャンパス (2015年12月21日)


    第5回電気学会東京支部栃木・群馬支所合同研究発表会

   日時  2015年3月2日(月)3月3日(火)9時~15時
   会場  宇都宮大学 工学部2号館(総合研究棟)
       http://ieej.el.gunma-u.ac.jp/announces/program http://ieej.el.gunma-u.ac.jp/

 [1] ETT-15-1, ETG-15-1 「バーニアの原理を用いた逐次比較型タイムデジタイザ回路の設計と高性能化
   姜日晨, 小林春夫(群馬大学)

  [2] ETT-15-3, ETG-15-3 「LDMOSの経時・温度劣化特性解析とモデル化に関する研究
    築地伸和, 青木均, 新井薫子, 轟俊一郎, 香積正基, 戸塚拓也, 東野将史, 小林春夫(群馬大学)

  [3] ETT-15-6, ETG-15-6 「NチャネルMOSFETのノイズ発生理論に基づくゲート電圧依存1/fノイズばらつきモデルの検討
    新井薫子, 青木均, 安部文隆, 轟俊一郎, 香積 正基, 戸塚拓也, 東野将史, 小林春夫(群馬大学)

  [4] ETT-15-8, ETG-15-8 「ΔΣDA変調器のデジタルディザ信号による性能改善の検討
    新井薫子, 小林春夫(群馬大学)

  [5] ETT-15-25, ETG-15-25 「VCOにおける位相雑音信頼性シュミレーションについての研究
    轟俊一郎, 青木均, 安部文隆, 新井薫子, Khatami Ramin, 香積正基, 戸塚拓也, 小林春夫(群馬大学)

  [6] ETT-15-26, ETG-15-26 「90nm n-channel MOSFETのHot Electron Stress による経時劣化特性モデル化に関する研究
    戸塚拓也, 青木均, 新井 薫子, 轟 俊一郎, 香積 正基, 東野将史, 小林 春夫(群馬大学)

  [7] ETT-15-27, ETG-15-27 「複素ΔΣ変調器による高周波信号生成方式の検討
    村上正紘, 小林春夫(群馬大学)

  [8] ETT-15-28, ETG-15-28 「高速入出力インターフェース受信回路のジッタ耐性試験用ジッタ発生回路の検討
    大澤優介, 小林春夫(群馬大学)

  [9] ETT-15-30, ETG-15-30 「Spread Spectrum Clock Generator with Adaptive Band Exclusion
     Ramin Khatami, Fatemeh Hasssani, 荒船拓也, 小堀康功, 小林春夫(群馬大学)

 [10] ETT-15-31, ETG-15-31 「排他的制御方式単インダクタ4出力降圧形DC-DC電源
    小堀 康功, 熊倉 大地(小山高専), 築地 伸和, 呉 シュウ, シャイフル ニザム, 高井 伸和, 小林 春夫(群馬大学)

 [11] ETT-15-40, ETG-15-40 「逐次比較近似型時間デジタル変換器回路の設計
    楊明聡, 小林春夫(群馬大学)

  [12] ETT-15-51, ETG-15-51 「リプルレギュレータ制御方式による単インダクタ2出力DC-DC電源
     立川 将大, 小堀 康功(小山高専), 田中 駿祐, 築地 伸和, 高井 伸和, 小林 春夫(群馬大学)

  [13] ETT-15-52, ETG-15-52 「高効率ZVS-PWM制御単インダクタ2出力昇圧型電源」
    須永祥希, 小堀康功, 築地伸和, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)

  [14] ETT-15-64, ETG-15-64 「セグメント型DA変換器の完全魔方陣レイアウト技術による線形性向上
     東野将史, 小林春夫(群馬大学)

  [15] ETT-15-65, ETG-15-65 「AWGを用いた低歪高周波信号生成アルゴリズム
     澁谷将平, 小林佑太朗, 安部文隆, 小林春夫(群馬大学)

  [16] ETT-15-68, ETG-15-68 「ΔΣ変調を用いた電源クロック周波数拡散技術の研究
     荒船拓也, Ramin Khatami, 小堀康功, 小林春夫(群馬大学)

  [17] ETT-15-69, ETG-15-69 「短時間スペクトラム解析の計算アーキテクチャの検討
     佐々木秀, 小林春夫(群馬大学)


<その他>

 [1] 小林佑太朗, 小林春夫
   「整数論を用いた高速・高信頼性逐次比較近似AD変換アルゴリズム設計
    STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2015年1月30日)(最優秀学生ポスター発表 受賞)

 [2] 轟俊一郎、青木均、小林春夫
     「VCOにおける位相雑音信頼性シミュレーションの為のNMOSFET1/fノイズばらつき/劣化モデルの開発
     STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2015年1月30日)

 [3]  講演 財津俊行、樋口幸治、岩谷一生、 監修 小林春夫
    「デジタルアシストアナログ技術(2) ~デジタル制御電源の基礎から応用、最新技術動向について~」
    STARCアドバンストセミナー、川崎 (2015年3月27日)

 [4] ITCアジア委員会(委員長 若菜伸一)「International Test Conference 2014 報告」
    電子情報通信学会 ディペンダブル・コンピューティング(DC) 研究会、東京 (2015年2月13日) (特別講演)

 [5] 「生体・脳科学と情報通信科学技術の融合に関する研究 ― 階層的脳科学研究原理に基づくシナプスインフォマティクス研究支援 ―」
   群馬大学 医理工生命医科学融合医療イノベーションプロジェクト(2015年3月)

 [6] 小林春夫
    「H26年度 群馬大学アナログ集積回路研究会 活動報告」
   群馬大学 産学連携・共同研究イノベーションセンター Center News 2015 年度版

 [7] 小林春夫
   「群馬大学大学院理工学府 電子情報部門 電気電子工学分野」
    4u (4 universities for you、フォーユー) 首都圏北部4大学研究室紹介 (2015年)


 [8] 小林春夫 
   「フィボナッチ数列のAD変換器設計への応用」
   群馬県和算研究会 平成27年度第4回例会 (2015年11月1日)

 [9] 澁谷将平、小林佑太朗、荒船拓也、小林春夫、
   ”黄金比重み付けDA変換器の構成”, STARC フォーラム2015 学生ポスターセッション No.8, 新横浜 (2015年11月27日)

 [10] 平野繭、小林春夫、
    ”基準電流源生成用永田穣電流ミラーの改良”,
    STARC フォーラム2015 学生ポスターセッション No.9, 新横浜 (2015年11月27日)

 [11] 青木均
    「(1) RF半導体デバイスのモデリング入門、(2) モデリングに関する想い出、 (3) パラメータ抽出の現場から 」
     RFワールド、No.32、CQ出版 (2015年10月28日)

 [12] 小林春夫,
    「寄附講座:ルネサステクノロジ先端アナログ回路工学講座」「群馬大学アナログ集積回路研究会
    群馬大学理工学部100年史 (2015年)



2014年
<論文>

 [1] Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Masato Sakurai, Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi,
    "Analysis on a Cascaded Structure in Open-Loop Time Amplifier for High-Speed Operation,"
    Key Engineering Materials, vol.596, pp.171-175 (2014).  

 [2] Kiichi Niitsu, Kazunori Sakuma, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi,
    "Design Methodology and Jitter Analysis of a Delay Line for High-Accuracy On-Chip Jitter Measurements,"
    Key Engineering Materials. vol.596, pp.176-180 (2014).  

 [3] Yohei Tan, Daiki Oki, Yu Liu, Yukiko Arai,  Zachary Nosker, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Tatsuji Matsuura Zhixiang Yang, Atsuhiro Katayama,
    Li Quan, Ensi Li, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai,
    “Self-Calibration Technique of Pipeline ADC Using Cyclic Configuration,”
     Key Engineering Materials. vol.596, pp.181-186 (2014).

 [4] Naoki Arai, Nobukazu Takai, Biswas Sumit Kumar, Haruo Kobayashi,
   “Design of Analog Filter Using Genetic Algorithm,”
   Key Engineering Materials. vol.596, pp.187-194 (2014).

 [5] Nobukazu Takai, Ken Murakami, and Haruo Kobayashi,  
   “Low Voltage and High oscillation Frequency Gated Ring Oscillator using Bootstrap Technique,”
   Key Engineering Materials. vol.596, pp.195-198 (2014).

 [6] Haruo Kobayashi, Hitoshi Aoki, Kentaroh Katoh and Congbing Li
    “Analog/Mixed-Signal Circuit Design in Nano CMOS Era”,
    IEICE Electronics Express, vol.11 no.3, pp.1-15 (2014)  (Review Paper)

 [7] Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi,
   “A Low-Offset Cascaded Time Amplifier with Reconfigurable Inter-Stage Connection,”
    IEICE Electronics Express, vol.11, no.10, pp.1-12 (2014)

 [8] Kentaroh Katoh, Yutaro Kobayashi , Takeshi Chujyo , Junshan Wang, Ensi Li, Congbing Li, Haruo Kobayashi,
   “A Small Chip Area Stochastic Calibration for TDC Using Ring Oscillator”,
    Journal of Electronic Testing: Theory and Applications, vol.30, issue 6, pp.653-663, Springer (Dec. 2014).

<著書>

 [1] 浅田邦博、パワーデバイス・イネーブリング協会(監修)、畠山一実、志水勲、小林春夫(分担執筆)
    「はかるxわかる半導体 半導体テスト技術者検定 3級 問題集」、
    日経BPコンサルテング(2014年12月)

<国際学会>

 [1] H. Aoki, H. Kobayashi,
    “Self-heat Modeling of Multi-finger n-MOSFETs for RF-CMOS Applications”,
    IEEE Radio Frequency Integrated Circuits Symposium, Tampa Bay, Florida (June 2, 2014).

 [2] Yasunori Kobori, Murong Li, Feng Zhao, Shu Wu, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
    “Single-Inductor Multi-Output Buck Converter with Four-level Output Voltages”,
     ICPET 2014: International Conference on Power Engineering and Technology, Toronto, Canada (Jun 16-17, 2014).

 [3] Y. Kobori, L. Quan, S. Wu, S. N. Mohyar, Z. Nosker, N. Tsukiji, N. Takai and H. Kobayashi,
   “Electrolytic Capacitor-less Transformer-less AC-DC LED Driver with Current Ripple Canceller”,
   ICPESE 2014: International Conference on Power and Energy Systems
   Engineering, Paris, France (Aug 28-29, 2014)

 [4] Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Kentaroh Kentaroh, Congbing Li , Yutaro Kobayashi, Junshan Wang, Koshi Sato, Haruo Kobayashi
    “Experimental Verification of Timing Measurement Circuit With Self-Calibration”,
     IEEE International Mixed-Signals, Sensors and Systems Test Workshop (IMS3TW'14),
    Porto Alegre, Brazil (Sept. 17-19, 2014). IEEE Xplore

 [5] Yusuke Osawa, Daiki Hirabayashi, Naohiro Harigai , Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu, Osamu Kobayashi
   “Phase Noise Measurement Techniques Using Delta-Sigma TDC”,
    IEEE International Mixed-Signals, Sensors and Systems Test Workshop (IMS3TW'14),
    Porto Alegre, Brazil (Sept. 17-19, 2014).IEEE Xplore

 [6] Yukiko Arai, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Shunichiro Todoroki, Ramin Khatami, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Taifeng Wang, Haruo Kobayashi,
    “Gate Voltage Dependent 1/f Noise Variance Model in n-Channel MOSFETs,”
    International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2014) , Poster Session, Tsukuba (Sept. 8-11, 2014)Extended Abstracts

 [7] Fumitaka Abe, Yutaro Kobayashi, Kenji Sawada, Keisuke Kato, Osamu Kobayashi, Haruo Kobayashi,
    “Low-Distortion Signal Generation for ADC Testing,”
    IEEE International Test Conference, Seattle, WA (Oct. 2014).

 [8] Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Masanobu Tsuji, Koshi Sato,Haruo Kobayashi,
   “Multi-bit Delta-Sigma TDC BOST for Timing Test”,
    IEEE International Test Conference, Poster Session, Seattle, WA (Oct. 2014).

 [9] PANEL "Trends in mixed-signal test cost in current and future ICs”,
    Organizer: Andre Ivanov (UBC, CA)
   Panelists: Haruo Kobayashi (Gunma University, JP), Oren Eliezer (CTO EverSet Technologies, US) , Michel Renovell (LIRMM, FR),
          Eric Lee (HTMicron, BR), Alfredo Olmos (CEITEC, BR),
   IEEE International Mixed-Signals, Sensors and Systems Test Workshop (IMS3TW'14),
    Porto Alegre, Brazil (Sept. 17-19, 2014).

 [10]Congbing Li, Kentaroh Katoh, Haruo Kobayashi, Junshan Wang, Shu Wu, Shaiful Nizam Mohyar,
    “Time-to-Digital Converter Architecture with Residue Arithmetic and its FPGA Implementation”,
    11th International SoC Design Conference, Jeju, Korea (Nov. 2-6, 2014).IEEE Xplore

 [11] Shu Wu, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi
    “Dynamic Performance Improvement of DC-DC Buck Converter by Slope Adjustable Triangular Wave Generator”,
   11th International SoC Design Conference, Jeju, Korea (Nov. 2-6, 2014).IEEE Xplore

 [12] Shaiful Nizam Mohyar, Haruo Kobayashi,
    “Digital Calibration Algorithm for Half-Unary Current-Steering DAC for Linearity Improvement”,
    11th International SoC Design Conference, Jeju, Korea (Nov. 2-6, 2014).IEEE Xplore

 [13] Takuya Totsuka, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Ramin Khatami, Yukiko Arai, Shunichiro Todoroki, Masaki Kazumi, Haruo Kobayashi,
    “BSIM4 Modeling of 90nm n-MOSFET Characteristics Degradation Due to Hot Electron”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

  [14]Masaki Kazumi, Hitoshi Aoki, Yukiko Arai, Ramin Khatami, Shunichiro Todoroki, Takuya Totsuka, Fumitaka Abe, Haruo Kobayashi,
    “Study of High Precision IGBT Macro-Model Considering Temperature Dependency”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [15]Junshan Wang, Kentaroh Katoh, Congbing Li, Ensi Li, Yutaro Kobayashi, Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Haruo Kobayashi,
    “Digital FPGA Implementation of TDC With Self-Calibration”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [16]Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Kentaroh Katoh, Congbing Li, Yutaro Kobayashi, Junshan Wang, Koshi Sato, Haruo Kobayashi,
     “FPGA Evaluation of Flash-type TDC With Histogram Method Self-Calibration”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [17] Yutaro Kobayashi, Haruo Kobayashi,
    “SAR ADC Algorithm with Redundancy Based on Fibonacci Sequence”,
     The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
     VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014) report

  [18] Masataka Kamiyama, Oki Daiki, Kawauchi Satoru, Banba Seiichi, Takahashi Nobuo, Dan Toru, Congbing Li, Haruo Kobayashi,
    “Multi-Band CMOS Low Noise Amplifiers Utilizing Transformers”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [19] Chuan Gao, Guanglei Jin, Richen Jiang, Murong Li, Yasunori Kobori, Masashi Ochiai, Shinji Aso, Haruo Kobayashi,
    “Efficiency Improvement for Switching Power Supply at Light Load Using DSP Control”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [20] Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
    “Single-Inductor-Dual-Output DC-DC Converter Design with ZVS-PWM Control”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
     VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

  [21] Rui Wang,Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi, Shunsuke Tanaka, Kotaro Kaneya, Shu Wu, Shaiful Nizam Mohyar,
    “Single Inductor Dual Output Buck Convertor with Rippled-Based Serial Control”,
     The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
      VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

  [22] Naoya Shiraishi, Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, Nobukazu Tsukiji, Kotaro Kaneya, Shunsuke Tanaka, Haruo Kobayashi,
    “SIDO Converter with Variable Control Time Duty”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

  [23] Hiroaki Seki, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi, Takayuki Negishi, Masato, Kato Yoshiki Sugawara, Kento Suzuki,
    “Automatic Design of Complex Filter Using Genetic Algorithm”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
    VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)

 [24] Masato Kato, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi, Takayuki Negishi, Hiroaki Seki, Yoshiki Sugawara, Kento Suzuki,
    “Automatic Synthesis of Comparator Circuits by Using Combination of Circuit Blocks”,
    The 3rd Solid State Systems Symposium-VLSIs and Semiconductor Related Technologies & The 17th International Conference on Analog
     VLSI Circuits, Ho Chi Minh City, Vietnam (Oct. 22-24, 2014)


<国内学会発表>

 1st International Symposium of Gunma University Medical Innovation and 6th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering,
    Dec. 5, 2014 Kiryu City Performing Art Center
       http://hrcc.opric.gunma-u.ac.jp/AMDE/

  Poster Session

 [1] P023
   Single-Inductor Dual-Output DC-DC Buck Converter Design With ZVS-PWM Control
   Nobukazu Tsukiji, Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [2] P083
   Slope Adjustable Triangular Wave Generator Design for Improving Dynamic Performance of Buck Converter
   Shu Wu, Yasunori Kobori, Nobukazu Tsukiji, Nobukazu Takai and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [3] P084
   Pure Sine Signal Generation With Arbitrary Waveform Generator
   Fumitaka Abe, Shohei Shibuya, Yutaro Kobayashi, Shu Sasaki, Masashi Higashino, Takuya Arafune, Osamu Kobayashi and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center, Japan

 [4] P085
   Linearity Improvement Algorithm for Current Steering DAC Based on 3-Stage Sorting of Half-Unary Current Sources
   Shaiful Nizam Mohyar and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [5] P086
   Segmented DAC Linearity Improvement With Layout Technique Using Magic Square
   Masashi Higashino and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [6] P087
   Reliability Modeling on 90 nm n-channel MOSFETs with BSIM4 Dedicated to HCI Mechanisms
   Takuya Totsuka, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Khatami Ramin, Yukiko Arai,Shunichiro Todoroki, Masaki Kazumi, Wang Taifeng and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [7] P088
   Single Inductor Dual Output Buck Converter with Rippled-Based Serial Control
   Rui Wang, Shunsuke Tanaka, Yasunori Kobori, Kotaro Kaneya, Shu Wu, Shaiful Nizam Mohyar, Nobukazu Tukiji, Nobukazu Takai and
    Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [8] P089
   Efficiency Improvement for Server Power Supply at Light Load Using DSP Control
   Chuan Gao, Guanglei Jin, Richen Jiang, Murong Li, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Masashi Ochiai and Shinji Aso Gunma University,
   Sanken Electric Co., Ltd., Japan

 [9] P090
   Automatic Synthesis of Comparator Circuit Using Circuit blocks and SPICE Optimizing Function
   Masato Kato, Nobukazu Takai, Takayuki Negishi, Hiroaki Seki and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [10] P091
    Digital FPGA Implementation of TDC With Self -Calibration
    Junshan Wang, Kentaroh Katoh, Congbing Li, Ensi Li, Yutaro Kobayashi, Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi and Haruo Kobayashi Gunma University,Tsuruoka National College of Technology, Japan

 [11] P092
    FPGA Evaluation of Flash-type TDC With Histogram Method Self-Calibration
    Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Haruo Kobayashi, Kentaroh Katoh and Koshi Sato Gunma University, Tsuruoka National College of Technology,
     Hikari Science, Japan

 [12] P093
    Phase Noise Measurement Technique Using Delta-Sigma TDC Without Reference Clock
    Yusuke Osawa, Daiki Hirabayashi, Naohiro Harigai, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, and Kiichi Niitsu Gunma University,
    Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Nagoya University, Japan

 [13] P094
    Research on Precision IGBT Macro-Model Considering Operation Temperature
    Masaki Kazumi, Hitoshi Aoki, Yukiko Arai, Shunichiro Todoroki, Ramin Khatami, Takuya Totsuka, Fumitaka Abe and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [14] P095
    Redundant SAR ADC Algorithm Based on Fibonacci Sequence
    Yutaro Kobayashi and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [15] P096
    Research on Gate Voltage Dependent 1/f Noise Variance Modeling for n-Channel MOSFETs
    Yukiko Arai, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Shunichiro Todoroki, Ramin Khatami, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, Taifeng Wang and Haruo Kobayashi
     Gunma University, Japan

 [16] P097
    Triple-Band CMOS Low Noise Amplifier Design Utilizing Transformers
    Masataka Kamiyama, Daiki Oki, Satoru Kawauchi, Congbing Li, Nobuo Takahashi, Seiichi Banba, Toru Dan and Haruo Kobayashi Gunma University,
     Toyohashi University of Technology, ON Semiconductor, Japan

 [17] P098
    Component Mismatch Analysis of RC Polyphase Filters
    Shu Sasaki and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [18] P099
    Analog FPGA Implementation of Multi-bit Delta-Sigma TDC
    Takuya Arafune, Takeshi Chujo, Daiki Hirabayashi, Masanobu Tsuji, Koshi Sato and Haruo Kobayashi Gunma University, Hikari Science,
    Semiconductor Technology Academic Research Center, Japan

 [19] P100
    SAR Time-to-Digital Converter Design for Timing Measurement
    MingCong Yang and Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [20] P101
    Phase Noise Performance Analysis of VCO Circuits
    Shunichiro Todoroki, Hitoshi Aoki, Fumitaka Abe, Khatami Ramin, Yukiko Arai, Masaki Kazumi, Takuya Totsuka, and Haruo Kobayashi
     Gunma University, Japan

 [21] P102
    SIDO converter with variable control time ratio
    Naoya Shiraishi, Yasunori Kobori, Nobukazu Takai, Nobukazu Tsukiji, Kotaro Kaneya, Shunsuke Tanaka and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan

 [22] P103
    Design of Complex Filter Using Genetic Algorithm
    Hiroaki Seki, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi, Takayuki Negishi, Masato Kato, Yoshiki Sugawara and Kento Suzuki Gunma University, Japan


 [1] 加藤健太郎, 李从兵, 李恩思, 王俊善, 小林佑太朗, 小林春夫
    「時間ディジタイザのストカスティックキャリブレーションのシミュレーション解析」
    電気学会 電子回路研究会 ECT-14-005 金沢 (2014年1月23日)

  [2] 中條剛志, 平林大樹, 加藤健太郎, 李从兵 ,李恩思, 小林佑太朗, 王俊善, 佐藤幸志, 小林春夫
    「フラッシュ型タイムデジタイザ回路のヒストグラム法による自己校正の実験検証
    電気学会 電子回路研究会 ECT-14-006  金沢 (2014年1月23日)電気学会 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 受賞

 [3] 轟俊一郎, 安部文隆, ハタミラミン, 新井薫子, 香積正基, 戸塚拓也, 青木均, 小林春夫
    「nチャネルMOSFETのゲート電圧による1/fノイズばらつきモデルの検討
   電気学会 電子回路研究会 ECT-14-010 金沢 (2014年1月23日)
 
 [4] 安部文隆, 澤田健士, 小林春夫, 小林修、
    「任意波形発生器を用いた低歪み信号発生技術の実用化検討
   電気学会 電子回路研究会  ECT-14-032 金沢 (2014年1月24日)電気学会 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 受賞

 [5] ハタミラミン,小林春夫,小堀康功,
    「デルタシグマ型デジタル時間変換回路と帯域選択スペクトラム拡散クロック生成への応用」
    電気学会 電子回路研究会  ECT-14-047 横浜 (2014年3月7日)

 [6] ジン光磊
   「DSP用いたスイッチング電源回路軽負荷場合の効率向上手法の検討」
   第56回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2014年1月18日)

 [7] 神山雅貴
   「デュアルバンド、トリプルバンド低雑音増幅器設計の検討」
   第56回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学(2014年1月18日)

 [8] 小林春夫
   「電子回路の基礎と産学連携」 
   応用科学学会 公開技術講演会横浜 (2014年3月6日)
   ※電気回路論とアナロジー(北森俊行先生)応用科学学会誌
   ※無名の偉人伝
名野隆夫氏)日経エレクトロニクス

 [9] ジン光磊、高川、李 慕容、姜日晨 (群馬大学)落合政司,鈴木庸弘,麻生真司(サンケン電気)小堀康功、小林春夫、高井伸和(群馬大学)
   「サーバー用電源回路軽負荷時のDSP用いた効率向上手法の検討」
   第35回 アナログRF研究会、電子情報通信学会、中央大学(2014年3月11日)

 [10] 神山雅貴、興 大樹、河内 智、馬場清一、高橋伸夫(群馬大学)、壇徹、坂田浩司(三洋半導体)、小林春夫、高井伸和 (群馬大学)
   「トランスを用いたデュアル、 トリプルバンド低雑音増幅器の検討」
   第35回 アナログRF研究会、電子情報通信学会、中央大学(2014年3月11日)

 [11] 王俊善、加藤健太郎、李从兵、李恩思、小林佑太朗 、中條剛志、平林大樹、小林春夫
    「タイミング測定用回路のデジタル自己校正とFPGA実現」
   第71回 FTC研究会、東京 (2014年7月17日(木)-19日(土)

  [12]  李 从兵、加藤健太郎、王俊善、小林春夫
   「剰余系を用いたタイミング測定用回路の検討」
    第71回 FTC研究会、東京 (2014年7月17日(木)-19日(土)「中国人の剰余定理のルーツを調べる

  [13] 小林佑太朗、小林春夫 
   「逐次比較近似ADCの整数論に基づく冗長アルゴリズム設計
   電気学会 電子回路研究会 島根 (2014年7月3日、4日)電気学会 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 受賞 (整数論)

  [14] 大澤 優介、 平林 大樹、針谷 尚裕、 小林 春夫、 新津 葵一、 小林 修
    「デルタシグマTDCを用いた位相ノイズ測定
   電気学会 電子回路研究会 島根 (2014年7月3日、4日)

  [15] 戸塚 拓也、 青木 均、 安部 文隆、 Khatami Ramin、 新井 薫子、 轟 俊一郎、香積 正基、 王 太峰、 小林 春夫
   「BSIM4による90nm n-channel MOSFETの Hot Electronの劣化特性モデル化に関する研究
    電気学会 電子回路研究会 島根 (2014年7月3日、4日)

  [16] 呉ジュ、小堀康功、小林春夫
   「三角波の自動調整によるDC-DC変換回路の過渡応答改善の検討」
   電子情報通信学会 電子通信エネルギー技術研究会 広島工業大学 (2014年7月10日(木)-7月11日(金))

 [17] 小堀康功, 朱秋霖, 田中駿祐, 呉ジュ、築地伸和、シャイフル ニザム、高井伸和、小林春夫
   「リプルレギュレータ方式による単インダクタ2出力DC-DC電源」
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、北海道大学 (2014年7月9日ー11日)

 [18] 内藤直也、小堀康功, 築地伸和、小林春夫
    「DC-DCスイッチング電源におけるソフトスイッチング及び低コスト技術の研究」
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、北海道大学 (2014年7月9日ー11日)

 [19] 白石尚也, 小堀康功, 築地伸和, 金谷浩太郎, 田中駿祐, 小林春夫, 高井伸和
    「適応PWM方式SIDO電源回路の検討」
    第27回 回路とシステムワークショップ、電子情報通信学会、淡路島 (2014年8月)

 [20] Shaiful Nizam Mohyar
   「デジタル信号処理によるデジタルアナログ変換器の線形性向上技術」
    第57回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学(大岡山) (2014年6月28日)

 [21] Shaiful Nizam Bin Mohyar, Haruo Kobayashi,
    “New digital algorithm for current-steering DAC SFDR Improvement,”
    第36回アナログRF研究会、屋久島 (2014年7月16-18日)

 [22] 中條剛志、平林大樹、荒船拓也、佐藤幸志、小林 春夫
    ”マルチビットデルタシグマ型タイムデジタイザ回路のFPGA実現・測定検証”,
    電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

  [23] 東野将史、小林 春夫
    ”セグメント型DA変換器の魔方陣レイアウト技術による線形性向上”,
    電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [24] 香積 正基、青木 均、新井 薫子、Khatami Ramin、 轟 俊一郎、戸塚 拓也、 安部 文隆、小林 春夫
    ”IGBTの静特性における複数のプロセス・デバイス特性を考慮した高精度マクロモデルの研究
    電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [25] Shaiful Nizam Bin Mohyar, Haruo Kobayashi,
    ”電流源3段階並び替えによる電流型DA変換器の線形性向上
     電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [26] 村上 正紘、小林 春夫
    「複素マルチバンドパスDWAアルゴリズムの効果検討」
    電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [27] 小堀 康功、内藤直也、 築地伸和、呉ジュ、シャイフル ニザム モーヤ、高井伸和、小林春夫、
     「ZVS-PWM方式ソフトスイッチングによる単インダクタ2出力電源
     電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [28] 金谷浩太郎,田中駿祐,白石尚也,須永祥希,築地伸和,小堀康功,高井伸和,小林春夫
    「疑似アナログ信号を適用した PLL 回路と DC-DC コンバータのスイッチング EMI 低減化」
     電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

  [29] 田中駿祐,金谷浩太郎,白石尚也,本島大地,須永祥希,築地伸和,小堀康功,小林春夫,高井伸和
     「リップルレギュレータ方式を用いた単一インダクタ2出力DCーDC電源」
     電気学会 電子回路研究会、秋田(2014年10月9日、10日)

 [30] 松田順一、小林春夫 
    「DC-DCコンバータにおける回路の平均化および平均化されたスイッチモデル
    第57回 自動制御連合講演会、オーガナイズドセッション「アナログ電子回路・電源回路と制御工学」、 伊香保 (2014年11月10日)

 [31] 築地伸和、小林春夫 
    「非絶縁型降圧DC/DCコンバータの制御システム設計
    第57回 自動制御連合講演会、オーガナイズドセッション「アナログ電子回路・電源回路と制御工学」、 伊香保 (2014年11月10日)

 [32] 呉ジュ、小堀康功、小林春夫 
   「降圧型DC-DC変換器での三角波傾き変調を用いた電圧モード制御」
    第57回 自動制御連合講演会、オーガナイズドセッション「アナログ電子回路・電源回路と制御工学」、 伊香保 (2014年11月10日)

 [33] 小林春夫 
   「デルタシグマ変調技術を用いた時間ディジタル変換回路 - 時間領域アナログ回路のキーコンポーネント --」 
   電子情報通信学会 集積回路研究 学生・若手研究会、東京 (2014年12月1日)

 [34] Khatami Ramin, 小林春夫、
   「デルタシグマ型ディジタル時間変換回路と 帯域選択スペクトラム拡散クロック生成への応用」
   第58回システムLSI合同ゼミ, 東京農工大学 (2014年10月18日)

 [35] 村上正紘、小林春夫
   「複素マルチバンドパスΔΣDACの線形性向上技術」
   第58回システムLSI合同ゼミ, 東京農工大学 (2014年10月18日)

 [36] 村上正紘、小林春夫
   「複素マルチバンドパスDACの線形性向上アルゴリズム
   電子情報通信学会 第37回アナログRF研究会、京都 (2014年12月3日)


       第4回 電気学会 東京支部 栃木・群馬支所 合同研究発表会
            2014年3月3日(月), 3月4日(火) 群馬大学理工学部(桐生キャンパス)

 [1] ETT-14-1, ETG-14-1 小堀康功*(群馬大学/小山高専), 呉, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
    「ZVS-PWM方式単一インダクタ2出力降圧形電源」

 [2] ETT-14-2, ETG-14-2 堺昂浩*, 小堀康功, 金谷浩太郎, 田中駿祐, 白石尚也, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     「適応PWM方式SIDO電源回路に関する研究」

 [3] ETT-14-3, ETG-14-3 白石尚也*, 堺昂浩, 小堀康功, 金谷浩太郎, 田中駿祐, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「適応PWM方式SIDO電源回路の静特性

 [4] ETT-14-4, ETG-14-4 ジン光磊*, 高川, 李慕容(群馬大学), 落合政司, 麻生真司(サンケン電気), 小堀康功, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     「DSPを用いたスイッチング電源回路軽負荷場合の効率向上手法の検討

 [5] ETT-14-5, ETG-14-5 ShuWu*,Yasunori Kobori, Murong Li, Feng Zhao, Li Quan, Qiulin Zhu, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi(Gunma University)
     “Improving Transient Response of DC-DC Buck Converter

 [6] ETT-14-6, ETG-14-6 小堀康功(群馬大学/小山高専), 李慕容*, 呉, 趙峰, Zachary Nosker, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     「排他的制御を用いた単一インダクタ4出力DC-DCスイッチング電源

 [7] ETT-14-7, ETG-14-7 金谷浩太郎*, 田中駿祐, 白石尚也, 小堀康功, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「疑似アナログ信号を適用したPLL回路とDC-DCコンバータのスイッチングEMI低減化

 [8] ETT-14-22, ETG-14-22 神山雅貴*, 興大樹, 河内智, 馬場清一, 高橋伸夫(群馬大学), 壇徹(三洋半導体), 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     「トランスを用いたマルチバンド低雑音増幅器の検討

 [9] ETT-14-23, ETG-14-23 神山透*, ビスワス・スミット・クマール, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「高周波回路部における経年劣化の影響と特性劣化予報

 [10] ETT-14-24, ETG-14-24 趙峰*, 小堀康功, 高虹, Zachary Nosker, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     “Continuous-Time Delta-Sigma Controller for DC-DC Converter

 [11] ETT-14-25, ETG-14-25 関洋明*, 新井直樹, 根岸孝行, 加藤雅人, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「遺伝的アルゴリズムを用いたポリフェーズフィルタの自動合成」

 [12] ETT-14-26, ETG-14-26 加藤雅人*, 新井直樹, 根岸孝行, 関洋明, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「回路ブロックの組み合わせによるコンパレータ回路の自動合成」

 [13] ETT-14-27, ETG-14-27 李从兵*(群馬大学), 加藤健太郎(鶴岡高専), 小林春夫(群馬大学)
     「剰余系を用いたTDC回路のFPGA実現の検討

 [14] ETT-14-28, ETG-14-28 小林佑太朗*, 小林春夫(群馬大学)
     「黄金分割法を用いたSAR ADC冗長設計

 [15] ETT-14-29, ETG-14-29 片山敦弘*, 小林春夫(群馬大学)
     「多相クロック生成回路の検討」

 [16] ETT-14-53, ETG-14-53 Shaiful Nizam Bin Mohyar*, 小林 春夫(群馬大学)
      DAC Architecture Comparison for SFDR Performance

 [17] ETT-14-56, ETG-14-56 轟俊一郎*, 安部文隆, KhatamiRamin, 新井薫子, 香積 正基, 戸塚拓也, 青木均, 小林 春夫(群馬大学)
     NチャネルMOSFETのゲート電圧による1/fノイズばらつきモデルについての検討

 [18] ETT-14-59, ETG-14-59 権力*, 小堀康功, 趙峰, 李慕容, 呉, 朱秋霖, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
     「電解コンデンサレス・フリッカ補正型AC-DCダイレクトLED駆動回路

 [19] ETT-14-60, ETG-14-60 朱秋霖*, 小堀康功, 呉ジュ, 高井伸和, 小林春夫(群馬大学)
     「電流モード制御電源回路の研究

 [20] ETT-14-61, ETG-14-61 戸塚拓也*, 安部文隆, Khatami Ramin, 新井薫子, 轟俊一郎, 香積正基, 王太峰, 青木均, 小林春夫(群馬大学)
     「BSIM4による90nmn-channel MOSFETのHot Electronの劣化特性モデル化に関する研究

 [21] ETT-14-66, ETG-14-66 香積正基*, 安部文隆, Khatami Ramin, 新井薫子, 轟俊一郎, 戸塚拓也, 青木均, 小林春夫(群馬大学)
     「IGBTの高精度マクロモデルの研究

 [22] ETT-14-76, ETG-14-76 王俊善*(群馬大学), 加藤健太郎(鶴岡工業高等専門学校), 李从兵, 李恩思, 小林佑太朗, 中條剛志, 平林大樹,
     小林春夫(群馬大学)
     「時間ディジタイザ回路の自己校正技術の研究

 [23] ETT-14-77, ETG-14-77 中條剛志*, 平林大樹(群馬大学), 加藤健太郎(鶴岡高等専門学校), 李从兵, 李恩思, 小林佑太朗, 王俊善(群馬大学),
     佐藤幸志(光サイエンス), 小林春夫(群馬大学)
     「フラッシュ型タイムデジタイザ回路の線形性自己校正の実験検証

 [24] ETT-14-78, ETT-14-78 新井薫子*, 劉羽, 小林春夫, 松浦達治(群馬大学), 小林修(STARC), 高井伸和(群馬大学), 新津葵一(名古屋大学)
     「ノイズシェーピングによるサイクリックADCの高性能化

 [25] ETT-14-79, ETG-14-79 安部文隆*, 澤田健士(群馬大学), 小林修(半導体理工学研究センター), 小林春夫(群馬大学)
     「任意波形発生器を用いたA/D変換器の高精度線形性テスト」

 [26] ETT-14-80, ETG-14-80 Ramin Khatami*, 小林春夫, 小堀康功(群馬大学)
     “Band-Select Spread Spectrum Clock Generator”

 [27] ETT-14-81, ETG-14-81 宮﨑雄太*, 大澤優介, 小林春夫(群馬大学), 小林修(半導体理工学研究センター)
     「ΔΣ型時間測定回路の線形性向上技術」

 [28] ETT-14-82, ETG-14-82 楊志翔*, 小林佑太朗, シャイフルニザムビンモーヤ, 小林春夫(群馬大学)
     「フィボナッチ数列を用いたDA変換回路アーキテクチャ


<その他>

 [1] 村上正紘、
   「複素デルタシグマDA変調器によるI, Q 信号発生技術」
    STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2014年1月29日)

 [2] 大澤 優介
    「デルタシグマ型タイムデジタイザ回路による位相ノイズ測定法」
    STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2014年1月29日)

 [3] 大島俊、中谷隆之、小林春夫 
    「デジタルアシストアナログ技術(1)
    STARC アドバンスト講座、川崎(2014年3月24日)


 [6] 小林春夫
    「デルタシグマ型タイムデジタイザ回路のアルゴリズム・回路設計とアナログFPGA実現
   アナログ・ミックスドシグナルにおけるシステム設計セミナー “半導体開発におけるシステム設計の成功の秘訣とは?”
   MathWorks社セミナー、横浜 (2014年6月18日)

 [7] 青木均 
   「Spectreを用いた,経時・発熱による集積回路信頼性モデリングに関する研究紹介
    CDNLive Japan, 横浜(2014年7月18日)

 [8] 小林春夫
   「H25年度 群馬大学アナログ集積回路研究会 活動報告
   群馬大学 産学連携・共同研究イノベーションセンターニュース (2014年6月)


 [9] 小林春夫、畠山一実
   「アナログ回路でのテスト設計、現実にはどうしているのか
    日経テクノロジー online (2014年10月22日)

 [10] 小林春夫
   「あなたのICにトロイの木馬が埋め込まれていませんか、IC開発のセキュリティ確保でチュートリアル
    日経テクノロジー online (2014年10月22日)

 [11] 小林春夫
    「アナログ回路の故障モデルは本当に必要なのか
    日経テクノロジー online (2014年10月23日)

 [12] 畠山一実、 小林春夫
    「A-D変換器の線形性と周波数特性を高速同時するテスト技術、Iowa州立大学が提案
   日経テクノロジー online (2014年10月24日)

 [13] 小林春夫
    「車載IC内に設けたパスコンのオープン故障のテストに挑む、KU LeuvenとON Semiが発表
    日経テクノロジー online (2014年10月27日)

 [14] 小林春夫
    「温故知新:古典数学の掘り起しとAD/DA変換器設計への応用」 第2回アナログ・グルとの集い
     ~日本の電子産業を強くする技術とは~、
     東京コンファレンスセンター・品川 (2014年12月5日)


2013年
<論文>

 [1] Kiichi Niitsu, Masato Sakurai, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Daiki Oki, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "An Analytical Study on Jitter Accumulation in Interleaved Phase Frequency Detectors for High-Accuracy On-Chip Jitter Measurements,"
   Key Engineering Materials, vol.534, pp.197-205 (2013)

 [2] Zachary Nosker,Yasunori Kobori,Haruo Kobayashi,Kiichi Niitsu ,Nobukazu Takai,Takeshi Oomori,Takahiro Odaguchi,Isao Nakanishi,Kenji Nemoto,Jun-ichi Matsuda,
   “A Small, Low Power Boost Regulator Optimized for Energy Harvesting Applications”,
    Analog Integrated Circuits and Signal Processing, Springer Published online: 10, Jan. 2013. Volume 75, Issue 2 pp. 207- 216  (April 2013) .

 [3] Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "A Feed-Forward Time Amplifier Using Phase Detector and Variable Delay Line,"
   IEICE Trans. on Electronics, Special Section on Analog Circuits and Related SoC Integration Technologies,vol.E96-C, no.6, pp.920-922 (June 2013)

 [4] Keisuke Kato, Fumitaka Abe, Kazuyuki Wakabayashi, Chuan Gao, Takafumi Yamada, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Kiichi Niitsu,
   “Two-Tone Signal Generation for ADC Testing,”
   IEICE Trans. on Electronics, Special Section on Analog Circuits and Related SoC Integration Technologies,vol.E96-C, no.6, pp.850-858 (June 2013)

 [5] K. Niitsu, N. Harigai, H. Kobayashi,
   “Design Methodology for Determining the Number of Stages in a Cascaded Time Amplifier to Minimize Area Consumption,”
   IEICE Electronics Express, vol.10. no.11, pp.1-8 (2013)

 [6] Satoshi Uemori, Masamichi Ishii, Haruo Kobayashi, Daiki Hirabayashi, Yuta Arakawa, Yuta Doi, Osamu Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Kiichi Niitsu,
   Yuji Yano, Tatsuhiro Gake, Takahiro J. Yamaguchi, Nobukazu Takai
   “Multi-bit Sigma-Delta TDC Architecture with Improved Linearity,”
   Journal of Electronic Testing : Theory and Applications, Springer, Published online (04 Oct. 2013).Volume 29, Issue 6, pp.879-892 (Dec. 2013)

 

<国際学会>

 [1] Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Daiki Oki, Masato Sakurai, Osamu Kobayashi, Takahiro J. Yamaguchi,  Haruo Kobayashi,
   "Design of a Clock Jitter Reduction Circuit Using Gated Phase Blending Between Self-Delayed Clock Edges,"
   IEEE/ACM Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC 2013), Yokohama (Jan. 2013).

 [2] Yasunori Kobori, Feng Zhao, Quan Li, Murong Li, Shu Wu, Zachary Nosker,Shaiful N. Mohyar, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
    Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi,Kimio Ueda, Jun-ichi Matsuda
   "Single Inductor Dual Output Switching Converter using Exclusive Control Method",
   IEEE International Conference on Power Engineering, Energy and Electrical Devices, Istanbul, Turkey (13-17 May 2013).

 [3] Yasunori Kobori, Shunsuke Tanaka, Tatsunori Nagashima,Takahiro Sakai, Kotaro Kaneya, Shunichiro Todoroki, Zachary Nosker, Nobukazu Takai,
   Haruo Kobayashi,Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi, Kimio Ueda, Jun-Ichi Matsuda
   ”High-Speed Response Single Inductor Multi Output DC-DC Converter with Hysteresis Control,”
    1st Annual International Conference on Power, Energy and Electrical Engineering (PEEE2013)Singapore (26,27 Aug. 2013)

 [4] D. Hirabayashi, Y. Osawa, N. Harigai, H. Kobayashi, O. Kobayashi, K. Niitsu, T. Yamaguchi, N. Takai,
    ”Phase Noise Measurement with Sigma-Delta TDC”,
    IEEE International Test Conference, Poster Session, Poster No. 3, Anaheim, CA (Sept. 11, 2013).
 
 [5] Yuta Arakawa, Yusuke Oosawa, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi,
    “Linearity Improvement Technique of Multi-bit Sigma-Delta TDC for Timing Measurement”,
    IEEE 3rd International Workshop on Test and Validation of High-Speed Analog Circuits, Anaheim, CA (Sept. 12-13, 2013).Preliminary Program

 [6] Kentaroh KATOH, Yuta DOI, Satoshi ITO, Haruo KOBAYASHI, Ensi LI, Nobukazu TAKAI, Osamu KOBAYASHI
    “An Analysis of Stochastic Self-Calibration of TDC Using Two Ring Oscillators”,
    IEEE 22nd Asian Test Symposium, Yilan, Taiwan, (Nov. 18-21, 2013).IEEE Xplore

 [7] Ru YI, Minghui WU, Koji ASAMI, Haruo KOBAYASHI, Ramin KHATAMI, Atsuhiro KATAYAMA, Isao SHIMIZU, Kentaroh KATOH
    “Digital Compensation for Timing Mismatches in Interleaved ADCs”,
    IEEE 22nd Asian Test Symposium, Yilan, Taiwan, (Nov. 18-21, 2013).IEEE Xplore

 [8] Toru Kamiyama, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi and Biswas Sumit Kumar
    ”Current-to-Time Converter Circuit for High Precision System Containing HysteresisCharacteristics”,
    2013 International Conference on Analog VLSI Circuits, Montreal, Canada, (October 16-18, 2013)

 [9] Shu Wu, Yasunori Kobori, Zachary Nosker, Murong Li, Feng Zhao, Li Quan, Qiulin Zhu, Tetsuji Yamaguchi, Eiji Shikata, Tsuyoshi Kaneko,
   Kimio Ueda, Nobukazu Takai and Haruo Kobayashi,
    “Design of a Simple Feed-Forward Controller for DC-DC Buck Converter,
   The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

  [10] Hitoshi Aoki and Haruo Kobayashi,
     “Typical n-MOSFET Modeling using A Skewing Method,”
     The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

 [11] Zachary Nosker, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai, Tetsuji Yamaguchi, Eiji Shikata, Tsuyoshi Kaneko and Kimio Ueda,
    “A Single Supply Bootsrapped Boost Regulator for Energy Harvesting Applications,”
    The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

  [12] Yukiko Arai, Yu Liu, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi, Masanobu Tsuji, Masafumi Watanabe, Ryoji Shiota, Noriaki Dobashi,
     Sadayoshi Umeda, Isao Shimizu, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai and Takahiro Yamaguchi
     “Noise-Shaping Cyclic ADC Architecture,”
    The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

 [13] Satoru Kawauchi, Daiki Oki, Congbing Li, Masataka Kamiyama, Seiichi Banba, Toru Dan, Nobuo Takahashi, Koji Sakata, Haruo Kobayashi and
    Nobukazu Takai
    “A Power-Efficient Noise Canceling Technique Using Signal-Suppression Feed-forward for Wideband LNAs,”
    The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

  [14] Yusuke Osawa, Daiki Hirabayashi, Naohiro Harigai, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Masanobu Tsuji, Sadayoshi Umeda, Ryoji Shiota,
     Noriaki Dobashi, Masafumi Watanabe, Tatsuji Matsuura, Kiichi Niitsu, Takahiro J. Yamaguchi, Nobukazu Takai and Isao Shimizu,
     “Phase Noise Measurement and Testing with Delta-Sigma TDC,”
     The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

 [15] Masahiro Murakami, Shaiful Nizam Mohyar, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi, Masanobu Tsuji, Sadayoshi Umeda, Ryoji Shiota,
     Noriaki Dobashi, Masafumi Watanabe, Isao Shimizu, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai and Takahiro J. Yamaguchi,
     “Study of Complex Multi-Bandpass ΔΣ Modulator for I-Q Signal Generation,”   Q&A
     The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

  [16] Takayuki Negishi, Naoki Arai, Nobukazu Takai, Masato Kato, Hiroaki Seki, Sumit Kumar Biswas and Haruo Kobayashi
     “Automatic Synthesis of Comparator Circuit Using Genetic Algorithm,”    Q&A
    The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

  [17] Ramin Khatami, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Yasunori Kobori, Tetsuji Yamaguchi, Eiji Shikata, Tsuyoshi Kaneko and Kimio Ueda,
     “Delta-Sigma Digital-to-Time Converter and its Application to SSCG,”
    The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

 [18] Shunsuke Tanaka, Tatunori Nagasima, Yasunori Kobori, Kotaro Kaneya, Takashi Okada, Takahiro Sakai, Sumit Kumar Biswas, Nobukazu Takai,
    Haruo Kobayashi, Tetsuji Yamaguchi, Kimio Ueda, Eiji Shikata and Tsuyoshi Kaneko,
     “Single Inductor Multi Output DC-DC Converter Design with Hysteresis Control,”
     The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).

 [19] Shaiful Nizam MOHYAR, Harnani HASSAN†, Masahiro MURAKAMI, Atsushi MOTOZAWA, Haruo KOBAYASHI, Osamu KOBAYASHI,
    Tatsuji MATSUURA, Nobukazu TAKAI, Isao SHIMIZU, Kiichi NIITSU, Masanobu TSUJI, Masafumi WATANABE, Noriaki DOBASHI, Ryoji SHIOTA,
    Sadayoshi UMEDA, Takahiro J. YAMAGUCHI,
    “SFDR Improvement Algorithms for Current-Steering DACs,”
     The 4th IEICE International Conference on Integrated Circuits Design and Verification, Ho Chi Minh City, Vietnam (Nov. 15-16, 2013).


          5th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE2013)Kiryu, Japan (Dec. 19, 2013)


 [1] L09 “A New Self-heat Modeling Approach for LDMOS Devices”
   Hitoshi Aoki and Haruo Kobayashi (Gunma University, Japan)

 [2] P68 Continuous-Time Feed-Forward Delta-Sigma Controller for DC-DC Converter
   Feng Zhao, Hong Gao, Lin Xing, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,Shyunsuke Miwa, Atsushi Motozawa, Zachary Nosker, Nobukazu Takai Gunma University,
   Japan

 [3] P69 Digital Auto-Tuning for Center Frequency and Q-Factor of Analog Band-Pass Filter
    Guanglei Jin, Hao Chen, Chuan Gao, Yunpeng Zhang, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai Gunma University, Japan

 [4] P70 Single-Inductor Dual-Output DC-DC Converter Design with Exclusive Control Design with Exclusive Control
    Yasunori Kobori, Murong Li, Qiulin Zhu, Feng Zhao, Zachary Nosker, Shu Wu, Shaiful N. Mohyar, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai Gunma University,
    Japan

 [5] P71 A Power-Efficient Noise Canceling Technique Using Signal-Suppression Feed-forward for Wideband LNAs
    Daiki Oki, Satoru Kawauchi, Li CongBing, Masataka Kamiyama, Seiichi Banba, Toru Dan, Nobuo Takahashi, Koji Sakata, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai
    Gunma University, Sanyo Semiconductor, Japan

 [6] P72 A Simple Feed-Forward Controller Design for DC-DC Buck Converter
   Shu Wu, Yasunori Kobori, Zachary Nosker, Murong Li, Feng Zhao, Li Quan, Qiulin Zhu, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi Gunma University

 [7] P73 New Digital Algorithm for Current-Steering DAC SFDR Improvement for Communication Application
   S. N. Mohyar, M.Murakami, H.Kobayashi, O.Kobayashi, T.Matsuura, N.Takai, I.Shimizu, M.Tsuji, M.Watanabe, N.Dobashi, R.Shiota, S.Umeda, T.Yamaguchi        Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Japan

 [8] P74 Phase Noise Measurement with Delta-Sigma TDC
   Yusuke Osawa, Daiki Hirabayashi, Naohiro Harigai, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Kiichi Niitsu, Takahiro J. Yamaguchi, Nobukazu Takai Gunma
   University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Nagoya University, Japan

 [9] P75 Study of Complex Multi-Bandpass DWA algorithm for I-Q Signal Generation
    Masahiro Murakami, Shaiful Nizam Mohyar, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi, Masanobu Tsuji, Sadayoshi Umeda, Ryoji Shiota,
   Noriaki Dobashi, Masafumi Watanabe, Isao Shimizu, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi Gunma University, Semiconductor Technology
   Academic Research Center (STARC), Nagoya University, Japan

 [10] P76 Noise-Shaping Cyclic ADC Architecture
    Yukiko Arai, Yu Liu, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi, Masanobu Tsuji, Masafumi Watanabe, Ryoji Shiota, Noriaki Dobashi,
     Sadayoshi Umeda, Isao Shimizu, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi Gunma University, Semiconductor Technology Academic
     Research Center (STARC), Nagoya University, Japan

 [11] P77 ADC/DAC Redundancy Design Using Fibonacci Sequence
    Yutaro Kobayashi, Masaki Kazumi, Yang Zhixiang, Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [12] P78 Implementation of Time-to-Digital Converter with Self-Calibration
     Daiki Hirabayashi, Takeshi Chujo, Haruo Kobayashi, Kentaroh Katoh, Koshi Sato Gunma University, Hikari Science, Japan

 [13] P79 Low Distortion Signal Generation for ADC Linearity Testing
    Fumitaka Abe, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Japan

 [14] P80 Output Impedance Analysis for Multiphase Buck Converters in Mobile Devices
     Zachary Nosker, Haruo Kobayashi and Hidenori Kobayashi Gunma University, Dialog Semiconductor, Japan

 [15] P81 Multi-bit Delta-Sigma TDC for Timing Measurement
    Yuta Arakawa, Yusuke Oosawa, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC),
    Japan

 [16] P82 Delta-Sigma Digital-to-Time Converter For Band-Select Spread Spectrum Clock
    Ramin Khatami, Haruo Kobayashi, Yasunori Kobori Gunma University, Japan

 [17] P83 An Analysis of Stochastic TDC architecture with Self-Calibration
     Kentaroh Katoh, Yuta Doi, Satoshi Ito, Haruo Kobayashi, Ensi Li, Nobukazu Takai and Osamu Kobayashi Tsuruoka National College of Technology,         Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Japan

 [18] P84 A Reduction Technique of Volume of Input Sequences for Time-Multiplexed Delay Measurement Using Embedded Delay Measurement Circuit
     Kentaroh Katoh, Ensi Li, Junshan Wang, Congbing Li and Haruo Kobayashi Tsuruoka National College of Technology, Gunma University, Japan

 [19] P85 An On-Chip Delay Measurement Using Adjacency Testable Scan Design
     Kentaroh Katoh, Ensi Li, Junshan Wang, Congbing Li and Haruo Kobayashi Tsuruoka National College of Technology, Gunma University, Japan

 [20] P86 Automatic Synthesis of Comparator Circuit Using Genetic Algorithm and SPICE Optimizing Function
    Takayuki Negishi, Naoki Arai, Nobukazu Takai, Masato Kato, Hiroaki Seki, Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [21] P87 Bias Temperature Instability Dectection of Integrated Circuit
    Sumit Kumar Biswas, Toru Kamiyama, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [22] P88 Design of Hysteresis Controlled Single-Inductor Multi-Output DC-DC Converter
    Shunsuke Tanaka, Tatsunori Nagashima, Yasunori Kobori, Kotaro Kaneya, Takashi Okada, Takahiro Sakai, Biswas Sumit Kumar, Nobukazu Takai, Haruo
    Kobayashi Gunma University, Japan

 [23] P89 Amplifier Gain Enhancement Utilizing Negative Impedance
     Daichi Motojima, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi Gunma University, Japan

 [24] P102 SIDO DC-DC Buck Converter with Current Mode Control
    Qiulin Zhu, Yasunori Kobori, Shu Wu, Feng Zhao, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai Gunma University, Japan

 [25] P103 Full Digital Compensation of Timing Mismatches in Interleaved ADC
     Minghui Wu, Ru Yi, Koji Asami, Haruo Kobayashi, Atsuhiro Katayama, Kentaroh Katoh Gunma University, Advantest Corporation, Tsuruoka National
    College of Technology, Japan

 [26] P104 DAC Architecuture with Fibonacci Sequence Weighted Current Sources
    Zhixiang Yang, Yutaro Kobayashi, Shaiful Nizam Mohyar, Masaki Kazumi, Haruo Kobayashi Gunma University, Japan


<国内学会発表>

 [1] 河内 智、平林 大樹、荒川 雄太、石 井 正道、上森 聡史、佐藤 幸志、小林 春夫、志水勲、 高井伸和、新津 葵一,
     “デジタル信号タイミング試験用BOST のアナログFPGA実現の検討,”
      第68回FTC 研究会, 秋田 (2013年1月10日-12日)

 [2] 小堀康功、李慕容、呉ジュ、趙峰、権力、シャイフル ニザム モハイヤ、小田口貴宏、中西功、根本謙治、松田順一、高井伸和小林春夫
    「疑似デルタシグマ変調単インダクタ2出力SIDO降圧形スイッチング電源
      電子情報通信学会 回路とシステム研究会、大分(2013年1月29日)

 [3] 興 大樹 「信号成分なしフィードバック(Signal-nulled Feedback) 低雑音増幅器の雑音解析」
    第53回システムLSI合同ゼミ、東京農工大学 (2013年1月26日)

 [4] 李 慕容 「排他的制御を用いた単一インダクタ2出力DC-DCスイッチング電源」
    第53回システムLSI合同ゼミ、東京農工大学 (2013年1月26日)

 [5] 青木均(モーデック,群馬大学), 小林春夫(群馬大学)
    「RFアナログ回路設計のためのNominal CMOSスキューイング手法
    電気学会 電子回路研究会、ECT-13-036、明治大学  (2013年3月7日)

 [6] 新井美保, 志水勲(群馬大学), 久保和良(小山工業高等専門学校), 小林春夫(群馬大学)
    サンプリング回路の解析
    電気学会 電子回路研究会、ECT-13-041、明治大学 (2013年3月7日)

 [7] 須釜裕太, 小林春夫(群馬大学)
    コンパレータ遅延を利用したアナログテスト容易化回路
    電気学会 電子回路研究会、ECT-13-042、明治大学 (2013年3月7日)

 [8] 土井佑太, 伊藤聡志, 西村繁幸, 李恩思, 小林春夫, 高井伸和(群馬大学)
    確率的時間ディジタイザ回路の自己校正技術
    電気学会 電子回路研究会、ECT-13-043、明治大学 (2013年3月7日)

 [9] 易茹(群馬大学), 片山敦弘, 呉明輝, 小林春夫(群馬大学), 加藤健太郎(鶴岡工業高等専門学校)
    「インターリーブADCでのタイミングスキューのディジタル手法による検出・補正技術」
    電気学会 電子回路研究会、ECT-13-047、明治大学 (2013年3月7日)

 [10] 青木 均 (株)モーデック,小林 春夫 (群馬大学)
    「RFアナログ回路設計のためのMOSFET Nominalモデルのスキューイング手法」
    電子情報通信学会 第32回 シリコンアナログRF研究会 中央大学(2013年3月4日)

 [11] 青木均, Ramin Khatami,小林春夫
    「オンウエハーテストベースRF-CMOSの統計モデリング手法に関する研究」
    電子情報通信学会 機能集積情報システム研究会((FIIS: Functional Integrated Information System)、桐生 (2013年7月5日)

 [12] 浅見幸司、易茹、呉明輝、片山敦弘、小林春夫、加藤健太郎、
    「インターリーブADCでのタイミングスキューのディジタル校正技術」
   電子情報通信学会 機能集積情報システム研究会(FIIS: Functional Integrated Information System)、桐生 (2013年7月5日)

 [13] 小林春夫 
    「AD/DA変換器のディジタル自己校正・補正技術
   電子情報通信学会 機能集積情報システム研究会(FIIS: Functional Integrated Information System)、桐生 (2013年7月5日)(招待講演)

 [14] 村上正紘、Shaiful Nizam Mohyar、小林春夫、松浦達治、小林修、高井伸和
    ”通信用ICテスト用I,Q信号発生のための複素マルチバンドパスΔΣDA変調器の検討、”
    電気学会 電子・情報・システム部門大会 企画セッション(複素信号処理とアナログ複素係数フィルタ)北見工業大学 (2013年9月5日)

 [15] 大澤優介、「シグマデルタ時間デジタイザ回路を用いた位相ノイズ測定手法の検討」
    第54回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学(2013年6月13日)

 [16] 本島大地, 油井史典, 高井伸和, 小林春夫
    微細プロセスを用いた低電圧型オペアンプの設計手法の提案
    電気学会電子回路研究会 ECT-13-063、函館 (2013年7月4日)

 [17] 新井直樹, 高井伸和,根岸孝行, 加藤雅人, 関洋明, 小林春夫,
    遺伝的アルゴリズムを用いたオペアンプの自動合成
    電気学会電子回路研究会 ECT-13-066 函館 (2013年7月4日)

 [18] 根岸孝行, 新井直樹, 関洋明, 加藤雅人,高井伸和, 小林春夫
    HSPICEの最適化機能を用いたコンパレータ回路の自動合成,
    電気学会電子回路研究会 ECT-13-067 函館 (2013年7月5日)

 [19] 堺昂浩 ,小堀康功 金谷浩太郎 ,田中駿祐 ,高井伸和, 小林春夫, 山口哲二, 四方英二, 金子強, 上田公大, 松田順一
    適応PWM方式SIDO電源回路の検討 ,
    電気学会電子回路研究会 ECT-13-070 函館 (2013年7月5日)

 [20] 根岸 孝行, 高井 伸和, 新井 直樹, 加藤 雅人, 関 洋明、小林 春夫
    「HSPICEの最適化機能を用いたコンパレータ回路の自動合成」
    電子情報通信学会 第26回 回路とシステムワークショップ、淡路島 (2013年7月29日)


 [21] 金谷 浩太郎, 田中 駿祐, 岡田 考志, 高井 伸和, 小堀 康功, 小林 春夫, 小田口 貴宏, 山口 哲二, 上田 公大, 松田 順一
    「2相式降圧形DC-DCコンバータへのフィードフォワード型ΔΣ変調制御の適用
    電子情報通信学会 第26回 回路とシステムワークショップ、淡路島 (2013年7月30日)

 [22] 田中 駿祐, 長島 辰徳, 小堀 康功, 金谷 浩太郎, 岡田 考志, 堺 昂浩, 高井 伸和, 小林 春夫, 小田口 貴宏, 山口 哲二, 上田 公大, 松田 順一
    「ヒステリシス制御を用いた単一インダクタ2出力DC-DCスイッチング電源
    電子情報通信学会 第26回 回路とシステムワークショップ、淡路島 (2013年7月30日)

 [23] 本島 大地, 油井 史典, 高井 伸和, 小林 春夫
    「電源回路にて用いられる低電圧型高精度 CMOS カレントミラー回路の提案」
    電子情報通信学会 第26回 回路とシステムワークショップ、淡路島 (2013年7月30日)

 [24] 興大樹、河内智、Li CongBing、神山雅貴、(群馬大)  馬場清一、壇徹、高橋伸夫、坂田浩司(三洋半導体) 小林春夫、高井伸和 (群馬大)
    「Signal-Suppression Feed-forwardを用いた広帯域LNAの低消費電力ノイズキャンセル技術」
    第33回 シリコンアナログRF研究会、湯河原 (2013年8月28日)

 [25] 小林佑太朗、香積正基、楊志翔、小林春夫、
    ”ADC/DAC のヒボナッチ数列を用いた冗長性設計の検討”,
    電気学会 電子回路研究会、奈良 (2013年10月3-4日).
   
(平成25年度 電気学会 研究会奨励賞受賞 (C部門))

 [26]都木新太朗,高井伸和,小林春夫,
   ”逐次比較制御を用いたディジタルLDOの高速化と低リプル化の研究”,
    電気学会 電子回路研究会、奈良 (2013年10月3-4日).

 [27] 荒川雄太
     「ディジタル信号タイミング測定のためのマルチビット・デルタシグマTDC回路」
    第55回システムLSI合同ゼミ、中央大学 (2013年10月26日)


    第3回電気学会東京支部栃木・群馬支所合同研究発表会
       2013年2月28日(木), 3月1日(金) 宇都宮大学工学部

 [1] ETT-12-1, ETG-12-1
   本島大地*,油井史典,高井伸和,小林春夫(群馬大学)
   「電源回路にて用いられる低電圧型高精度CMOSカレントミラー回路の提案」

 [2] ETT-12-2, ETG-12-2
   金谷浩太郎*,岡田考志,高井伸和,小堀康功,小林春夫(群馬大学),小田口貴宏,山口哲二,上田公大(AKMテクノロジ),松田順一(旭化成パワーデバイス)
   「2相式降圧形DC-DCコンバータへのフィードフォワード型ΔΣ変調制御の適用」

 [3] ETT-12-3, ETG-12-3
   田中駿祐*,長島辰徳,小堀康功,岡田考志,堺 昂浩,高井伸和,小林春夫,小田口貴宏,山口哲二,中西 功,上田公大,松田順一(群馬大学)
   「ヒステリシス制御を用いた単一インダクタ2出力DC-DCスイッチング電源」

 [4] ETT-12-4, ETG-12-4
   呉 ジュ*,小堀康功,李 慕容,趙 峰,権 力,朱 秋霖(群馬大学),小田口貴宏,山口哲二,上田公大(AKMテクノロジ),松田順一(旭化成パワーデバイス),高井伸和,小林春夫(群馬大学)
   「A Study on Feed-forward Control for SIDO Buck Converter

 [5] ETT-12-5, ETG-12-5
   高 川,ジン・コウライ*,李 慕容(群馬大学),落合政司,鈴木庸弘,麻生真司(サンケン電気),小堀康功,小林春夫,高井伸和,志水 勲(群馬大学)
   「C2000シリーズDSP用いたスイッチング電源回路軽負荷場合の効率向上手法の検討

 [6] ETT-12-6, ETG-12-6
   新井薫子*,劉 羽,小林春夫,松浦達治(群馬大学),小林 修(STARC),高井伸和(群馬大学),新津葵一(名古屋大学)
   「ノイズシェーピング サイクリックADCの検討

 [7] ETT-12-7, ETG-12-7
   荒川雄太*,小林春夫,松浦達治,元澤篤史(群馬大学),小林 修(半導体理工学センター),新津葵一(名古屋大学)
   「DA変換器のVCOを用いた自己校正技術の検討

 [8] ETT-12-25, ETG-12-25
   小野澤昌徳*,小堀康功,村上和貴,ケイ 林,高 虹,小林春夫,高井伸和(群馬大学),小田口貴宏,山口哲二,上田公大(AKMテクノロジ),松田順一(旭化成パワーデバイス)
   「3相AC-DC変換回路とPFC回路の高性能化の検討

 [9] ETT-12-26, ETG-12-26
   趙 峰*,小堀康功,李 慕容,呉 ジュ,権 力,朱 秋霖,シャイフル・ニザム・モハイヤ(群馬大学),小田口貴宏,山口哲二,上田公大(AKMテクノロジ),松田順一(旭化成パワーデバイス),高井伸和,小林春夫(群馬大学),
   「排他的制御を用いた単一インダクタ2出力DC-DCスイッチング電源の実験検証

 [10] ETT-12-27, ETG-12-27
   朱 秋霖*,小堀康功,岡田考志,呉 ジュ,李 慕容,趙 峰,権 力(群馬大学),小田口貴宏,山口哲二,上田公大(AKMテクノロジ),松田順一(旭化成パワーデバイス),高井伸和,小林春夫(群馬大学)
   「単一インダクタ2出力昇圧形DC-DCスイッチング電源回路の検討

 [11] ETT-12-36, ETG-12-36
   劉 羽*,新井薫子,小林春夫,松浦達治(群馬大学),小林 修(STARC),高井伸和(群馬大学),新津葵一(名古屋大学)
   「高精度・低消費電力サイクリックADCの自己校正法の検討

 [12] ETT-12-37, ETG-12-37
   シャイフル・ニザム・ビン・モーヤ*,村上正紘,小林春夫,松浦達治(群馬大学),小林 修(STARC)
   「通信用ICテスト用I,Q信号発生のための複素マルチバンドパスΔΣDA変調器の検討(1)

 [13] ETT-12-38, ETG-12-38
   村上正紘*,シャイフル・ニザム・ビン・モーヤ,小林春夫,松浦達治(群馬大学),小林 修(STARC)
   「通信用ICテスト用I,Q信号発生のための複素マルチバンドパスΔΣDA変調器の検討(2)

 [14] ETT-12-39, ETG-12-39
   安部文隆*,加藤啓介,小林春夫(群馬大学),新津葵一(名古屋大学),小林 修(STARC)
   「任意波形発生器を用いた ADC テスト用低歪み信号発生技術の実験検証

 [15] ETT-12-40, ETG-12-40
   Khatami Seyed Ramin*,小林春夫,小堀康功,高井伸和(群馬大学)
   「デルタシグマ型デジタル時間変換回路の検討」

 [16] ETT-12-82, ETG-12-82
   大澤優介*,針谷尚裕,平林大樹(群馬大学),新津葵一(名古屋大学),小林 修(STARC),山口隆弘,小林春夫(群馬大学)
   「シグマデルタTDCを用いた位相ノイズ測定手法 (1) --システムレベ ル検討-

 [17] ETT-12-83, ETG-12-83
   平林大樹*,針谷尚裕,大澤優介(群馬大学),新津葵一(名古屋大学),小林 修(STARC),山口隆弘,小林春夫(群馬大学)
   「シグマデルタTDCを用いた位相ノイズ測定手法 (2) -回路レベル検討-」

 [18] ETT-12-84, ETG-12-84
   根岸孝行*,新井直樹,高井伸和,小林春夫(群馬大学)
   「HPICEの最適化機能を用いたコンパレータの自動合成」

 [19] ETT-12-85, ETG-12-85
   ビスワス・スミット・クマール*,神山 透,高井伸和,小林春夫(群馬大学)
   「微細化された MOS トランジスタの NBTI 劣化による信頼性問題と NBTI 劣化改善の検討」

 [20] ETT-12-86, ETG-12-86
   針谷尚裕*(群馬大学),新津葵一(名古屋大学),平林大樹,興 大樹,櫻井正人,大澤優介(群馬大学),小林 修(STARC),山口隆弘,小林春夫(群馬大学)
   「自己遅延クロックエッジ間のゲーテッド位相ブレンディングを用いたクロックジッタ低減回路」

 [21] ETT-12-87, ETG-12-87
   河内 智*,興 大樹(群馬大学),馬場清一,壇 徹,高橋伸夫 (三洋半導体),小林春夫,高井伸和,志水 勲(群馬大学)
   「デュアルバンドCMOS LNA回路の検討

<その他>

 [1] 安部文隆, “任意波形発生器を用いたADC評価用低歪み・高SNR信号発生技術”
    STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2013年1月31日)

 [2] 平林大樹, “ディジタル信号タイミング試験用マルチビットTDC回路アーキテクチャ ”
    STARCシンポジウム、学生ポスターセッション、横浜 (2013年1月31日)

    STARCワークショップ2013, ショートプレゼンテーション&ポスター発表, 新横浜(2013年9月)


2012年
<論文>

 [1] Y. Kobori, M. Kono, T. Shimizu. H. Kobayashi,
   "Noninverted Buck-Boost Converters with Dual Sigma-Delta Modulators",
   Electrical Engineering in Japan, Vol. 178, no. 2, pp.21-28 (Jan. 2012).
   Translated from Denki-Gakkai Ronbunshi, vol.129-C, no.1, pp.153-158 (Jan 2009)

 [2] K. Wakabayashi, K. Kato, T. Yamada, O. Kobayashi, H. Kobayashi, F. Abe, K. Niitsu,
   "Low-Distortion Sinewave Generation Method Using Arbitrary Waveform Generator",
   Journal of Electronic Testing : Theory and Applications,Special Issue on Analog, Mixed-Signal, RF, and MEMS Testing, Springer,
   vol.28,Issue. 5, pp.641-651 (Oct.2012)

 [3] Kiichi Niitsu, Masato Sakurai, Naohiro Harigai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "CMOS Circuits to Measure Timing Jitter Using a Self-Referenced Clock and a Cascaded Time Difference Amplifier with Duty-Cycle Compensation,"
   IEEE Journal of Solid-State Circuits vo. 47, no.11, pp.2701-2710  (Nov. 2012)


<国際学会>

 [1] Kiichi Niitsu, Masato Sakurai, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi,Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi,
   "A Reference-Clock-Free On-Chip Timing Jitter Measurement Circuit Using a Cascaded Time Difference Amplifier in 65nm CMOS,"
    IEEE Asia and South Pacific Design Automations Conference (ASP-DAC 2012),
    University LSI Design Contest, Sydney, Australia (Jan. 2012).

 [2] Keisuke Kato, Fumitaka Abe, Kazuyuki Wakabayashi, Takafumi Yamada,Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Kiichi Niitsu
   "Low-IMD Two-Tone Signal Generation for ADC Testing",
   IEEE International Mixed-Signals, Sensors, and Systems Test Workshop,Taipei, Taiwan (May 2012).IEEE Xplore

 [3] Satoshi Uemori, Masamichi Ishii, Haruo Kobayashi, Yuta Doi, Osamu Kobayashi, Tatsuji Matsuura,Kiichi Niitsu, Fumitaka Abe, Daiki Hirabayashi,
   "Multi-bit Sigma-Delta TDC Architecture for Digital Signal Timing Measurement",
   IEEE International Mixed-Signals, Sensors, and Systems Test Workshop,Taipei, Taiwan (May 2012).IEEE Xplore

 [4] Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Daiki Oki, Masato Sakurai,Osamu Kobayashi, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "A Clock Jitter Reduction Circuit Using Gated Phase Blending Between Self-Delayed Clock Edges,"
   2012 Symposium on VLSI Circuits, Honolulu, Hawaii (June 2012).

 [5] Yasunori Kobori, Lin Xing, Hong Gao, Masanori Onozawa, Shu Wu, Shaiful Nizam Mohyar, Zachary Nosker, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu,
   "Non-Isolated Direct AC-DC Converter Design with BCM-PFC Circuit,"
    International Conference on Power Eingineering, Bali, Indonesia (Oct. 2012).

 [6] Nobukazu Takai, Hiroyuki Iwase, Takashi Okada, Takahiro Sakai, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,Takeshi Omori,
   Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi, Kenji Nemoto, Jun-ichi Matsuda
   “Low Power Consumption Control Circuit for SIBO DC-DC Converter,”
   International Conference on Analog VLSI Circuits,Valencia, Spain (Oct. 24-26, 2012)

 [7] Shintaro Takagi, Biswas Sumit Kumar, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   “Successive-Approximation-Register Digital Low-Dropout Regulator (SAR digital LDO) with Fast Transient-Response and No Output Ripple,”
    International Conference on Analog VLSI Circuits,Valencia, Spain (Oct. 24-26, 2012)

 [8] K Kato, M. Murakami, F. Abe, Y. Arai, H. Kobayashi, T. Matsuura,S. Mohyar, K, Ramin, O. Kobayashi, K. Niitsu, N. Takai,
    “Low-Cost High-Quality Signal Generation for ADC Testing”,
    IEEE International Test Conference, (Panel 2 Poster), Anaheim, CA (Nov. 2012).

 [9] Keisuke KATO, Fumitaka ABE, Kazuyuki WAKABAYASHI, Chuan GAO, Takafumi YAMADA, Haruo KOBAYASHI, Osamu KOBAYASHI, Kiichi NIITSU
    ”Two-Tone Signal Generation for Communication Application ADC Testing”,
    The 21st IEEE Asian Test Symposium, Niigata, Japan (Nov. 2012).

 [10] Takahiro YAMAGUCHI, Kunihiro ASADA, Kiichi NIITSU, Mohamed ABBAS, Satoshi KOMATSU, Haruo KOBAYASHI, Jose MOREIRA
    ”A New Procedure for Measuring High-Accuracy Probability Density Functions”,
    The 21st IEEE Asian Test Symposium, Niigata, Japan (Nov. 2012).

 [11] K. Niitsu, T. J. Yamaguchi, M. Ishida, H. Kobayashi,
    ”Post-Silicon Jitter Measurements”,
    The 21st IEEE Asian Test Symposium, Niigata, Japan (Nov. 2012).

 [12] Guanglei Jin, Hao Chen, Chuan Gao, Yunpeng ZhangHaruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu, Khayrollah Hadidi,
   "Digitally-Contolled Gm-C Bandpass Filter",
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kaohsiung, Taiwan (Dec. 2012).IEEE Xplore
 
 [13] Satoshi Uemori, Masamichi Ishii, Haruo Kobayashi, Yuta Doi, Osamu Kobayashiy, Tatsuji Matsuura, Kiichi Niitsu,Yuta Arakawa, Daiki Hirabayashi,
    Yuji Yano, Tatsuhiro Gake, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi,
   ``Multi-bit Sigma-Delta TDC Architecture with Self-Calibration”,
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems,Kaohsiung, Taiwan (Dec. 2012).IEEE Xplore

 [14] Yasunori Kobori, Qiulin Zhu, Murong Li, Feng Zhao, Zachary Nosker, Shu Wu, Shaiful N. Mohyar, Masanori Onozawa, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai,
    Kiichi Niitsu, Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi, Kenji Nemoto, Jun-ichi Matsuda,
   “Single Inductor Dual Output DC-DC Converter Design with Exclusive Control”,
    IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems,Kaohsiung, Taiwan (Dec. 2012).IEEE Xplore

 [15] Hong Gao, Lin Xing, Yasunori Kobori, Zhao Feng, Haruo Kobayashi, Shyunsuke Miwa, Atsushi Motozawa,Zachary Nosker, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai, Takahiro Odaguchi,
     Isao Nakanishi, Kenji Nemoto, Jun-ichi Matsuda
    “DC-DC Converter with Continuous-Time Feed-Forward Sigma-Delta Modulator Control
    IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kaohsiung, Taiwan (Dec. 2012).IEEE Xplore

  Kiryu, Japan (Dec. 7, 2012)
 
 [1] L04
    Zachary Nosker, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai (Gunma University, Japan), Takahiro Odaguchi,
    Isao Nakanishi (AKM Technology Corporation, Japan), Kenji Nemoto (AKM, Japan),
    Jun-ichi Matsuda (Asahi-kasei Power Devices Corporation, Japan)
 
 [2] P51
    Yohei Tan, Daiki Oki, Yu Liu, Zachary Nosker, Haruo Kobayashi, Osamu Kobayashi, Tatsuji Matsuura,
    Atsuhiro Katayama, Li Quan, Ensi Li, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai
    Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Japan
 
 [3] P52
    A Study on Design for High-Speed Operation in a Cascaded Open-Loop Time Amplifier
    Naohiro Harigai, Kiichi Niitsu, Daiki Hirabayashi, Masato Sakurai, Yusuke Osawa, Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Nagoya University, Japan
 
 [4] P53
    Fully Digital Calibration of Timing Mismatches in Interleaved ADC
    Ru Yi, Atsuhiro Katayama and Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan
 
 [5] P54
    Yuta Sugama, Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan
 
 [6] P55
    Miho Arai, Isao Shimizu, Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan
 
 [7] P56
    Yu Liu, Haruo Kobayashi, Tatsuji Matsuura, Osamu Kobayashi, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu
    Gunma University, Semiconductor Technology Academic Research Center (STARC), Japan
 
 [8] P57
    Analysis of Jitter in Delay Line for High-Accuracy On-chip Jitter Measurements
    Kazunori Sakuma, Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi
    Gunma University, Nagoya University, Japan
 
 [9] P58
    Yuta Doi, Satoshi Ito, Shigeyuki Nishimura, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai
    Gunma University, Japan
 
 [10] P59
    Takashi Okada, Nobukazu Takai, Hiroyuki Iwase, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi, Kenji Nemoto, and
    Jun-ichi Matsuda
    Gunma University, AKM Technology Corporation, AKM, Asahi-kasei Power Devices Corp, Japan
 
 [11] P60
    Toru Kamiyama, Nobukazu Takai, Ken Murakami, Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan
 
 [12] P61
    Naoki Arai, Nobukazu Takai, Biswas Sumit Kumar, Haruo Kobayashi
    Gunma University, Japan
 


<国内学会発表>

 [1] 邢林 (Lin Xing), 高虹,小堀康功, 村上和貴, 小野澤昌徳, 小林春夫, 高井伸和, 新津葵一
   「部品点数を低減した直接AC-DC変換器
   電気学会 電子回路研究会, ECT-12-005, 山形大学 (2012年1月19日)

 [2] 高虹, 邢林 (Lin Xing), 小林春夫, 小堀康功, 美和俊介, 元澤篤史, 新津葵一, 高井伸和,大森武志, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治, 松田順一
   「連続時間フィードフォワード・シグマデルタ変調器によるDC-DC変換器の制御」
   電気学会 電子回路研究会, ECT-12-006, 山形大学 (2012年1月19日)

 [3] 平林大樹, 新津葵一, 針谷尚裕, 櫻井正人, 山口隆弘, 小林春夫
   「自己参照クロック方式とカスケード接続型時間差増幅器を用いた参照クロックが不要なオンチップタイミングジッタ測定回路」
   電気学会 電子回路研究会, ECT-12-013, 山形大学 (2012年1月20日)

 [4] 石井正道上森聡史、小林春夫、土井佑太、小林修、松浦達治、新津葵一、
    「デジタル信号時間差測定用回路の構成の検討」
    第66回FTC研究会、大分 (2012年1月20日)

 [5] 邢林
    「新構成直接AC-DC変換器の検討」
    第50回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2012年1月21日)

 [6] 高虹
    「デルタシグマ変調器によるDC-DC変換器の制御の検討」
    第50回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2012年1月21日)

 [7] 高虹、邢林、小堀康功、小林春夫、美和俊介、元澤篤史、高井伸和、新津葵一、大森武志, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治, 松田順一
    「DC-DC変換器のデルタシグマ変調器による制御
    電子情報通信学会 第28回 シリコンアナログRF研究会 中央大学 (2012年3月15日)

 [8] 邢林、高虹、小堀康功、村上和貴、小野澤昌徳、小林春夫
   「非絶縁型および絶縁型直接AC-DC変換回路
   電子情報通信学会 第28回 シリコンアナログRF研究会 中央大学 (2012年3月15日)

 [9] 丹陽平、劉羽、小林春夫、小林修、松浦達治、新津葵一
   「パイプラインAD変換器の自己校正法
   電子情報通信学会 第28回 シリコンアナログRF研究会 中央大学 (2012年3月16日)

 [10] 安部文隆、加藤啓介、若林和行、小林春夫、小林修、新津葵一
   「任意波形発生器を用いた低歪み信号発生技術
   電子情報通信学会 第28回 シリコンアナログRF研究会 中央大学 (2012年3月16日)

 [11] 高 川、若林 和行、加藤 啓介、安部 文隆、小林 春夫、小林 修、松浦 達治、新津 葵一、高井 伸和
   「低歪み信号発生用DA変換器アーキテクチャ
   電気学会 電子回路研究会、ECT-12-020、横須賀 (2012年3月29日)

 [12]  Zachary NOSKER、小堀康功、小林春夫、新津葵一、高井伸和,大森武志、小田口貴宏、中西功、根本謙治、松田順一
   「A High Efficiency, Extended Load Range Boost Regulator Optimized for Energy Harvesting Applications」
   電気学会 電子回路研究会、ECT-12-022、横須賀 (2012年3月29日)

 [13] 小堀康功, 小野澤昌徳, 朱秋霖, 高井伸和, 新津葵一, 小林春夫,大森武志, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治, 松田順一
   「単一インダクタ2出力DC-DCコンバータの制御切換方式の一提案
   電気学会 電子回路研究会、ECT-12-026、横須賀 (2012年3月29日)

 [14] 岩瀬浩之, 岡田考志, 長島辰徳, 堺昴浩, 都木新太朗, 小堀康功, 高井伸和, 小林春夫,大森武志, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治, 松田順一
   「SIDO DC-DC Converter の制御回路の低消費電力化の実現」
   電気学会 電子回路研究会、ECT-12-037、横須賀 (2012年3月30日)

 [15] 靳 光磊、陳昊、高川、張雲鵬、小林春夫、高井伸和、新津葵一
   「連続時間アナログフィルタのディジタル自動調整法の一提案
   電気学会 電子回路研究会、ECT-12-038、横須賀 (2012年3月30日)

 [16] 須釜裕太、Shaiful Nizam Mohyar, Khatami S. Ramin, 新津葵一、小林春夫、高井伸和
   「増幅器の出力遅延時間を利用した微小信号電位差・電流差検出回路」
   第67回FTC研究会、滋賀県大津市 (2012年7月12日)

 [17] K. Kato, F. Abe, K. Wakabayashi, C. Gao, T. Yamada, H. Kobayashi, O. Kobayashi, K. Niitsu
    “Two-Tone Signal Generation for Testing of Communication Application Devices”,
     第25回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2012年7月30日).

 [18] 高井 伸和, 岡田 孝志, 岩瀬 浩之, 小林 春夫, 小堀 康功, 小田口 貴宏, 中西 功, 根本 謙治, 松田 順一,
    “SIDO DC-DC Converterの電流モード制御回路の実現”,
    第25回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2012年7月31日).

 [19] 高井 伸和, 新井 直樹, 小林 春夫,
    “任意位相シフトアナログフィルタの自動合成の検討”,
    第25回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2012年7月31日).
 
 [20] NOSKER Zachary Zehner
   ``A Single Supply Bootsrapped Boost Regulator for Energy Harvesting Applications",
    第51回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学 (2012年6月30日)

 [21] 新井美保
    「トラックホールド回路の非理想要因の解析」
    第51回システムLSI合同ゼミ、東京工業大学 (2012年6月30日)

 [22] 平林 大樹、荒川 雄太、河内 智、石井 正道、上森 聡史、佐藤 幸志、小林 春夫、新津 葵一、高井 伸和
    「ディジタル信号タイミング試験用BOSTの検討
    電気学会 電子回路研究会, ECT-12-069, 熊本(2012年10月4日)

 [23] 安部 文隆、加藤 啓介、小林 春夫、小林 修、高井 伸和、新津 葵一、
    「任意波形発生器を用いた低歪み信号発生技術でのアナログフィルタ要求性能
    電気学会 電子回路研究会, ECT-12-075, 熊本(2012年10月5日)

 [24] 村上 正紘、新井 薫子、Mohyar Nizam Shaiful、安部 文隆、加藤 啓介、小林 春夫、松浦 達治、小林 修、新津 葵一 、高井 伸和
    「任意波形発生器を用いたノイズシェーピング技術
    電気学会 電子回路研究会, ECT-12-085, 熊本(2012年10月5日)

 [25] 新井 薫子
    「任意波形発生器を用いた高SNR 信号発生技術」,
    第52回システムLSI合同ゼミ、中央大学理工学部 (2012年10月27日)

 [26] 長島辰徳,小堀康功, 堺 昴浩, 田中駿祐, 小田口貴広, 山口哲二, 中西 功, 上田公大, 松田順一, 高井伸和, 小林春夫,
    「ヒステリシス制御DC-DC SIMO電源のシミュレーション結果
    電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD), 東京工業大学 (2012年12月17日, 18日)

 [27]
Shu Wu, Yasunori Kobori,  Mu Rong Li, Zhao Feng, Qulin Zhu, Shaiful Nizam Mohyar, Takahiro Odaguchi,Tetsuji Yamaguchi, Isao Nakanishi, Kimio Ueda, Jun-ichi Matsuda, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
    “Single Inductor Dual Output DC-DC Boost converter with Serial Control,”
    電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD), 東京工業大学 (2012年12月17日, 18日)
(poster

 [28]
小堀康功, 李慕容, 呉ジュ(Wu Shu),趙峰, Shaiful Nizam Mohyar, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治、松田 順一, 高井伸和, 新津葵一, 小林春夫
    「擬似⊿∑変調 単一インダクタ2出力DC-DCスイッチング電源,」
    電気学会 電子回路研究会, ECT-12-100, 東京理科大 (2012年12月21日)



<電気学会栃木・群馬支所主催 研究発表会>

  2012年2月29日、3月1日 桐生市民文化会館にて開催
  http://www.el.gunma-u.ac.jp/ieej/

 [1] ETG-11-5 高性能タイムデジタイザ回路
   伊藤聡志、須釜裕太、平林大樹、西村繁幸、小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [2] ETG-11-6 比較器および増幅器の出力遅延時間の応用に関する研究
   須釜裕太、新津葵一、小林春夫(群馬大学)

 [3] ETG-11-7 遅延デジタルフィルタの分散型積和演算回路を用いたFPGA 実装の検討
   易茹、立岩武徳(群馬大学)、浅見幸司(アドバンテスト)、小林春夫(群馬大学)

 [4] ETG-11-8 サイクリックAD 変換器の自己校正法の検討
   劉羽、丹陽平, 小林春夫、新津葵一(群馬大学)

 [5] ETG-11-9 単一インダクタ2出力DC-DCコンバータにおける新制御方式の検討
   小堀康功、小野澤昌徳、朱秋霖(群馬大学)、大森武志、小田口貴宏、中西功、根本謙治(旭化成エレクトロニクス)、松田順一、
   高井伸和、新津葵一、小林春夫(群馬大学)

 [6] ETG-11-10 デルタシグマ制御DC-DC 変換器
   高虹、邢林、小堀康功、趙峰、小林春夫、美和俊介、元澤篤史、新津葵一、高井伸和(群馬大学)大森武志、小田口貴宏、中西功、
   根本謙治(AKM テクノロジ)、松田順一(旭化成パワーデバイス)

 [7] ETG-11-11 直接AC-DC 変換回路
   邢林、高虹、小堀康功、村上和貴、小野澤昌徳、小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [8] ETG-11-12 PFC 回路とAC-DC 変換器
   村上和貴、小堀康功、ケイ林、高虹、小野澤昌徳、小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [9] ETG-11-13 単一インダクタ正負2出力DC-DC コンバータにおける、消費電力の低減制御回路
   岩瀬浩之、岡田孝志、長島辰徳、都木新太郎、堺昴浩、小堀康功、高井伸和、小林春夫(群馬大学)、大森 武志、小田口貴宏、中西 功、
   根本謙治(AKM テクノロジ)、松田順一(旭化成パワーデバイス)

 [10] ETG-11-14 遺伝的アルゴリズムを用いたアナログフィルタの設計
   新井直樹、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [11] ETG-11-17 パイプラインADC 自己校正技術
   丹陽平、劉羽、小林春夫(群馬大学)、小林修(STARC)、松浦達治、新津葵一(群馬大学)

 [12] ETG-11-18 ADC テスト用低歪み信号発生技術
   安部文隆、加藤啓介、若林和行、小林春夫(群馬大学)、小林修(STARC)、新津葵一(群馬大学)

 [13] ETG-11-19 低電源電圧信号発生回路 - 時間領域アナログ回路 -
   荒川雄太、新津葵一、小林春夫(群馬大学)

 [14] ETG-11-20 アナログフィルタの自動調整法の一考察
   靳 光磊、陳昊、高川、張雲鵬、小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [15] ETG-11-25 デルタシグマ型タイムデジタイザ・アーキテクチャ
   上森聡史、石井正道、小林春夫、土井佑太、松浦達治(群馬大学)、小林修(STARC)、 新津葵一(群馬大学)

 [16] ETG-11-26 デルタシグマ型タイムデジタイザ回路
   石井正道、上森聡史, 小林春夫、土井佑太、松浦達治(群馬大学)、小林修(STARC), 新津葵一(群馬大学)

 [17] ETG-11-27 高精度オンチップジッタ測定に向けたインターリービングPFD におけるジッタ累積の解析
   櫻井正人、新津葵一、針谷尚裕、平林大樹、山口隆弘、小林春夫(群馬大学)

 [18] ETG-11-28 自己参照クロック方式とカスケード接続型時間差増幅器を用いた参照クロックが不要なオンチップタイミングジッタ測定回路
   平林大樹、新津葵一、針谷尚裕、櫻井正人、山口隆弘、小林春夫(群馬大学)

 [19] ETG-11-29 2次バンドパスフィルタの設計
   張云鵬、靳 光磊、陳昊、高川、高井伸和、小林春夫、新津葵一(群馬大学)

 [20] ETG-11-30 プログラムによるフィルタの最適化
   森坪直樹、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [21] ETG-11-57 低雑音増幅器の歪解析
   興大樹、小林春夫、新津葵一、高井伸和(群馬大学)壇徹、高橋伸夫、内藤智洋、北村真一、坂田浩司(三洋半導体)

 [22] ETG-11-58 TV チューナ用完全ディジタルPLL 回路
   湯本哲也、村上健(群馬大学)壇徹、高橋伸夫、内藤智洋、北村真一、坂田浩司(三洋半導体)小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [23] ETG-11-59 TV チューナ用完全デジタルPLL 回路の発振部分に関する検討
   村上健、湯本哲也(群馬大学)、壇徹、高橋伸夫、内藤智洋、北村真一、坂田浩司(三洋半導体)、小林春夫、高井伸和、新津葵一(群馬大学)

 [24] ETG-11-68 ディジタルLDO レギュレータの検討
   都木新太朗、岩瀬浩之、岡田考志、長島辰徳、堺昴浩、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [25] ETG-11-84 A High-Efficiency, Extended Load Range Boost Regulator Optimized forEnergy Harvesting Applications
   Zachary NOSKER、小堀康功、小林春夫、新津葵一、高井伸和(群馬大)大森武志、小田口貴宏、中西功、根本謙治(AKM テクノロジ)、
   松田順一(旭化成パワーデバイス)

 [26] ETG-11-85 電流-時間変換回路
   神山透、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [27] ETG-11-86 低コスト化に向けた発振テスト回路構成の提案
   鈴木貴大、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [28] ETG-11-87 近年の電源回路における動向調査
   堺昴浩、岩瀬浩之、岡田孝志、長島辰徳、都木新太郎、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [29] ETG-11-88 ボルテラ級数の工学応用の考察
   小池泰樹、高井伸和、小林春夫(群馬大学)

 [30] ETG-11-89 タイミングスキュー補正用遅延ディジタルフィルタに対する窓関数の検討
   立岩武徳(群馬大学)、浅見幸司(アドバンテスト)、小林春夫(群馬大学)


<その他>

 [1] 小林春夫、「デジタルアシスト・アナログ技術 - 微細CMOSの強みを生かす回路設計 -」
   大阪大学 高度人材育成センター 先端アナログ技術セミナー (2012年1月23日)


 [2] 針谷 尚裕、新津葵一、櫻井正人、 平林大樹, 山口隆弘、小林春夫
   「自己参照クロック技術とカスケード接続型時間差増幅器を用いた参照クロック不要・高分解能オンチップタイミングジッタ測定回路
   STARCシンポジウム, 学生ポスター発表 (2012年2月1日)

 [3] 加藤啓介、安部文隆、若林和行、山田貴文、小林修、小林春夫、新津葵一、
   「任意波形発生器を用いたADCテスト用低歪み信号発生技術
   STARCシンポジウム, 学生ポスター発表 (2012年2月1日)

 [4] 小林春夫 
   「群馬大学大学院工学研究科 電気電子工学専攻情報通信システム第2研究室
   4u (4 universities for you、フォーユー) 首都圏北部4大学研究室紹介,vo.5 pp.69-70 (2012年3月)

 [5] 小林春夫、「特許、発明、大学での工学教育 雑感
    群馬大学 知財ニュース GRIP, vo.8, p.14 (2012年)

 [6] 小林春夫, 「群馬大学アナログ集積回路研究会 平成23年度活動報告
    群馬大学共同研究イノベーションセンター Center News 2012年度版

    日経Tech ON (2012年10月18日)

 [8] 小林春夫、
    日経 Tech ON (2012年11月19日)

    HiKaLo 技術情報誌、第45号, Vol.12, No.2, pp.30-33 (2012年12月19日).



2011年
<論文>

 [1] Masato Kaneta, Akihiro Kanbe, Hitoshi Hirata, Tatsuhiro Shimura, Kentarou Yamagishi, Haruo Kobayashi,
   "Architecture of Wideband High-Efficiency Envelope Tracking Power Amplifier for Base Station,"
   Key Engineering Materials, vol.459, pp.241-251(Special Issue of AMDE2009) (Feb. 2011)

 [2] 小川 智彦, 松浦 達治, 小林 春夫, 高井 伸和, 堀田 正生, 傘 昊, 阿部 彰, 八木 勝義, 森 俊彦,
   “逐次比較近似ADC コンパレータ・オフセット影響の冗長アルゴリズムによるディジタル補正技術,”
    電子情報通信学会誌 和文誌C , Vol.J94-C, No.3 (2011年3月)

 [3] Tomohiko OGAWA, Haruo KOBAYASHI, Satoshi UEMORI,Yohei TAN, Satoshi ITO, Nobukazu TAKAI, Takahiro J. YAMAGUCHI, Kiichi NIITSU
   "Design for Testability That Reduces Linearity Testing Time of SAR ADCs”,
   IEICE Trans. on Electronics, Vol.E 94-C, no.6, pp.1061-1064 (June 2011).

 [4] Takyua YAGI Kunihiko USUI, Tatsuji MATSUURA, Satoshi UEMORI, Yohei TAN,Satoshi ITO, Haruo KOBAYASHI,
   "Background Self-Calibration Algorithm for Pipelined ADC Using Split ADC Scheme”,
   IEICE Trans. on Electronics, Vol.E94-C,No.7, pp. 1233-1236 (July 2011).

 [5] Jiani Ye, Zachary Nosker, Kazuyuki Wakabayashi, Takuya Yagi,Osamu Yamamoto, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu, Keisuke Kato,
   Takao Ootsuki, Isao Akiyama, Haruo Kobayashi,
   "Architecture of High-Efficiency Digitally-Controlled Class-E Power Amplifier",
   Key Engineering Materials, vol.487, pp.273-284 (Dec. 2011)

 [6] Nobukazu Takai, Kenji Takahashi, Hajime Yokoo, Shunsuke Miwa, Kengo Tsushida,Hiroyuki Iwase, Kazuki Murakami, Haruo Kobayashi,
   Takahiro Odaguchi,Shigeki Takayama, Takeshi Oomori, Isao Nakanishi, Kenji Nemoto and Jun-ichi Matsuda
   "Single Inductor DC-DC Converter with Independent Bipolar Outputs using Charge Pump",
   Key Engineering Materials, vol.487, pp.285-295 (Dec. 2011)


<国際学会>

 [1] Kazuyuki Wakabayashi, Takafumi Yamada, Satoshi Uemori, Osamu Kobayashi,Keisuke Kato, Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu,
   Hiroyuki Miyashita, Shinya Kishigami,Kunihito Rikino, Yuji Yano, Tatsuhiro Gake
   "Low-Distortion Single-Tone and Two-Tone Sinewave Generation Algorithms Using an Arbitrary Waveform Generator",
   IEEE International Mixed-Signals, Sensors, and Systems Test Workshop,Santa Barbara, CA (May 2011)IEEE Xplore
   新概念 「Distortion-Shaping」 の提案

 [2] Koji Asami, Takenori Tateiwa, Tsuyoshi Kurosawa, Hiroyuki Miyajima, Haruo Kobayashi
   "Digitally-Assisted Compensation Technique for Timing Skew in ATE Systems",
   IEEE International Mixed-Signals, Sensors, and Systems Test Workshop,Santa Barbara, CA (May 2011)IEEE Xplore

  [3] T. Yamada, O. Kobayashi, K. Kato, K. Wakabayashi, H. Kobayashi,T. Matsuura, Y. Yano, T. Gake, K. Niitsu, N. Takai, T. J. Yamaguchi,
    “Low-Distortion Single-Tone and Two-Tone Sinewave Generation Using ΣΔ DAC”,
   IEEE International Test Conference (poster session) , Anaheim, CA (Sept. 2011).

 [4] Naohiro Harigai, Kiichi Niitsu, Daiki Oki, Masato Sakurai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "A Twistedly-Cascaded Time Difference Amplifier for High Robustness Against Process Variation,"
   International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2011),Nagoya, (Sept. 29, 2011).

 [5] Zachary Nosker, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai, Takeshi Oomori,Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi,
    Kenji Nemoto, Jun-ichi Matsuda,
   "A Small, Low Power Boost Regulator Optimized for Energy Harvesting Applications,"
   IEEJ International Analog VLSI Workshop (AVW 2011), Bali, Indonesia ( Nov. 2011).

 [6] Jiani Ye, Zachary Nosker, Kazuyuki Wakabayashi, Takuya Yagi, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu,Keisuke Kato, Takao Ootsuki, Osamu Yamamoto,
    Isao Akiyama, Haruo Kobayashi,
   "Architecture of High-Efficiency Digitally-Controlled Class-E Power Amplifier,"
   IEEJ International Analog VLSI Workshop (AVW 2011), Bali, Indonesia ( Nov. 2011).

 [7] Kiichi Niitsu, Masato Sakurai, Naohiro Harigai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "An On-Chip Timing Jitter Measurement Circuit Using a Self-Referenced Clock anda Cascaded Time Difference Amplifier with
   Duty-Cycle Compensation
,"
   IEEE Asian Solid-State Circuits Conference (A-SSCC 2011), Jeju, Korea (Nov. 2011).

 [8] Masato Sakurai, Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Daiki Oki, Takahiro J. Yamaguchi, and Haruo Kobayashi,
    "Analysis of Jitter Accumulation in Interleaved Phase Frequency Detectors for High-Accuracy On-Chip Jitter Measurements,"
    International SoC Design Conference (ISOCC 2011), (Nov. 2011).

  [9] Masato Sakurai, Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "A Reference-Clock-Free On-Chip Timing Jitter Measurement Circuit Using a Cascaded Time Difference Amplifier with Duty-Cycle Compensation
    in 65nm CMOS,"
   International SoC Design Conference (ISOCC2011), Chip Design Contest, Jeju Korea (Nov. 2011)

 [10] Yasunori Kobori, Lin Xing,Hong Gao, Takuji Shishime, Masaki Ohshima,Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu
   "Novel AC-DC Direct Converter Design with PFC",
   International Conference on Power Electronics and Power Engineering, Phuket, Thailand (Dec. 2011)


<国内学会発表>

 [1] 若林和行、上森聡史、、山田貴文、小林修、加藤啓介、小林春夫、新津葵一、松浦達治、
   「ADCテスト信号生成のためのAWG非線形性補正技術」 第64回FTC研究会、岐阜 (2011年1月)

 [2] 山田貴文, 若林和行, 上森聡史, 加藤啓介, 小林修, 新津葵一 , 宮下博之, 小林春夫.
    「高次⊿ΣDAC信号発生回路での歪キャンセル・ノイズ低減技術
   電子情報通信学会 総合大会、東京 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [3] 小林春夫, 小林春夫、新津葵一、高井伸和、山口隆弘,
   「デジタルアシスト・アナログRFテスト技術 - サブ100nm ミックストシグナルSOCのテストの検討 -」
   電子情報通信学会 総合大会、東京 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [4] 櫻井正人, 針谷尚裕 , 新津葵一, 山口隆弘, 小林春夫,
   「ジッタ測定BISTに向けたインターリービングPFDのプロセス依存性の解析
   電子情報通信学会 総合大会、東京 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [5] Asad A. Abidi, Miho Arai, Kiichi Niitsu, Haruo Kobayashi,
   "Finite Aperture Time and Sampling Bandwidth,"
    電子情報通信学会 総合大会、東京 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [6] 黒澤烈士,
    「新条件線形位相デジタル・フィルタの設計法の検討」
   第47回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2011年1月)

 [7] 叶 佳霓, Nosker Zachary, 若林 和行, 八木 拓哉, 山本 修, 高井 伸和,新津 葵一, 加藤 啓介, 大朏 孝郎, 秋山 功, 小林 春夫
   「デジタル制御E級電力増幅器の検討」
   電気学会 電子回路研究会、防衛大学校 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [8] 若林 和行 、山田 貴文、加藤 啓介、上森 聡史小林 修、小林 春夫、新津 葵一、山口 隆弘
   「任意波形発生器での非線形性補正アルゴリズムと実測による検証」
   電気学会 電子回路研究会、防衛大学校 (2011年3月)
   (東日本大震災の影響により中止,学会認定発表扱い)

 [9] 小林 春夫
   「ADCデジタル誤差補正技術の統一理論の一考察
   電気学会 電子回路研究会、防衛大学校 (2011年3月)

 [10] 邢林 (Lin Xing), 高 虹,小堀康功, ,岡本直久, 大島正樹, 若林和行, 岡田考志,小野澤昌徳, 小林春夫, 高井伸和, 新津葵一,
   「新構成AC-DC変換回路の検討
   電気学会 電子回路研究会、岡山県立大学(2011年7月1日)

 [11] 高虹, 美和俊介,小堀康功, 邢林 (Lin Xing), 小林春夫, 高井伸和, 新津葵一,大森武志, 小田口貴宏, 中西功, 根本謙治, 松田順一
   「デルタシグマ変調を用いたDC-DC変換器制御の検討
   電気学会 電子回路研究会、岡山県立大学(2011年7月1日)

 [12] 土井佑太、佐久間一哲、石井正道、小林春夫、小林修、高井伸和、新津葵一, 山口隆弘
   「高速データ受信回路ジッタ耐性テスト回路の検討」
   第65回 FTC研究会、徳島大学(2011年7月14-16日)

 [13] Asad A. Abidi, 新井 美保, 新津 葵一, 小林 春夫
   「Finite Aperture Time Effects in Sampling Circuit
   第24回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2011年8月1日)

 [14] 針谷 尚裕, 櫻井 正人, 新津 葵一, 山口 隆弘, 小林 春夫
   「多段接続時間差増幅回路における段数の最適化設計理論に関する研究
   第24回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2011年8月1日)

 [15] 加藤 啓介, 若林 和行, 山田 貴文, 小林 春夫, 小林 修 , 新津 葵一
   「任意波形発生器を用いた低歪み2トーン信号発生技術
   第24回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2011年8月2日)

 [16] 高橋 健司、 横尾 甫 , 美和 俊介, 岩瀬 浩之, 高井 伸和, 小林 春夫、小田口貴宏、高山茂樹、大森武志、中西功、根本謙治、松田 順一
   「チャージポンプを用いた単一インダクタ正負2出力DC-DCコンバータの電圧制御回路
   第24回 回路とシステムワークショップ、 淡路島 (2011年8月2日)

 [17] 浅見幸司 立岩武徳 黒沢烈士 易茹  荒川雄太 小林春夫
   「線形位相遅延ディジタルフィルタの実装の検討」
   第13回DSPS教育者会議 ポスターセッション 東京都市大学 (2011年9月2日)

 [18] 上森聡史, 土井佑太, 小林春夫, 小林修、松浦達治、新津葵一
   「シグマデルタ型タイムデジタイザ回路の検討
   電気学会電子回路研究会, ECT-11-077, 長崎 (2011年10月20日)

 [19] 安部文隆, 加藤啓介, 若林和行,小林修, 小林春夫 , 新津葵一
   「インターリーブを用いた低歪み2トーン信号発生技術
   電気学会電子回路研究会, ECT-11-084, 長崎 (2011年10月20日)

 [20] 湯本哲也 ,村上健, 西村繁幸,田邊朋之, 壇徹, 高橋伸夫 ,内藤智洋, 北村真一,坂田浩司, 小林春夫, 高井伸和, 新津葵一
   「TVチューナ用完全ディジタルPLL回路 - システムの観点から
   電気学会電子回路研究会, ECT-11-089, 長崎 (2011年10月21日)

 [21] 村上健, 湯本哲也, 長谷川賀則, 三田大介, 壇徹, 内藤智洋,高橋伸夫 ,坂田浩司, 北村真一, 小林春夫, 高井伸和, 新津葵一
   「TVチューナ用完全ディジタルPLL回路 - 広帯域化の検討
   電気学会電子回路研究会, ECT-11-090, 長崎 (2011年10月21日)

 [22] 安部文隆、
    「 任意波形発生器を用いた低歪2トーン信号発生技術」
    第49回システムLSI合同ゼミ、中央大学 (2011年10月22日)

<その他>

 [1] 小林春夫、「群馬大学アナログ集積回路研究会
    群馬大學工業会報、No.144 (2011年3月)

 [2] 小林春夫
   「ディジタルアシストADCの統一理論へむけての一考察
   応用科学学会誌 電子回路研究、vol.24, no.1, pp.8-11 (2011).

 [3] 小林春夫, 「群馬大学アナログ集積回路研究会」
   群馬大学共同研究イノベーションセンター Center News 2011年度版

 [4] 小林春夫、「ミックストシグナルSOCテスト技術の動向と最近の研究成果
   専門カンファレンス - 電子計測技術の最前線 - 
   計測展2011 Tokyo, (2011年11月18日)

 [5] 応用科学学会 秋季シンポジウム 2011
   パネルディスカション「世界にはばたく人と技術
   モデレータ:藤井 信生
   パネリスト:石川 正俊、佐藤 登、本間 英夫、今井 武、池田 亮太、小林 春夫
   (2011年10月28日)

 [6] 小林春夫、「ヴェリジーが「マルチドメイン・テスト」手法を提案、リソース同じでテスト時間が半減の可能性」、
   ITC 2011(International Test Conference) 報道特設サイト -- Tech-On!(2011年9月29日)

 [7] 小林春夫、「ヴェリジー、洗練された信号処理アルゴリズムを開発し、スペクトラム拡散クロックを任意波形発生器で生成」、
   ITC 2011(International Test Conference) 報道特設サイト -- Tech-On!(2011年9月29日)

 [8] 小林春夫, 2011 IEEE International Test Conference参加報告 (Part I, Part II)

 [9] 新津葵一 
   「自己参照方式を用いた全入出力デジタル型オンチップ・クロックジッタ測定回路」
   経産省H22年度「次世代半導体回路構成(アーキテクチャ)実用化支援事業」成果報告会(2011年10月7日, 10月25日)
   群馬大学ATECシンポジウム

 Third International Conference on Advanced Micro-Device Engineering
                          8 December 2011, Kiryu, Japan

 [1] K. Asami, T. Tateiwa, H. Kobayashi
   "Implementation Consideration of Linear-Phase Digital Filter withArbitrary Group Delay Time Ressolution".

 [2] Masato Sakurai, Kiichi Niitsu, Naohiro Harigai, Daiki Hirabayashi, Daiki Oki,Takahiro J. Yamaguchi, Haruo Kobayashi,
   "A Study on Jitter Accumulation in Interleaved Phase Frequency Detectorsfor High-Accuracy On-Chip Jitter Measurements,"

 [3] Zachary Nosker, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi, Kiichi Niitsu, Nobukazu Takai,Takeshi Oomori,Takahiro Odaguchi, Isao Nakanishi,
   Kenji Nemoto, Jun-ichi Matsuda,
  "A High-Efficiency, Extended Load Range Boost Regulator Optimizedfor Energy Harvesting Applications,"

 [4] N. Takai, K. Takahashi, H. Yokoo, Si, Miwa, K. Tsushida, H. Iwase, K. Kuramami, H. Kobayashi,
   "SIBO DC-DC Converter with Control Circuits".



2010年
<論文>

 [1] T. Ogawa, H. Kobayashi, Y. Takahashi, N. Takai, M. Hotta, H. San, T. Matsuura, A. Abe, K. Yagi, T. Mori,
    “SAR ADC Algorithm with Redundancy and Digital Error Correction”,
   IEICE Trans. Fundamentals, vol.E93-A, no.2, (Feb. 2010).

 [2] H. San, H. Kobayashi,
   “Noise-Coupled Image Rejection Architecture of Complex Bandpass Δ∑AD Modulator,”
  IEICE Trans. Fundamentals, vol.E93-A, no.2, (Feb. 2010).

 [3] 林海軍、元澤篤史、田邉朋之、ロレ パスカル、飯塚邦彦、小林春夫、傘 昊、高井伸和、
   「連続時間バンドパス ΔΣAD変調器のQ値とループ遅延の影響
   電子情報通信学会誌 和文誌A, vol.J93-A, no.2, pp.107-118 (2010年2月)

 [4] T. Yagi, H. Kobayashi, Y. Tan, S. ito, S. Uemori, N. Takai, T. J. Yamaguchi,
   "Production Test Consideration for Mixed-Signal IC with Background Calibration",
  IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vol.5, no.6, pp.627-631 (Nov. 2010).

 [5] H. Lin, P. Lo Re, K. Iizuka, H. Kobayashi, N. Takai,
   "Design of a Fourth Order Continuous-Time Bandpass ΔΣAD Modulator for RF Sampling",
   IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vol.5, no.6, pp.639-645 (Nov. 2010).


 [6] Masao Hotta, Masayuki Kawakami, Haruo Kobayashi, Hao San,Nobukazu Takai, Tatsuji Matsuura, Akira Abe,Katsuyoshi Yagi, Toshihiko Mori,
   "SAR ADC Architecture with Digital Error Correction",
   IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering, vol.5, no.6, pp.651-659 (Nov. 2010).


<国際学会>

 [1] Nobukazu Takai, Kenji Takahashi, Hajime Yokoo, Shunsuke Miwa, Kengo Tsushida, Hiroyuki Iwase, Haruo Kobayashi, Takahiro Odaguchi,
    Shigeki Takayama, Isao Fukai, Jun-ichi Matsuda,
   “Single Inductor Bipolar Outputs DC-DC Converter Using Charge Pump,”
   IEEJ International Analog VLSI Workshop, Pavia, Italy (Sept. 2010).

 [2] Koji Asami, Hiroyuki Miyajima, Tsuyoshi Kurosawa, Takenori Tateiwa, Haruo Kobayashi,
   “Timing Skew Compensation Technique using Digital Filter with Novel Linear Phase Condition,”
   IEEE International Test Conference, Austin, TX (Nov. 2010).

 [3] Takuya Yagi, Kunihiko Usui, Tatsuji Matsuura, Satoshi Uemori, Yohei Tan, Satoshi Ito, Haruo Kobayashi,
   “Background Calibration Algorithm for Pipelined ADC with Open-Loop Residue Amplifier using Split ADC Structure,”
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore

 [4] Tomohiko Ogawa, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Masao Hotta, Hao San, Tatsuji Matsuura, Akira Abe, Katsuyoshi Yagi, Toshihiko Mori,
   “Non-binary SAR ADC with Digital Error Correction for Low Power Applications,”
  IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore

 [5] Satoshi Ito, Shigeyuki Nishimura, Haruo Kobayashi, Satoshi Uemori, Yohei Tan,Nobukazu Takai, Takahiro J. Yamaguchi, Kiichi Niitsu,
  “Stochastic TDC Architecture with Self-Calibration,”
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore

 [6] Tomohiko Ogawa, Haruo Kobayashi, Youhei Tan, Satoshi Ito, Satoshi Uemori, Nobukazu Takai, Kiichi Niitsu,Takahiro J. Yamaguchi,
   Tatsuji Matsuura,Nobuyoshi Ishikawa
   “SAR ADC That is Configurable to Optimize Yield,”
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore

 [7] Satoshi Uemori, Takahiro J. Yamaguchi, Satoshi Ito, Yohei Tan, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai,Kiichi Niitsu, Nobuyoshi Ishikawa
  “ADC Linearity Test Signal Generation Algorithm,”
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore

 [8] Kenji Takahashi, Hajime Yokoo, Shunsuke Miwa, Kengo Tsushida, Hiroyuki Iwase, Kazuki Murakami, Nobukazu Takai, Haruo Kobayashi,
   Takahiro Odaguchi, Shigeki Takayama,Isao Fukai, Jun-ichi Matsuda,
   “Single Inductor DC-DC Converter with Bipolar Outputs using Charge Pump,”
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Kuala Lumpur, Malaysia (Dec. 2010).IEEE Xplore


<国内学会発表>

 [1] 林海軍
   「連続時間バンドパス ΔΣAD変調器の高性能化の検討」
   第44回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2010年1月)

 [2] 三田大介
   「65nm CMOS での分周回路の検討」
   第44回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2010年1月)

 [3] 上森聡史、伊藤聡志、古川靖夫、山口隆弘、浅見幸司、小林春夫
   「SoC内ADCテスト信号生成アルゴリズム」(予稿
   電子情報通信学会 総合大会、仙台 (2010年3月)

 [4] 八木 拓哉 、森 聡史、丹 陽平、伊藤 聡志、松浦 達治、臼井 邦彦、小林 春夫
   「開ループアンプを用いたパイプラインADCの"Split ADC"構成によるバックグランド自己校正法
   電気学会 電子回路研究会、桐生 (2010年3月)発表資料

 [5] 浅見幸司, 宮島広行、黒澤烈士, 立岩武徳, 小林春夫、
   「デジタルフィルタの新線形位相条件と回路システムへの応用」
   電気学会 電子回路研究会、桐生 (2010年3月

 [6] 西村 繁幸
   「時間デジタイザ回路とその完全デジタルPLL回路への応用の検討」
    第44回システムLSI合同ゼミ、早稲田大学 (2010年1月)

 [7] 大塚陽佑,村上 健,小林春夫,高井伸和
   「65nm CMOS 周波数変換器における線形性改善方法の提案」
   電気学会 電子回路研究会、桐生 (2010年3月)

 [8] 横尾 甫,高橋健司,津志田健吾,美和俊介,小林春夫,高井伸和、小田口貴宏,高山茂樹,深井 功,松田順一
   「単一インダクター正負2出力dc/dc converterの解析」
   電気学会 電子回路研究会、桐生 (2010年3月)

 [9] 高橋健司,横尾 甫,津志田健吾,美和俊介,小林春夫,高井伸和,小田口貴宏, 高山茂樹,深井 功,松田順一
   「チャージポンプを用いた単一インダクタ正負2出力DC/DCコンバータに関する研究」
   電気学会 電子回路研究会、桐生 (2010年3月)

 [11] 小川 智彦, 小林 春夫, 伊藤 聡志, 上森 聡史, 丹 陽平, 高井 伸和 , 山口 隆弘
    「冗長アルゴリズムSAR ADCのテスト容易化技術
    電子情報通信学会、第23回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2010年4月).

 [12] 浅見 幸司, 黒沢 烈士, 立岩 武徳, 宮島 広行, 小林 春夫
    「インターリーブADCでのタイミングスキュー影響のデジタルフィルタによる補正技術
    電子情報通信学会、第23回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2010年4月).

 [13] 津志田 健吾, 美和 俊介, 高橋 健司, 横尾 甫, 今井 亮輔, 村上 和貴, 岩瀬 浩之,Santhos A. Wibowo, 小林 春夫, 高井 伸和 ,
    小田口 貴宏, 高山 茂樹, 深井 功, 松田 順一
    「単一インダクタ2出力DC-DCコンバータの検討
    電子情報通信学会、第23回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2010年4月).

 [14] 小林春夫、山口隆弘
    「デジタルアシスト・アナログテスト技術(Digitally-Assisted Analog Test Technology)」
    電子情報通信学会 集積回路研究会、大阪 (2010年7月) (招待)

 [15] 伊藤 聡志、小林 春夫、上森 聡史、丹 陽平 、高井 伸和、山口 隆弘
    「自己校正・自己診断機能を備えたタイムデジタイザ回路
    電気学会 電子回路研究会、北海道(2010年6月)

 [16] 丹 陽平 、小林 春夫、上森 聡史、伊藤 聡志、高井 伸和、山口 隆弘
    「I, Q残差パイプラインAD変換器アーキテクチャ」
    電気学会 電子回路研究会、北海道(2010年6月)

 [17] 高橋 健司
    「単一インダクタ多出力DC-DC変換器の検討」
    第45回 システムLSI合同ゼミ、東京(2010年6月)

 [18] 上森聡史、山口隆弘、伊藤聡志、丹陽平、小林春夫、高井伸和
    「ミクスト・シグナルSOC内ADCの線形性テスト信号生成アルゴリズム
    第63回FTC研究会、埼玉県秩父郡 (2010年7月)

 [19] 湯本哲也、西村 繁幸、村上 健、土井 祐太、三田 大介、長谷川 賀則、壇 徹、内藤 智洋、高橋 伸夫、坂田 浩司、
    北村 真一、小林 春夫、高井 伸和、新津 葵一
    「TVチューナ用広帯域ADPLLの高性能化技術
    第12回DSPS教育者会議、ポスター・デモ セッション、東京工業大学 (2010年9月)

 [20] 西村 繁幸、湯本 哲也、村上 健、土井 祐太、 壇 徹、内藤 智洋、高橋 伸夫、坂田 浩司、北村 真一、 田邊 朋之、三田 大介、
    長谷川 賀則、新津 葵一、 高井 伸和、小林 春夫、
    「完全デジタルPLL回路用 タイムデジタイザ回路」
    電子情報通信学会 ICD サマーワークショップ 分科会、広島(2010年8月)

 [21] 加藤啓介、小林春夫、
    「任意波形発生器での2トーン信号相互変調歪みのデジタル補正
    電子情報通信学会 ソサイエテイ大会、大阪 (2010年9月)

 [22] 若林和行、小林修、小林春夫、松浦達治、
    「信号発生器用DACの非線形性補正
    電子情報通信学会 ソサイエテイ大会、大阪 (2010年9月)

 [23] 山田貴文、若林和行、上森聡史、小林修、加藤啓介、小林春夫
    「デルタシグマDAC信号発生回路でのデジタル歪補正技術
    電気学会 電子回路研究会、山梨 (2010年10月)

 [24] Koji Asami, Tsuyoshi Kurosawa, Takenori Tateiwa, Hiroyuki Miyajima, Haruo Kobayashi,
    "Novel Linear Phase Condition for Digital Filter,"
    第25回 信号処理シンポジウム、奈良 (2010年11月)

 [25] 叶 佳霓,
    「デジタル振幅制御 E級増幅器の検討
    第46回システムLSI合同ゼミ、農工大 (2010年10月)

<セミナー、講習会、その他>

 [1] 「パワー・高耐圧系アナログ回路の現状と課題
     パネリスト: 恩田 謙一 氏、 松田 順一 、中島 成、佐藤 伸久 、Ernie Koeroghlian
   オーガナイザ: 森井 一也
        司会:小林春夫
         EDS Fair 2010 特設ステージ (2010年1月)日経1日経2EDS Fairプログラム

 [2]金子智松浦達治山口隆弘(part2)、小林春夫
   「半導体・エレクトロニクスの将来像-現状、課題、将来への期待を議論し、閉塞感を打ち破る-」
   群馬大学科学技術振興会 産業シリーズ講演・パネル討論会 (2010年11月)

 [3] 小林春夫、書評: アナログIC開発現場の息づかいが聞こえてくる労作 ――
    『CMOSアナログIC回路の実務設計』, Tech Village (2010年6月)

 [4] 伊藤聡志、小林春夫、
    「高時間分解能・高線形タイムデジタイザ・アーキテクチャ- アナログテスト容易化のキーコンポーネント
    STARCシンポジウム 学生ポスター発表(2010年8月)

 [5] [パネルディスカッション]デジタルアシストによる微細CMOSアナログ回路技術の展望
    モデレータ: 永田 真
    パネラー: 道正志郎 , 塚本三六 , 小林春夫 , 佐藤久恭 , 前多 正
    電子情報通信学会 集積回路研究会、大阪 (2010年7月)

 [6] 小林春夫, ”ミクストシグナルSOCテスト容易化技術への挑戦”,
   SEMICON Japan 2010 SEMIテクノロジー・シンポジウム (STSテストセッション)(2010年12月)(招待)

 [7] 小林春夫 「ディジタルアシスト・アナログRF技術のためのディジタルCMOS回路設計再入門」 Microwave Exhibition 2010 基礎講座
    講演概要 講演スライド パシフィコ横浜(2010年12月)

     群馬大学ATECシンポジウム ポスターセッション
   Second International Conference on Advanced Micro-Device Engineering
                          9- 10 December 2010, Kiryu, Japan

 [1] K. Asami, T. Tateiwa, T. Kurosawa, H. Miyajima, H. Kobayashi
   "Digital Filter with Novel Linear Phase Condition".

 [2] T. Ogawa, H. Kobayashi, Y. Tan, S. Ito, S. Uemori, N. Takai, K. Niitsu,
   "Reconfigurable SAR ADC for Yield Optimization".

 [3] K. Takahashi, H. Yokoo, Si, Miwa, K. Tsushida, H. Iwase, K. Kuramami,N. Takai, H. Kobayashi, T. Odaguchi, S. Takayama, I. Fukai, J. Matsuda,
   "Single Inductor DC-DC Converter with Bipolar Outputs Using Charge Pump".

<翻訳>

 [1] .Robert Bogdan Staszewski, Poras T. Balsara(著),
   山田庸一郎 (訳) 小林春夫(監訳)
   「完全ディジタルPLL回路の設計 -ディープ・サブミクロンCMOSプロセスで実現するAll-Digital Frequency Synthesizer
    CQ出版 (2010年9月出版).
    (Robert Bogdan Staszewski, Poras T. Balsara,All-Digital Frequency Synthesizer in Deep-Submicron CMOS
    Wiley-Interscience (2006) の日本語訳)


2009年
<論文>

 [1] 小堀 康功, 光野 正志, 清水 敏彦, 小林 春夫
    "デュアル⊿∑変調による非反転昇降圧形コンバータの検討 ",
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌) Vol. 129 , No. 1 pp.153-158 (2009)

 [2] K. Asami, H. Suzuki, H. Miyajima., T. Taura, H. Kobayashi,
    "Technique to Improve the Performance of Time- Interleaved A-D Converters  with Mismatches of Non- linearity, "
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E92-A, no.2, pp. 374-380(Feb. 2009).

 [3] S. A. Wibowo, Z. Ting, M. Kono, T. Taura, Y. Kobori, K. Onda, H. Kobayashi,
   ``Analysis of Coupled Inductors for Low-Ripple Fast- Response Buck Converter,"
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E92-A, no.2, pp. 451-455(Feb. 2009).

 [4] Hao SAN and Haruo Kobayashi,
   ``Cross-Noise-Coupled Architecture of Complex Bandpass ΔΣAD Modulator,"
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E92-A, no.4, (April 2009).

 [5] I. Mori, Y. Yamada, S. A. Wibowo, M. Kono, H. Kobayashi, Y. Fujimura,N. Takai, T. Sugiyama, I. Fukai, N. Onishi, I. Takeda, J. Matsuda,
    "EMI Reduction by Spread-Spectrum Clocking in Digitally-Controlled DC-DC Converters",
    IEICE Trans. Fundamentals, vol.E92-A, no.4, (April 2009).

 [6] 林 海軍, 田辺 朋之, 傘 昊, 小林 春夫
    「インバータタイプGm-C バンドパスフィルタの解析と設計
    電気学会 論文誌C, vol.129, no.8 (2009年8月)

 [7] H. San, H. Konagaya, T. Yamada, H. Lin, H. Kobayashi, K. Ando, C. Murayama,
    "Noise-Coupled ΔΣAD Modulator with Shared OP-Amp, "
    電気学会 論文誌C, vol.129, no.12 (2009年12月)

<国際会議>

 [1] Kazuya Shimizu, Masato Kaneta, HaiJun Lin, Haruo Kobayashi, Nobukazu Takai, Masao Hotta
    " A Time-to-Digital Converter with Small Circuitry",
    The 14th Asia and South Pacific Design Automation Conference (ASP-DAC),
    University Design Contest, Yokohama, Feb. 2009

 [2] H. Kobayashi,
    "Recent Topics in Power Management Circuits,"
   2009 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2009),
   Sendai (Oct.2009) (Invited).

 [3] H. San, H. Kobayashi,
   "Complex Bandpass Δ∑ AD Modulator with Noise-coupled ImageRejection",
   IEEE Midwest Symposium on Circuits and Systems (MSCAS),Cancun, Mexico (Aug. 2009).

 [4]Takuya YAGI, Haruo KOBAYASHI, Hiroyuki MIYAJIMA, Youhei TAN Satoshi ITO, Satoshi UEMORI, Nobukazu TAKAI, Takahiro J. YAMAGUCHI
   "Production Test Consideration for Mixed-Signal IC with Background Calibration",
   IEEJ International Analog VLSI Workshop,Chiangmai, Thailand (Nov. 2009).

 [5] Tomohiko OGAWA, Haruo KOBAYASHI, Satoshi UEMORI, Youhei TAN, Satoshi ITO, Nobukazu TAKAI, Takahiro J. YAMAGUCHI
   "Fast Testing of Linearity and Comparator Error Tolerance of SAR ADCs,"
  IEEJ International Analog VLSI Workshop,Chiangmai, Thailand (Nov. 2009).

 [6]H. Konagaya, T. Yamada, H. San, H. Kobayashi
   "Novel MASH Architecture of Δ∑AD Modulator"
   IEEJ International Analog VLSI Workshop,Chiangmai, Thailand (Nov. 2009).

 [7]H. Lin, T. Tanabe, A. Motozawa, P. Lo Re, K. Iizuka, H. Kobayashi, H. San, N. Takai,
   "Q Factor and Loop Delay Effects Consideration for aContinuous-Time Δ∑AD Modulator,"
  IEEJ International Analog VLSI Workshop,Chiangmai, Thailand (Nov. 2009).

 [8] M. Kawakami, N. Kawasaki, M. Hotta, H. San, H. Kobayashi,
   ``Design of ADC with Digital Error Correction using Three Comparators,''
  IEEJ International Analog VLSI Workshop,Chiangmai, Thailand (Nov. 2009).

 [9] K. Asami, T. Kurosawa, T. Tateiwa, H. Miyajima, H. Kobayashi,
   "Digital Compensation Techniques for Time-Interleaved ADC Channel Mismatch Effects in High-Speed Analog Measurement ATE Systems",
   1st IEEE International Workshop on Test and Valification of High Speed Analog Circuits (TVHAC), Austin, TX (Nov. 2009).


<国内学会発表>

 [1] 鈴木孝秀, 「インターリーブAD変換器でのチャネル間ミスマッチ補正アルゴリズムとその高速計算手法の検討」
    第41回システムLSI合同ゼミ、東京〔2009年1月)

 [2] 小長谷肇、「低消費電力デルタシグマAD変調器の検討」
    第41回システムLSI合同ゼミ、東京〔2009年1月).

 [3] Masato Kaneta, Akihiro Kanbe, Haruo Kobayashi, Fuminori Yui, Nobukazu Takai, Tatsuhiro Shimura, Hitoshi Hirata, Kentarou Yamagishi,
   "Architecture of Wideband High-Efficiency Envelope Tracking Power Amplifier for Base Station,"
   電子情報通信学会 電子通信エネルギー技術研究会(EE), 台湾工業技術研究院(台湾・新竹市) (2009年1月)

 [4] 田辺朋之, 林海軍, 内藤智洋, 高橋伸夫, 壇徹, 馬場清一, 北村真一, 小林春夫, 傘昊, 高井 伸和,
   「TVチューナ用ADPLLの検討
   電子情報通信学会総合大会、愛媛(2009年3月)

 [5] 小林春夫、元澤篤史、上森将文、林海軍、田辺朋之, 傘昊,
   「広帯域デルタシグマAD変換器」、(予稿発表資料
   電子情報通信学会総合大会、企画セッション
   (最先端A/D変換回路技術~市場要求と実現技術)、 愛媛〔2009年3月)

 [6] 三田大介、柴田賢一、氏家隆一、石原昇、清水敏彦、佐藤久恭、堀和明、 高井伸和、傘昊、弓仲康史、小林春夫、
    「65nm CMOSでの分周回路の検討」, 電気学会 電子回路研究会(ECT-09-05)、筑波(2009年3月)

 [7] 田邊 朋之,林 海軍,内藤 智洋,高橋 伸夫,壇 徹,馬場 清一,北村 真一、小林 春夫,傘 昊,高井 伸和、
   「広帯域ADPLL回路設計技術の検討」
   電子情報通信学会 シリコンアナログRF研究会、東京(2009年3月)

 [9] 神戸 章宏,金田 雅人,小林 春夫,高井 伸和、志村 竜宏,平田 仁士,山岸 健太郎
   「インターリーブ構成を用いた基地局パワーアンプ用包絡線追跡電源」
   電子情報通信学会 シリコンアナログRF研究会、東京(2009年3月)

 [9] 林 海軍, 田辺 朋之, 元澤 篤史, ロレ パスカル, 飯塚 邦彦、小林 春夫, 傘 昊, 高井 伸和
   「連続時間BPΔΣAD変調器のQ値とループ遅延の影響
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [10] 小川 智彦, 小林 春夫、 堀田 正生、 高橋 洋介, 傘 昊, 高井 伸和
   「SAR ADC Algorithm with Redundancy and Digital Error Correction
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [11] 林 海軍, 田辺 朋之, 傘 昊, 小林 春夫
   「インバータタイプGm-C バンドパスフィルタの解析と設計
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [12] 神戸 章宏, 金田 雅人, 小林 春夫、 志村 竜宏, 平田 仁士,山岸 健太郎、 高井 伸和
   「インターリーブ構成を用いた基地局パワーアンプ用包絡線追跡電源
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [13] Santhos Ario Wibowo, 森 偉文樹, 津志田 健吾, 美和 俊介, 小林 春夫小田口貴宏、高山茂樹、鈴木聡、深井功、、松田順一
   「A Single-Inductor Dual-Output DC-DC Converter発表用スライド(津志田)
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [14] (招待) 小林 春夫
   「ナノCMOS時代のアナログ回路 - デジタルアシストAD変換技術を中心として -」
   電子情報通信学会、第22回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2009年4月).

 [15] 林海軍、田邊朋之、長谷川賀則、三田大介、西村繁幸、小林春夫
    「TVチューナ用ADPLLの検討」
    第11回DSPS教育者会議、東京(2009年9月)

 [16] 浅見幸司, ,黒澤烈士, 立岩武徳, 宮島広行、小林春夫、
    「インターリーブADCでのタイミングスキュー影響のデジタル補正技術」
    電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD)、東京 (1009年10月)

 [17] 浅見幸司, ,黒澤烈士, 立岩武徳, 宮島広行、小林春夫、
    「インターリーブADCでのタイミングスキュー影響のデジタル補正技術」
    第43回システムLSI合同ゼミ、東京農工大 (2009年10月).

 [18] 小川智彦、松浦達治、小林春夫、高井伸和、堀田正生、傘昊
    「冗長アルゴリズム逐次比較近似ADCでのコンパレータ・オフセットのデジタル補正技術」 
    電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD)、静岡 (2009年12月)

 [19] Haijun Lin, Atushi Motozawa, Pascal Lo Re, Kunihiko Iizuka, Haruo Kobayashi, Hao San, Nobukazu Takai,
    "Design of High Resolution High Speed Continuous-Time Bandpass Delta Sigma ADC"
   電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD)、静岡 (2009年12月)

 [20] Takafumi Yamada, Hajime Konagaya, Hao San, Haruo Kobayashi
    "Sturdy-MASH-type ΔΣAD Modulator with Wide Dynamic Range"
    電子情報通信学会 集積回路研究会(ICD)、静岡 (2009年12月)


<セミナー、講習会、その他>

    ※ 「アナログ強化塾」最新版(2010年4月5日)
 [1] 小林春夫、アナログ技術の新潮流時間分解能型回路とTDC(前編)、
    NEアカデミー「アナログ強化塾 第2回」日経エレクトロニクス 2009年4月6日号

 [2] 小林春夫、アナログ技術の新潮流時間分解能型回路とTDC(後編)、
    NEアカデミー「アナログ強化塾 第3回」日経エレクトロニクス 2009年4月20日号

 [3] 傘昊, 小林春夫
    「無線通信器用AD変換回路の高精度化・低消費電力化技術」
    ケミカルエンジニヤリング, vol.54, no.5, pp.38-41 (2009年5月)

 [4] 小林春夫、壇徹、田邊朋之
    完全デジタルPLL回路 「ADPLL」を学ぶ、
    NEアカデミー「アナログ強化塾 第5回」日経エレクトロニクス 2009年6月1日号

 [5]  H. Kobayashi, Foreword,
    Special Section on Analog Circuits and Related SoC Integrated Technologies,
    EICE Trans. on Electronics, Vol. E92-C No. 6 pp. 745-746 (June 2009).

 [6] 小林春夫
    ナノCMOS時代のAD変換器高性能化技術
    高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所 セミナー(2009年6月)
   (CMOS TDC 回路の考案者である新井康夫先生から招待を受ける)

 [7] 小林春夫、
   159 電子デバイス高精度測定用アナログ・デジタル変換器
   首都圏北部4大学 新技術説明会(2009年7月)

 [8] 小林 春夫、内藤 智洋、高橋 伸夫、壇 徹
    「完全デジタルPLL技術の動向
    MWE2009(Microwave Workshops and Exhibition)
    最新RFアナログ・デジタル融合技術 ワークショップ(2009年11月)、日経エレクトロニクス「完全デジタルPLL回路(ADPLL)を学ぶ

 [9] 小室貴紀、小林春夫
    「計測技術者が知っておくべきアナログ回路の基礎(チュートリアル)」
    電子計測技術者のためのアナログ技術再入門
    Part 1: - 測定対象物からAD変換器まで - (小室)
    Part 2: - AD変換器のデジタル誤差補正・自己校正技術 (小林)
    計測展2009 TOKYO, 日本電気計測器工業会主催、日経BP社共催 (2009年11月).

 [10]  アナログ中核人材育成事業 「アナログ集積回路講座」
     監修: 永田穣
     講座責任者: 小林春夫
     講師: 麻殖生健二、石原昇、弓仲康史、 高井伸和、 傘昊、佐々木義智、伊藤和男、
       白石洋一、、三輪空司、相馬伸一、町田潤一、小林春夫
    協力: 富士電機システムズ 2009年8月ー2009年9月(6時間x10回).

 [11] 応用科学学会 秋季シンポジウム 2009 
    パネルディスカッション『科学技術と人間くささ
    パネリスト:古田 勝久学長、石塚 辰美教授、武者 利光社長東京工業大学教授 藤井 信生、
    群馬大学教授 小林 春夫 関東学院大学教授 水井 潔
    司会:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社 池田 亮太(応用科学学会理事)

 [12] (Invited) H. Kobayashi,
    "Issues and Challenges of Analog Circuit Testing in Mixed-Signal SOC,"
    東京大学VDEC「アドバンテストD2T寄附研究部門」D2Tシンポジウム(2009年12月)

<群馬大学ATECシンポジウム ポスターセッション>

  1st International Conference on Advanced Micro-Device Engineering
  10 - 11 December 2009, Kiryu, Japan

 [1] Tomohiko Ogawa, Haruo Kobayashi, and Nobukazu Takai
   SAR ADC with Redundant Algorithm for DAC Incomplete Settling
   Gunma University, Japan

 [2] Haijun Lin, Haruo Kobayashi, and Nobukazu Takai
   Design of High-Speed High-Resolution Continuous-Time ΔΣAD Modulator
   Gunma University, Japan

 [3] Masato Kaneta, Akihiro Kanbe, Haruo Kobayashi, Hitoshi Hirata, Tatsuhiro Shimura, and Kentaro Yamagish
   Wideband High-Efficiency Envelope Tracking Power Amplifier for Base Station
  Gunma University, Japan and Sumitomo Electric Industries, Ltd., Japan


2008年
<論文>

 [1] 光野 正志、田浦 哲也、鈴木 孝秀、須永 浩誌、山田 佳央、木村 圭吾、森村正直、
    岡野 晴樹、岩崎 正美、宅野 弘行、鈴木 光正、篠田 幸雄、小林 春夫、
    「動ひずみ測定ブリッジ回路の高精度化」、
    電子情報通信学会誌 和文誌C Vol.J91-C, No.3, pp.204-216 (2008年3月).

 [2] H. San, H. Konagaya, F. Xu, A. Motozawa, H. Kobayashi,
    K. Ando, H. Yoshida, C. Murayama and K. Miyazawa,
    “Novel Architecture of Feedforward Second-Order Multibit ⊿ΣAD Modulator,”
    IEICE TRANS on Fundamentals, VOL.E91-A, No.4, pp.965-970, April 2008.

 [3] 光野 正志、木村 圭吾、森 偉文樹、山田 佳央、小林 春夫、小堀 康功、清水 一也、傘 昊、
    「デジタル制御電源用 高時間分解能DPWM回路」、
    電子情報通信学会誌 Vol.J91-C, No.8, pp.418-427 (2008年8月)

<国際会議>

 [1] Hao San and Haruo Kobayashi, Complex Bandpass ΔΣAD Modulator with Noise-coupled Architecture,''
    The 51th IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems(MWSCAS 2008), pp.486-489,
   Knoxville, USA, August 2008.IEEE Xplore

 [2] Haijun Lin, Tomoyuki Tanabe, Atsushi Motozawa,Haruo Kobayashi, Hao San, Nobukazu Takai
    "Design and Analysis of Low Power Inverter-Type Gm-C Bandpass Filter",
    International Analog VLSI Workshop, pp.62-67, Istanbul, Turkey, August,2008.

 [3] K. Asami, H. Suzuki, H. Miyajima., T. Taura, H. Kobayashi,
   "Technique to Improve the Performance of Time-Interleaved A-D converters with Mismatches of Non-linearity",
   The 17th Asian Test Symposium, Sapporo (Nov. 2008).IEEE Xplore

 [4] Tomohiko Ogawa, Haruo Kobayashi, Masao Hotta,Yosuke Takahashi, Hao San, Nobukazu Takai
   "SAR ADC Algorithm with Redundancy",
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Macao, China, pp.268-271, Dec. 2008. IEEE Xplore

 [5] Akihiro KANBE Masato KANETA Haruo KOBAYASHI, Huminori YUI, Nobukazu TAKAI,
   Hitoshi HIRATA, Tatsuhiro SHIMURA and Kentarou YAMAGISHI
   "New Architecture of Envelope Tracking Power Amplifier for Base Station"
  IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Macao, China, pp.296-299, Dec. 2008. IEEE Xplore

 [6] Ibuki MORI, Keigo KIMURA, Yoshihisa YAMADA, Haruo KOBAYASHI, Yasunori KOBORI,
   Santhos Ario Wibowo, Kazuya SHIMIZU, Masashi KONO, Hao SAN
   "High-Resolution DPWM Generator for Digitally Controlled DC-DC Converters",
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Macao, China, pp.914-917, Dec. 2008. IEEE Xplore

 [7] Hajime Konagaya, Haijun Lin, Hao San, Haruo Kobayashi,Kazumasa Ando, Hiroshi Yoshida, Chieto Murayama, Yukihiro Nisida
   "Delta-Sigma AD Modulator for Low Power Application",
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Macao, China, pp.1232-1235, Dec. 2008. IEEE Xplore

 [8] Santhos Ario Wibowo, Zhang Ting, Masashi Kono, Tetsuya Taura, Ibuki Mori,Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   "Analysis of Coupled Inductors for Low-Ripple Fast- Response Buck Converter",
   IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems, Macao, China, pp.1860-1863, Dec. 2008. IEEE Xplore


<国内学会発表>

 [1] 高橋洋介、趙楠、傘昊、三田大介、八木拓哉、小林春夫
   「パイプラインADCデジタル自己校正アルゴリズム」、
   FTC研究会、長崎(2008年1月).

 [2] Atit Tamtrakarn、神戸章宏、徳永健夫、大賀玄一郎、片倉雅幸.
   「A Study on Effect of Integrator Non-Linearity on Performance Degradation of ΣΔ Modulator,」
   電気学会 電子回路研究会、ECT-08-7、福井 (2008年1月).
   (神戸章宏君は小林研M2. ソニー(株) 片倉氏Grの下でのインターンシップで
   この研究開発を手伝い共著者にしていただきました。)

 [3] 趙楠、小林春夫、
   「オーディオ用D級アンプの高性能化の検討
   第38回システムLSI合同ゼミ、東京(2008年1月).

 [4] 田浦哲也、小堀康功、古谷哲也、山田佳央、佐藤知治、森偉文樹、光野正志、小林和幸、小林春夫、鴻上康彦、黒岩洋、黒澤稔
   「ΔΣ変調ADCを用いたモータ駆動用ディジタル信号処理方式の検討」、
   第38回システムLSI合同ゼミ、東京(2008年1月).

 [5] Santhos Ario Wibowo, Zhang Ting, Masashi Kono, Tetsuya Taura, Ibuki Mori, Yasunori Kobori, Haruo Kobayashi,
   ``Analysis of Coupled Inductor for Fast-Response Low-Ripple Buck Converter”(ppt),
   電子情報通信学会 電子通信エネルギー技術研究会、東京(2008年2月).

 [6] 傘昊、小林春夫
   「複素ノイズ結合型バンドパスΣΔAD変調器」、
   電子情報通信学会総合大会、北九州 (2008年3月).

 [7] 加藤貴章、堀田正生、小林春夫、
   「逐次比較形AD変換器用比較器回路」、
   電子情報通信学会総合大会、北九州 (2008年3月).

 [8] 小室貴紀、清水一也、真鍋亘、小林 春夫,、
   「タイムデジタイザを用いたAD変換器の展開と高性能化」、
   電気学会 電子回路研究会ECT08-39 豊橋(2008年3月).

 [9] 清水一也、金田雅人、小林春夫、高井伸和、堀田正生
    「少量ハードウェア タイムデジタイザ回路」、
    電気学会 電子回路研究会ECT-08-38 豊橋(2008年3月).

 [10] 清水一也、安藤和正、森偉文樹、宮島広行、小林春夫、傘昊、高井伸和、堀口将史、村山知支人、西田幸弘、吉田博史、
    「リング発振器を用いたデジタルPWM発生回路」、
    電気学会 電子回路研究会ECT-08-23 豊橋(2008年3月).

 [11] 元澤 篤史、 ロレ パスカル、林海軍、田邊朋之、上森 将文、飯塚 邦彦、小林 春夫、傘 昊、高井 伸和、
    「RFサンプリング連続時間バンドパスΔΣAD変調器アーキテクチャの検討」、
    電気学会 電子回路研究会ECT-08-24 豊橋(2008年3月).

 [12] 小川智彦、小林春夫、高橋洋介、傘昊、堀田正生、
    「冗長性をもった逐次比較近似AD変換アルゴリズム - コンパレータ2個の場合 -」 、
    電気学会 電子回路研究会(ECT-08-25) 豊橋(2008年3月).

 [13] 小長谷 肇、傘 昊、小林 春夫、安藤 和正、吉田 博史、村山 知支人、西田幸弘、
    「ノイズ結合型フィードフォワードΔΣAD変調器の提案」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [14] 傘 昊、小林 春夫、
    「ノイズ結合型複素バンドパスΔΣAD変調器」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [15] 小川 智彦、小林 春夫、高橋 洋介、傘 昊、堀田 正生、
    「冗長性をもった逐次比較近似AD変換アルゴリズム - 3個の比較器を持つ場合 -」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [16] 浅見 幸司、宮島 広行、鈴木 孝秀、田浦 哲也、小林 春夫、
    「インターリーブADCでのチャネル間線形性ミスマッチ影響除去アルゴリズム」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [17] 森 偉文樹、山田 佳央、Santhos Ario Wibowo、光野 正志、小林 春夫、高井 伸和、藤村 征弘、
    杉山 寿男、松田 順一、深井 功、大西 教久、竹田 一郎、
    「デジタル電源でのスペクトラム拡散クロックによるEMI低減化」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [18] 神戸 章宏、金田 雅人、油井 史典、小林 春夫、高井 伸和、平田 仁士、志村竜宏、山岸 健太郎、
    「基地局パワーアンプ用包絡線追跡電源の新アーキテクチャ」 、
    電子情報通信学会、第21回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2008年4月).

 [19] 金田 雅人, 神戸 章宏, 小林 春夫, 油井 史典, 高井 伸和,志村 竜宏, 平田 仁士, 山岸 健太郎、
    「基地局パワーアンプ用包絡線追跡電源の検討」
     電子情報通信学会 シリコンアナログRF研究会、芝浦工大(2008年5月)

 [20] 浅見 幸司、宮島 広行、鈴木 孝秀、田浦 哲也、小林 春夫
    「LSIテスター用インターリーブADCでのチャネル間ミスマッチ影響除去アルゴリズ」
    FTC(Fault Tolerant Computing) 研究会、石川県 志賀の郷温泉(2008年7月)

 [21] 林 海軍、田邊 朋之, 小林 春夫、傘 昊
    「低消費電力インバータタイプGm-C バンドパスフィルタの設計」
    第39回システムLSI合同ゼミ, 中央大 (2008年6月)

 [22] 小林春夫 「今、なぜアナログか」、第1回 会津アナログ研究会、
     特定非営利法人 教育・雇用研究機構 主催 会津大学(2008年8月)

 [23] 森 偉文樹、山田 佳央、Santhos Ario Wibowo、光野 正志、小林 春夫、高井 伸和、藤村 征弘、
     杉山 寿男、深井 功、大西 教久、竹田 一郎、松田 順一、
     「デジタル電源でのスペクトラム拡散クロックによるEMI低減化」
     第 10 回 DSPS 教育者会議 東京工業大学 (2008年9月)

 [24] 小長谷肇、傘昊、小林春夫、安藤和正、吉田博史、村山知支人、西田幸弘
     「ノイズ結合型フィードフォワード⊿∑AD変調器の提案」、
     電子情報通信学会集積回路研究会 第一回ICDサマースクール(C分科会)、淡路島 (2008年8月)
 
 [25] 森 偉文樹、山田 佳央、Santhos Ario Wibowo、光野 正志、小林 春夫、高井 伸和、藤村 征弘、杉山 寿男、松田 順一、
    深井 功、大西 教久、竹田 一郎、
     「デジタル制御電源でのEMI低減化スペクトラム拡散クロック生成アルゴリズム」 、
     第40回システムLSI合同ゼミ、東京(2008年10月).
 
 [26] 小林春夫、 「電子回路と計測制御技術
    応用科学学会 特別記念講演会 基調講演、東工大 (2008年12月)

 [27] 「今後の科学技術と人間くささ
     パネリスト:富塚 誠義、藤井 信生、小林 春夫、水井 潔
     司 会  :高橋 常夫
     応用科学学会 特別記念講演会 パネルディスカッション 東工大 (2008年12月)


<セミナー、講習会、その他>

 [1] 小室 貴紀、林 海軍、清水 一也、小林 春夫、
   "RF回路設計に押し寄せるアーキテクチャの変革を読み解く!CMOS RFIC実現への道のり
   前編: フルCMOSレシーバにみる独創の技術”
   RFワールド 創刊号、CQ出版(2008年1月29日)

 [2] 傘 昊、 "携帯機器用高性能電源回路”、
    科学技術振興機構 (JST)、首都圏北部四大学発 新技術説明会 (2008年2月29日)

 [3] 小室 貴紀、小林 春夫、林 海軍、清水 一也、田邊 朋之
   "RF回路設計に押し寄せるアーキテクチャの変革を読み解く!CMOS RFIC実現への道のり
   後編: CMOSトランスミッタを実現した新技術”
   RFワールド No.2、CQ出版(2008年4月28日)

 [4] 小林春夫
   ”AD変換器の性能向上のためのデジタル誤差補正技術、”
   群馬大学ATEC平成19年度研究成果報告会 (2008年3月)

 [5] 小林春夫
   「新世代アーキテクチャがアナログ・デバイスを変える
   日経エレクトロニクス アナログ技術フォーラム
    - エレクトロニクスが医療を変える -(2008年6月)
    日経エレクトロニクス8月11日号pp105-106

 [6] 小林春夫、
   「△ΣADC/DAC、逐次比較近似ADCのデジタルアシスト技術
   アナログ回路の高性能化のためのデジタルアシスト技術 講座
   日本情報技術センター (2008年11月)

 [7] パネル討論 近年の高周波アナログ技術者の育成をどう行うか?
   オーガナイザ/座長 川崎繁男
   パネリスト 川崎繁男、小牧省三、風間保裕、中島成、小林春夫、伊藤龍男、
    MIcrowave Workshops and Exhibition (MWE), パシフィコ横浜 (2008年11月)

 [8] 小川智彦、下倉進太郎、
   「逐次比較近似ADCの冗長アルゴリズムによる高速化」
   STARCシンポジウム、学生ポスター発表、 パシフィコ横浜 (2008年7月).

 [9] 堀田正生、小林春夫、高井伸和、傘昊
   「ナノメータ技術を考慮した集積化アナログ回路技術の研究」
   STARCシンポジウム、共同研究ポスター発表、 パシフィコ横浜 (2008年7月).

 [10]  アナログ中核人材育成事業 「アナログ集積回路講座」
   監修: 永田穣
   講座責任者: 小林春夫
   講師: 小林春夫、佐々木義智、伊藤和男、麻殖生健二、石原昇、弓仲康史、
       白石洋一、高井伸和、 傘昊、三輪空司、相馬伸一、町田潤一
  協力: 富士電機システムズ
  2008年8月ー2008年9月(6時間x10回).

 [11] 傘 昊、 "無線通信機器用AD変換回路の高精度化・低消費電力化技術"
    Low Power High Resolution Analog-to-Digital Converter for Wireless Communication System
     科学技術振興機構 (JST)つなぐしくみ 新技術説明会 (2008年10月23日)



2007年
<論文>

 [1] 元澤篤史、萩原 広之、山田 佳央、小林 春夫、小室 貴紀、傘 昊、
   「マルチバンドパスΔΣ変調器技術とその応用」、
   電子情報通信学会誌 和文誌C vol. J90-C, no.2, pp.143-158 (2007年2月).

 [2] 小室 貴紀、ヨッヘン・リヴォアル、清水 一也、光野 正志、小林 春夫、
   「タイムデジタイザを用いたAD変換器アーキテクチャ」、
   電子情報通信学会誌 和文誌C vol. J90-C, no.2, pp.125-133 (2007年2月).

 [3] H. San, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, A. Hayakawa, H. Kobayashi,T. Matasuura,
    K. Yahagi, J. Kudoh, H. Nakane, M. Hotta, T. Tsukada, K. Mashiko, and A. Wada,
   ``A Second-Order Multi-bit Complex Bandpass ΔΣAD Modulator With I, Q Dynamic Matching and DWA algorithm”,
   IEICE Trans. Electronics, vol.E90-C, no.6, pp.1181-1188 (June 2007).

 [4]上森 将文、小林 謙介、光野 正志、清水 一也、小林 春夫、戸張 勉、
   「広帯域高精度サンプリング技術」、
   電子情報通信学会誌 和文誌C vol. J90-C, no.9, pp.625-633 (2007年9月).

 [5] T. Komuro, S. Sobukawa, H. Sakayori, M. Kono, H. Kobayashi,
   ``Total Harmonic Distortion Measurement System for Electronic Devices up to100MHz with Remarkable Sensitivity”,
   IEEE Trans. on Instrumentation and Measurement, Volume 56, Issue 6, pp. 2360 - 2368 (Dec. 2007).
   エヌエフ回路設計ブロック社で製品化されました。

<国際会議>

 [1] H. San, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, A. Hayakawa, H. Kobayashi, M. Hotta,
 ``A 2.8-V Multibit Complex Bandpass Delta-Sigma AD Modulator in 0.18umCMOS'',
   ASP-DAC2007, pp.96-97, Yokohama Japan, (Jan. 2007).

 [2] K. Shimizu , T. Komuro, A. Motozawa , H. Lin , M. Kono, H.Kobayashi,
   ``Nonuniform Sampling ADC Using Time-to-Digital Converter and its Signal Processing'',
   ASP-DAC2007 Student Forum, Yokohama (Jan. 2007) .

 [3] M. Kono, Z.Ting, A. Liu, H. Kobayashi, Y. Kobori, T. Taura,
   ``Low-Ripple-Voltage and High-Speed-Response Control System with MEMS Technology for Load Regulation of Switching Regulators ''
   ASP-DAC2007 Student Forum, Yokohama (Jan. 2007) .

 [4] Hao San, Hajime Konagaya, Feng Xu, Atsushi Motozawa, Haruo Kobayashi,
   Kazumasa Ando, Hiroshi Yoshida and Chieto Murayama
   "Second-Order ΔΣAD Modulator with Novel Feedforward Architecture'',
   The 50th IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems (MWSCAS 2007),
   pp.148-151, Montreal, Canada (August 2007).IEEE Xplore

 [5] T. Komuro, H. Kobayashi, M. Kono, H. Lin, Y. Kobori
    "Measurement and Control Technologies in Analog IC Design",
    1st International Topical Meeting on Precision Measuement,
    Kiryu (Sept. 2007) (Invited)  
 
 [6]Y. Kobori, M. Kono, H. Kobayashi,
    "Advanced Non-Inverted Buck-Boost Converters using ⊿∑ Modulation",
    1st International Topical Meeting on Precision Measurement,
    Kiryu,Japan (Sept. 2007) (Invited)  
 
 [7] H. San, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, A. Hayakawa, H. Kobayashi,
    "A CMOS Complex Multibit ΔΣAD Modulator",
     1st International Topical Meeting on Precision Measurement,
     Kiryu (Sept. 2007) (Invited)

 [8] M. Uemori, K. Kobayashi, K. Shimizu, M. Kono, H. Kobayashi, T. Tobari
   Wideband Low-Noise Sampling Method 
    1st International Topical Meeting on Precision Measurement,
    Kiryu (Sept. 2007) (Student Paper)

 [9] H. Konagaya, H. San, F. Xu, A. Motozawa, H. Kobayashi, K. Ando, H. Yoshida, C. Murayama, K. Miyazawa, Y. Nishida,  
    "Delta-Sigma ADC Architecture for Power Meter Application",
    1st International Topical Meeting on Precision Measurement,  
    Kiryu (Sept. 2007) (Student Paper)

 [10] M. Kono, T.Taura, T. Suzuki, H. Sunaga, Y. Yamada, K. Kimura, M. Morimura,
    H. Okano, M. Iwasaki, H. Takuno, M. Suzuki、 Y. Shinoda, H. Kobayashi,
    "A High-Precision Dynamic-Strain AC-Measurement Bridge Circuit",
     1st International Topical Meeting on Precision Measurement,  
     Kiryu (Sept. 2007) (Student Paper)

  [11] S. Shimokura, M. Hotta, Y. Takahashi, N. Zhao, H. Kobayashi,
    "Conversion Rate of SAR ADC with Digital Error Correction".
    IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).

  [12] Y. Kobori, M. Kono, H. Kobayashi, T. Shimizu,
     “Advanced Seamless Control for Buck-Boost Converters with Dual ⊿∑ Modulations",
     IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).
 
 [13] H. Lin, A. Motozawa, K. Shimizu, Y. Takahashi, M. Uemori, H. Kobayashi, T. Tanabe, N. Takai, H. San,
    “High Frequency CMOS Gm-C Bandpass Filter Design",
    IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).

  [14] M. Kono, T.Taura, T. Suzuki, H. Sunaga, Y. Yamada, K. Kimura, M. Morimura,
     H. Okano, M. Iwasaki, H. Takuno, M. Suzuki、 Y. Shinoda, H. Kobayashi,
     " High-Precision Strain Measurement Bridge Circuit With On-line Compensation for Parasitic Capacitance Effects",
     IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).

  [15] M. Kono, Z. Ting, L. Aiyan, K. Kimura, H. Kobayashi, Y. Kobori,
     “Low-Ripple-Voltage and High-Speed Control System for Load Regulation of DC-DC Converter",
     IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).

  [16] M. Uemori, K. Kobayashi, M. Kono, K. Shimizu, H. Kobayashi, T. Tobari, Y. Kobori,
    Wideband Low-Noise Sampling Method,
    IEEJ International Analog VLSI Workshop, Limerick, Ireland (Nov., 2007).


<国内学会発表>

 [1] 小堀康功、古谷哲也、光野正志、小林春夫、清水敏彦、
  「ワイド入力レンジ対応のデュアルΔΣ変調方式シームレス制御昇降圧形コンバータ」、
   電気学会全国大会、富山(2007年3月).

 [2] 小林春夫、
   「AD変換器高性能化アルゴリズム
   第11回シリコンアナログRF研究会、東京(2007年3月)(招待講演)

 [3] 木村 圭吾、山田佳央、森偉文樹、小林春夫、小堀康功、清水一也、光野正志、傘昊、
   「高性能デジタル電源用AD変換器とデジタルPWM回路」(ppt)、
   電気学会電子回路研究会 ECT-07-030 大阪(2007年3月)

 [4] 上森将文、小林謙介、小林春夫、清水一也、
   「サンプリング回路の信号ノイズ比と帯域の考察
   電気学会電子回路研究会 ECT-07-031 大阪(2007年3月)

 [5] 清水一也、小林春夫、益子耕一郎、
   「AD変換器でのサンプリング・クロック・ジッタ測定とその誤差補正技術
   電気学会電子回路研究会 ECT-07-032 大阪(2007年3月)

 [6] 元澤 篤史, 清水 一也, 上森 将文 ロレ パスカル, 高橋 洋介、飯塚 邦彦, ,小林 春夫, 傘 昊,高井 伸和、岡本直樹、西田修造、
   「RFサンプリング連続時間バンドパスΔΣ変調器の設計論
   電子情報通信学会 第20回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、(2007年4月).

 [7] 小長谷 肇, 傘 昊, 徐 峰, 元澤 篤史, 小林 春夫, 安藤 和正, 吉田 博史, 村山 知支人,
   「2次ΔΣAD変調器の新フィードフォワード構成の提案
   電子情報通信学会 第20回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、(2007年4月).

 [8] Masashi Kono, Tetsuya Taura, Takahide Suzuki, Hiroshi Sunaga, Yoshihisa Yamada, Keigo Kimura, Masanao Morimura,
    Haruki Okano, Masami Iwasaki, Hiroyuki Takuno, Mitsumasa Suzuki、 Yukio Shinoda, Haruo Kobayashi,
   ``A High-Precision Strain-Measurement Bridge Circuit System with On-line Digital Calibration
   電子情報通信学会 第20回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、(2007年4月).

 [9] 小堀 康功, 古谷 哲也, 光野 正志, 小林 春夫、 清水 俊彦、
   「デュアル・デルタ-シグマ変調方式によるシームレス制御昇降圧形コンバータの性能改善検討
   電子情報通信学会 第20回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、(2007年4月).

 [10] 木村 圭吾, 森 偉文樹, 山田 佳央, 小林 春夫, 小堀 康功, 清水 一也,光野正志, 傘 昊,
   「デジタル制御電源用 高時間分解能DPWM回路
   電子情報通信学会 第20回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、(2007年4月).

 [11] 元澤 篤史、清水 一也、上森 将文、ロレ パスカル、高橋 洋介、林海軍、飯塚邦彦、田邊 朋之、小林 春夫、傘 昊、高井 伸和、
   「RFサンプリング用連続時間バンドパスΔΣAD変調器の検討」、
   電子情報通信学会 第12回 シリコンアナログRF研究会、桐生(2007年6月).

 [12] 森 偉文樹、木村 圭吾、山田 佳央、小林 春夫、小堀 康功、清水 一也、光野正志、傘 昊、
   「デジタル制御電源用AD変換器とDPWM回路の新アーキテクチャ」、
   第36回システムLSI合同ゼミ、東京(2007年6月)

 [13]趙楠、高橋洋介、光野正志、亀山修一、馬場雅之、小林春夫、
   「アナログバウンダリスキャンの測定評価と応用の検討」、
   フォールト・トレラント・コンピューテング (FTC)研究会、伊豆 (2007年7月)

 [14] 森 偉文樹、木村 圭吾、山田 佳央、小林 春夫、小堀 康功、清水 一也、光野正志、傘 昊、
  「デジタル制御電源用DPWM発生回路新アーキテクチャ」、
   第9回DSPS教育者会議、東京(2007年8月).

 [15] 鈴木 孝秀、光野 正志、田浦 哲也、須永 浩誌、山田 佳央、木村 圭吾、 森村 正直、
    岡野 晴樹、岩崎 正美、宅野 弘行、鈴木 光正、篠田 幸雄、小林 春夫、
   「動ひずみ測定回路の自動校正高精度化の実測検証」、
   電気学会 計測研究会、 東京電機大学(2007年9月).

 [16] 光野 正志、森 偉文樹、清水 一也、傘 昊、小林 春夫、
    「携帯機器用高性能電源回路の研究」、
    VDECデザイナーフォーラム2007(若手の会)、北海道(2007年9月).

 [17] 小長谷 肇、傘 昊、徐 峰、元澤 篤史、小林 春夫、安藤 和正、吉田 博史、村山 知支人、宮澤 幹一、西田 幸弘
    「2次フィードフォワードΔΣAD変調器の提案」(ppt)、
    電子情報通信学会 第13回 シリコンアナログRF研究会、北海道(2007年9月).

 [18] 小川智彦、小林春夫、高橋洋介、堀田正生、
    「冗長性をもった逐次比較近似AD変換アルゴリズム」,
    電子情報通信学会 回路とシステム研究会、東京 (2007年10月).

 [19] 小堀康功、古谷哲也、山田佳央、佐藤友治、田浦哲也、森 偉文樹、光野正志、小林和幸、小林春夫、鴻上康彦、黒岩 洋、黒澤 稔、
    「⊿∑変調ADCを用いたモータ駆動用ディジタル信号処理方式の検討」(ppt)、
    電子情報通信学会 集積回路研究会、高知 (2007年12月).


<セミナー、講習会、その他>

 [1] 招待講演 : Hao SAN,
   ``A CMOS Multibit Complex Bandpass Delta-Sigma AD Modulator,"
   Analog Devices Asia Technical Conference (ATC - 2007), Shanghai, China, March 2007

 [2]  経済産業省委託事業、アナログ中核人材育成事業
   「アナログ集積回路講座」
   監修: 永田穣
   講師: 佐々木、小林、小堀、石原、伊藤、白石、弓仲、高井、傘、三輪、麻殖生、田中、光野、
   協力: アナログチップデザイン、富士電機システムズ、丸紅ソリューション、シルバコジャパン、サイバネット各社
        2007年8月ー2007年9月(6時間x10回).

 [3] 群馬大学 電気電子工学科 小林春夫研究室(A,B,C,D)
  「携帯機器用高性能電源回路」、イノベーション・ジャパン2007 大学見本市、東京
  (2007年9月).

 [4] 小林春夫、 「ナノCMOS時代のアナログ技術- AD変換器技術を中心として -」
   トリケップス社主催セミナー、東京、(2007年9月).

 [5]  小林春夫、小室貴紀
   「アナログ技術中級セミナー(前半部分)(後半部分)」、
   外国系半導体商社協会主催、東京(2007年10月).

 [6] 小林春夫小室貴紀、「計測技術者が知っておくべきアナログ回路の基礎(チュートリアル)
    計測展2007 TOKYO, 日本電気計測器工業会主催、日経BP社共催 (2007年11月).
    ワインも頂きまして、忘年会の楽しい話題にもなりそうです。

 [7] 小林春夫、
   「ΣΔADCの展開と高性能化技術」、(A,B,C,D)
   学振165委員会 10月研究会(テーマ:ナノCMOS時代のアナログ技術:アナログスケーリングとデジタル補償技術)、
   東京(2007年10月).

 [8]パネル討論 「ナノCMOS時代のアナログ技術のあり方」
   司会:谷口研二
   パネラー:松澤昭、大黒達也、川人祥二、小林春夫、田中聡
   学振165委員会 10月研究会(テーマ:ナノCMOS時代のアナログ技術:アナログスケーリングとデジタル補償技術)、
   東京(2007年10月).

 [9] 光野 正志、傘 昊、小林 春夫、
   「携帯機器のための小型・高性能の電源回路の開発,」
    HEADLINE REVIEW、オーム社技術総合誌 OHM 2007年12月号



2006年

<論文>

 [1] T. Komuro, N. Hayasaka, H. Kobayashi, H. Sakayori,
   ``A Practical Analog BIST Cooperated with an LSI Tester'',
   IEICE Trans. Fundamentals, E89-A, no.2, pp.465-468 (Feb. 2006).

 [2] H. San, A. Hayakawa, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, K. Kobayashi,H. Kobayashi, T. Matsuura,
   K.Yahagi, J. Kudoh, H. Nakane, M. Hotta, T. Tsukada,K. Mashiko, A.Wada,
   ``Complex Bandpass ΔΣAD Modulator Architecture Without I, Q-Path Crossing Layout'',,
   IEICE Trans. Fundamentals, E89-A, no.4 (April 2006).

 [3] M. Uemori, H. Kobayashi, T. Ichikawa, A. Wada, K. Mashiko, T.Tsukada, M. Hotta,
   ``High-Speed Continuous-Time Subsampling Bandpass ΔΣAD Modulator Architecture'',
   IEICE Trans. Fundamentals, E89-A, no.4 (April 2006).

 [4] 柚木崎豊, 小林春夫, 名野 隆夫, 鈴木 達也, 趙 楠,
   ``低電圧 Rail-to-Rail CMOS オペアンプの設計''、
   電子情報通信学会誌 和文誌C Vol.J89-C, No.6(June 2006).

   英訳が次に掲載:
   Y. Yukizaki, H. Kobayashi, T. Myono, T.Suzuki and Nan Zhao ,
    ``Low-Voltage Rail-to-Rail CMOS Operational Amplifier Design'',
   Electronics and Communication in Japan: Part 2, Wiley Periodicals Inc.vol.89, no.11, pp.1-17, (2006).

 [5] 林海軍、山口 宣、真壁 和也、亀井 篤、小林春夫,
   ``電荷モード折り返しAD変換回路''、
   電子情報通信学会誌 和文誌C アナログ回路技術ショートノート特集号、Vol.J89-C, No.10,(Oct. 2006).

<著書>

 [1] 小林春夫、
   デジタルとアナログの調和―先端集積回路の研究
   群馬大学地域連携推進室(GURPO)編 、「群馬大学研究室から新世代への視点」、
   pp.254-256、上毛新聞社、2006年10月.

<国際会議>

 [1] H. San, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, A. Hayakawa, J. Kudoh, K. Yahagi,
   T. Matsuura, H. Nakane, H. Kobayashi, M. Hotta, T. Tsukada,K.Mashiko, A.Wada,
   ``A Multibit Complex Bandpass Delta Sigma AD Modulator with I, Q Dynamic Matching and DWA Algorithm'',
  Asian Solid-State Circuits Conference, Hangzhou, China (Nov.2006).IEEE Xplore

 [2] Y. Kobori, T. Furuya, M.Kono, T. Shimizu, H. Kobayashi,
   ``A New Control Method for Switched Buck-Boost DC-DC Converters with Delta-siguma Modulation for Mobile Equipment'',
    2006 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems, Tottori (Dec. 2006).IEEE Xplore

 [3] M. Hotta, A. Hayakawa, N. Zhao, Y. Takahashi, H. Kobayashi,
   ``SAR ADC Architecture with Digital Error Correction'',
   IEEJ International Analog VLSI Workshop, Hangzhou, China (Nov.2006).

 [4] Y. Kobori, T. Furuya, M.Kono, T. Shimizu, H. Kobayashi,
   ``A New Control Method for Buck-Boost DC-DC Converters Using PWM andDelta-Sigma Modulation for Mobile Equipment,''
   IEEJ International Analog VLSI Workshop, Hangzhou, China (Nov. 2006).

 [5] M. Kono, T. Taura, H. Sunaga, K. Kimura, T. Suzuki, M. Morimura,H. Okano, M. Iwasaki,
   H. Takuno, M. Suzuki, H. Kobayashi,
   ``A High-Precision AC Wheatstone Bridge Strain Gauge'',
   IEEJ International Analog VLSI Workshop, Hangzhou, China (Nov. 2006).

 [6] H. San, A. Hagiwara, A. Motozawa, H. Kobayashi,
   ``DWA Algorithms for Multibit Complex Bandpass ΔΣAD Modulators of Arbitrary Signal Band,'',
   IEEJ International Analog VLSI Workshop, Hangzhou, China (Nov.2006).

<国内学会発表>

 [1] 山田 佳央, 萩原 広之,元澤篤史,小林 春夫, 小室貴紀, 傘 昊、
   「マルチバンドパスΔΣ変調器用DWAアルゴリズムとその応用」
   第32回システムLSI合同ゼミ、東京(2006年1月).

 [2] 須永浩誌, 光野正志, 田浦哲也, 木村圭吾、森村正直、岡野晴樹、
   岩崎正美、宅野弘行、鈴木光正、小林春夫、
   「ひずみ測定ブリッジ回路の寄生容量影響の除去手法」、
   電気学会、電子回路研究会、桐生(2006年3月).

 [3] 早川晃, 趙楠, 堀田正生, 小林春夫、
   「高性能逐次比較AD変換器アーキテクチャ」、
   電気学会、電子回路研究会、桐生(2006年3月).

 [4] 傘昊、萩原広之、元澤篤史、山田佳央、小林春夫、
   「任意信号帯域のマルチビット複素バンドパス⊿∑AD 変調器用DWAアルゴリズム」、
   電気学会、電子回路研究会、桐生(2006年3月).

 [5] 高橋洋介、林海軍、小林春夫、小室貴紀、高井伸和、
   「発振を利用したアナログフィルタのテスト・調整」、
   電気学会、電子回路研究会、桐生(2006年3月).

 [6] 小堀 康功, 古谷 哲也, 津金 民人, 小林春夫、
   「携帯機器用DC-DCコンバータの制御切換え方式の検討」、
   電気学会、電子回路研究会、桐生(2006年3月).

 [7] 清水一也, 元澤篤史, 林海軍、小室貴紀,小林春夫、
   「タイムデジタイザを用いた非同期サンプリングAD変換器と信号処理」、
   電子情報通信学会、第19回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2006年4月).

 [8] 元澤篤史, 萩原 広之, 山田 佳央, 小林 春夫, 小室貴紀, 傘 昊、
   「マルチバンドパスΔΣ変調器用DWAアルゴリズムとその応用」、
   電子情報通信学会、第19回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2006年4月).

 [9] 光野正志、張挺、劉愛燕、木村圭吾、小林春夫、小堀康功、
   「スイッチング電源回路のMEMS技術を用いた低リップル・高速応答制御方式」、
   電子情報通信学会、電子通信エネルギー技術研究会、東京(2006年5月)

 [10] 上森将文、林海軍、市川知成、元澤篤史、小林春夫、
   「高周波連続時間バンドパスΔΣAD変調器アーキテクチャ  ―RFサンプリングを目指して」、
   電子情報通信学会、第8回シリコンアナログRF研究会、京都(2006年5月)

 [11] 光野正志, 田浦哲也, 須永浩誌,木村圭吾、森村正直、岡野晴樹、岩崎正美、宅野弘行、鈴木光正、小林春夫 、
   「高精度ひずみ測定用ブリッジ回路システム」、
   第33回システムVLSI合同ゼミ、東京(2006年6月).

 [12] 小林春夫、小室貴紀、光野正志、
   「ミックスドシグナルLSIテスト技術と産学協同研究事例」、
   JEITA半導体技術ロードマップ専門委員会(STRJ)WG2(テスト)アナログDFT技術講演会、東京(2006年6月).

 [13] 清水一也, 元澤篤史, 林海軍、小室貴紀, 小林春夫 、
   「微細CMOS向き非同期サンプリングADCアーキテクチャと信号処理」、
   第8回DSPS教育者会議、東京(2006年8月).

 [14] 田浦哲也, 光野正志,須永浩誌,木村圭吾、森村正直、岡野晴樹、岩崎正美、宅野弘行、鈴木光正、小林春夫、
   「高精度ひずみ測定用ブリッジ回路システム」、
   計測自動制御学会計測部門主催、第23回センシングフォーラム、筑波(2006年10月).

 [15] 光野正志、
   招待講演 「回路設計の観点からのMEMS研究への取り組み」、
   VDEC デザイナーフォーラム2006(若手の会)、高知(2006年9月).

 [16] 光野正志、張 挺、小林 春夫、小堀 康功、
   「スイッチを用いた可変インダクタによる電源の高性能化」、
   電気学会、電子回路研究会、福岡(2006年10月).

 [17] 回路設計の立場からのMEMS技術
   群馬大学小林研究室、 MEMS&ナノテク関連展示会、筑波(2006年10月).

 [18] 清水一也,小室 貴紀,元澤 篤史,林 海軍,小林 春夫、
   「タイムデジタイザを用いた非同期サンプリングAD変換器」、
   システムLSI合同ゼミ、東京(2006年10月) .

 [19] 清水一也,小室 貴紀,元澤 篤史,林 海軍,小林 春夫、
   「タイムデジタイザを用いた非同期サンプリングAD変換器の高性能化の検討」、
  シリコンアナログRF研究会、福岡(2006年11月).

<セミナー、講習会>

 [1] 経済産業省委託事業、アナログ中核人材育成事業
   「アナログ集積回路講座」
   監修: 永田穣
   講師: 佐々木、小林、小堀、石原、伊藤、白石、弓仲、高井、傘、三輪、麻殖生、田中、光野、
   協力: アナログチップデザイン、富士電機システムズ、丸紅ソリューション、シルバコジャパン、サイバネット各社
   2005年12月ー2006年1月(6時間x10回).

 [2] 小林春夫、
   「マルチバンド/モード対応デルタシグマAD変調器の取り組みと設計技術および今後の課題・展望」、
   日本技術情報センター主催セミナー(2006年4月19日).

 [3] 小林春夫、
   「電源回路とデルタシグマ変調器」、
   (財)北九州産業学術推進機構、半導体技術センター講習会、
   (2006年5月12日).

 [4] 小林春夫、
   「アナログ回路設計技術(基本編)」、
   ATN会員として半導体メーカー中堅技術者対象、2006年8月、9月に3時間x8回

 [5] 小林春夫、高井伸和、傘昊、石川信宣、下田勝二、光野正志、趙楠,
   「アナログ技術入門セミナー」、
   外国系半導体商社協会主催(2006年10月31日)

<その他>

 [1] 電子情報通信学会ソサエティ大会(2006年9月 金沢)
   パネル討論; アナログ回路技術者をどう育てるか?
   オーガナイザ: 中村 祐一 
   座長:堀田正生
   パネリスト:小林春夫、兵庫明、飯田哲也、道正志郎、板倉哲朗

 [2] 2006東京国際デジタル会議(http://business.nikkeibp.co.jp/digital2006/program/index.shtml)
   9月8日(金)午後
   トラックIII「モノづくり大国の勝ち残り戦略」
   セッション「ヒト作りが支える電子部品の市場拡大」
   タイトル
   「電子機器の進化を支えるアナログ技術,その人材育成
   モデレータ: 望月洋介
   
   日経エレクトロニクス掲載の関連記事
   講演: 小林春夫



2005年

<論文>

 [1] J. Otsuki,H. San, H. Kobayashi, T. Komuro, Y. Yamada,A.Liu, 
   ``Reducing Spurious Output of Balanced Modulators by Dynamic Matching of I, Q Quadrature Paths'',
   IEICE Trans. on Electronics, E88-C, no.6, pp.1290-1294(June2005).

<国際会議>

 [1] H.San, H. Kobayashi,
   ``Design of Discrete-Time Multi-bit Complex Bandpass Delta Sigma AD Modulators'',
   ASP-DAC 2005,  Ph.D. forum (poster session), Shanghai,China (Jan 2005).

 [2] T. Komuro, N. Hayasaka, H. Kobayashi, H. Sakayori,
   ``A Practical BIST Circuit for Analog Portion in Deep Sub-Micron CMOS SystemLSI'',
   International Symposium on Circuits and Systems (ISCAS), Kobe(May.2005).IEEE Xplore

 [3] M. Uemori, H. Kobayashi, T. Ichikawa,
   ``High-Speed Continuous-Time Bandpass Delta-Sigma AD Modulator Architecture
   Employing Subsampling Technique with RF DAC'',
   Fifth International Conference on Advanced AD and DA Conversion Techniques and Their Applications,
   Limberick, Ireland (July 2005). (http://conferences.iee.org/adda/)
 
 [4] T. Komuro, S. Sobukawa, H. Kobayashi, H. Sakayori,
   "THD Measurement and Compensation for Analog Circuits with Fine CMOS Devices",
   International Conference on Solid-State Devices and Materials, Kobe(Sept.2005).

 [5] H. San, A. Hayasaka, Y. Jingu, H. Wada, H. Hagiwara, K. Kobayashi,H.Kobayashi,T. Matsuura,
   K. Yahagi, J. Kudoh, H. Nakane, M. Hotta, T. Tsukada, K. Mashiko, A.Wada,
   ``Complex Bandpass Delta-Sigma AD Modulator Architecture with Dynamic Matching of I,Q Paths'',
   IEEJ International Analog VLSI Workshop., Bordeaux, France (Oct.2005).

 [6] M. Kono, K. Kimura, T. Komuro, H. Kobayashi, T. Taura, H. Sunaga,H. Sakayori, Y. Yasuda,
   ``Designing Variable Inductors with MEMS Technology'',
   IEEJ International Analog VLSI Workshop., Bordeaux, France (Oct.2005).

<国際学会パネルディスカッション>

 [1] Digitizing the Radio to the Antenna ? Will Radios Still Need Analog in 2010 ?
   Organizer: A. Matsuzawa, M. Huang,
   Moderator: P. Kignet
   Panelists: T. Arnaud, Q. Huang, C.-M. Hung, H. Kobayashi, I. Mehr, S. Tanaka,
   Analog Rump Session, 2005 Symposium on VLSI Circuits, Kyoto (June 2005).

<国内学会発表>

 [1] 木村圭吾、光野 正志、小室 貴紀、小林 春夫, 酒寄 寛, 安田 祐造、
   「MEMS技術を用いた可変インダクタの研究」、
   第29回システムVLSI合同ゼミ、東京(2005年1月).

 [2] 山口 宣,真壁和也,亀井 篤,市川知成,小林春夫
   「高速6bit CMOS AD変換器の設計」、
   電気学会、電子回路研究会、千葉(2005年3月).

 [3] 仁木義規,小林春夫、
   「高性能カレントミラー回路の設計とその応用」、 
   電気学会、電子回路研究会、千葉(2005年3月).

 [4] 柚木﨑豊、小林春夫、名野隆夫,鈴木達也、
   「Rail-to-rail CMOS オペアンプの設計」、
   電気学会、電子回路研究会、千葉(2005年3月).

 [5] 稲葉晋也、小林春夫、名野隆夫、鈴木達也、
   「線形CMOS演算トランスコンダクタンス増幅回路の設計」、
   電気学会、電子回路研究会、千葉(2005年3月).

 [6] 松川朋広、小林春夫、傘昊、名野隆夫,鈴木達也、
   「高効率チャージポンプ電源回路の設計」、
   電気学会、電子回路研究会、千葉(2005年3月).

 [7] 傘 昊, 早川 晃, 神宮 善敬, 和田 宏樹, 萩原広之, 小林 和幸, 小林 春夫,
   松浦達治, 矢萩 孝一, 工藤 純也, 中根 秀夫、
   「I,Qパスを分離した複素バンドパスΔΣAD変調器のアーキテクチャ」、
   電子情報通信学会、第18回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、pp.373-378(2005年4月).

 [8] 光野 正志, 木村圭吾, 小室 貴紀、小林 春夫, 酒寄 寛, 安田 祐造、
   「MEMS技術を用いた可変インダクタの設計」、
   電子情報通信学会、第18回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2005年4月).

 [9] 上森将文, 小林春夫、
   「高速連続時間バンドパス・ΔΣAD変調器アーキテクチャ- RF DAC によるサブサンプリングの実現-」,
   電子情報通信学会 第18回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2005年4月).

 [10] 小室貴紀、曽布川慎吾、小林春夫、酒寄寛、
   「Total HarmonicDistortion Measurement System for Electronic Devices up to 100MHz with Remarkable Sensitivity」、
   電気学会、電子回路研究会、仙台(2005年6月).

 [11] 張挺、光野正志、小林春夫、小堀康功、
   「スイッチング電源の負荷変動に対する高速応答制御方式」、
   電気学会、電子回路研究会、仙台(2005年6月).

 [12] 神宮善敬、和田宏樹、傘昊、小林春夫、
   「複素バンドパス・デルタ・シグマAD変調器の新構成」、
   第30回システムVLSI合同ゼミ、東京(2005年6月).

 [13] 市川知成、上森将文, 小林春夫、
   「高速連続時間バンドパス・デルタシグマAD変調器アーキテクチャ-RF DAC によるサブサンプリングの実現-」、
   第31回システムVLSI合同ゼミ、東京(2005年10月).

 [14] 萩原広之、元澤篤史、小林春夫、小室貴紀、傘昊、
   「マルチバンドパスΔΣ変調器のDWAアルゴリズム」、
   電気学会、電子回路究会、那須塩原(2005年12月).

 [15] 林海軍、清水一也、高橋洋介、元澤篤史、小林春夫、神宮善敬、高井伸和、
   「NautaのOTA を用いた高周波Gm-Cバンドパスフィルタの検討」、
   電気学会、電子回路究会、那須塩原(2005年12月).

<解説>

 [1] 小室貴紀、小林春夫、酒寄寛、光野正志、
   「ミックスト・シグナルLSIテスタ技術の基礎(前編)-システムLSIの品質・信頼性を保証するための基盤技術-」、
   Design Wave Magazine、pp.108-117 (2005年6月).
   http://www.cqpub.co.jp/dwm/Contents/dwm0091i.htm

 [2] 小室貴紀、小林春夫、酒寄寛、光野正志、
   「ミックスト・シグナルLSIテスタ技術の基礎(後編)-MEMS 技術がLSI テストの課題を解決-」、
   Design Wave Magazine、pp.94-102 (2005年7月).
   http://www.cqpub.co.jp/dwm/Contens/dwm0092i.html



2004年

<論文>

 [1] H. San, H. Kobayashi, S. Kawakami, N. Kuroiwa,
   ``A Noise-Shapin g Algorithm of Multi-bit DAC Nonlinearities in Complex Bandpass Δ ΣAD Modulators'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Com munications and Computer Sciences,
   E87-A, no. 4, pp.792-800 (April. 2004).

 [2] T. Myono, Y. Onaya, K. Kashiwase, H. Kobayashi, T. Nishi, K. Kobayashi, T. Suzuki, K. Henmi,
   ``Reducing Startup-time Inrush Curr ent in Charge Pump Circuits'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Elec tronics, Communications and Computer Sciences,
   E87-A, no. 4, pp.78 7-791 (April. 2004).

 [3] N. Hayasaka and H. Kobayashi,
   ``Input-Dependent Sampling-Time Error Effects in MOS Samplers'',
    IEICE Trans. on Electronics, E87-C, no. 6, pp.1015-1021 (June 2004).

<国際会議>

 [1] H. San, H. Kobayashi, S. Kawakami, N. Kuroiwa, H. Wada,
   "An El ement Rotation Algorithm for Multi-bit DAC Nonlinearities in Compl ex Bandpass Delta-Sigma AD Modulators'',
   IEEE 17th International Conference on VLSI Design, pp.151-156, Mumbai.India (Jan. 2004). IEEE Xplore

 [2] J. Otsuki, H. San, H. Kobayashi, T. Komuro,
   "Reducing Spuriou s Output of Balanced Modulators by Dynamic Matching of I, Q Quadra ture Paths'',
   The 47th IEEE International Midwest Symposium on Circuits and Systems,
   pp.I-205 - I-208, Hiroshima (July 2004).IEEE Xplore

 [3] Masashi Kono, Takanori Komuro, Haruo Kobayashi, Keigo Kimura,Hiroshi Sakayori, and Yuzo Yasuda,
   "MEMS Design for LSI Tester App lications".
   2004 IEEJ International Analog VLSI Workshop, pp.293- 296, Macao SAR, China (Oct. 2004).

<報文>

 [1] 小林春夫、光野正志、
   「ディジタル時代のアナログ技術」、
   機械の研究、養賢堂 (2004).

<国内学会発表>

 [1] 柏瀬賢二、「ダイレクト・コンバージョン受信機用ミキサ回路の検討」、
   第26回システムVLSI合同ゼミ、東京(2004年1月).

 [2] 亀井篤、真壁和也、山口宣、市川友成、小林春夫、
   「CMOS 折り返し・補間型ADCでのデジタル誤差補正技術」、
   第26回システムVLSI合同ゼミ、東京(2004年1月).

 [3] 早坂直人、小林春夫、小室貴紀、 酒寄寛、
   「高周波アナログLSIのテスト容易化回路」、
   電子情報通信学会 総合大会、東京(2004年3月).

 [4] 大槻純、傘昊、小林春夫、宮本幸治、
   「I、Q経路ダイナミック・マッチング法による高周波信号発生器の低スプリアス化」、
   電子情報通信学会総合大会、東京(2004年3月).

 [5] 早坂直人、小林春夫、小室貴紀、 酒寄寛、
   「高周波アナログLSIのテスト容易化回路」、
   電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ pp. 63 - 68 (2004年4月).

 [6] 松川朋広、傘昊、小林春夫、吉澤美香、黒岩伸幸、名野隆夫、鈴木達也、女屋佳隆、
   「チャージポンプ電源回路の高性能化の検討」、
   電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、pp. 69 - 74 (2004年4月).

 [7] 大槻純、傘昊、小林春夫、小室貴紀、宮本幸治、
   「I、Q経路ダイナミック・マッチング法による高周波信号発生器の低スプリアス化」、
   電子情報通信学会 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ、pp. 375 - 380  (2004年4月).

 [8] 市川知成、山口宣、真壁和也、亀井篤、小林春夫、
   「複素バンドパス・デルタシグマAD変調器のI.Q経路ミスマッチの影響」、
   第27回システムVLSI合同ゼミ、東京(2004年5月)

 [9] 林海軍、神宮善敬、稲葉晋也、小林春夫、
   「低電圧・高周波トランスコンダクタンス増幅器 - Nauta のOTA の改良 -」、
   電気学会 電子回路研究会、pp.5-10, 函館 (2004年6月).

 [10] 和田宏樹、小林春夫、傘昊、
    「マルチビット複素バンドパスΔΣAD変調器1次DWAアルゴリズムの実現回路の検討」、
    電気学会 電子回路研究会、pp.1-6函館 (2004年6月).

 [11] 萩原広之、傘昊、小林春夫、
    「マルチビット・ローパスΔΣAD変調器2次 DWAアルゴリズムの提案」 、
   電気学会 電子回路研究会、pp.7-12函館 (2004年6月).

 [12] 早川晃、傘昊、小林春夫、神宮善敬、小林和幸、
   「離散時間マルチビット複素バンドパスΔΣAD変調器の設計」、
   電子情報通信学会 集積回路研究会、大阪(2004年7月).

 [13] 萩原広之、傘昊、和田宏樹、早川晃、神宮善敬、小林春夫、
   「スイッチド・キャパシタ複素バンドパス・デルタシグマAD変調器の開発」、
   STAR Cシンポジウム2004ポスター発表、横浜 (2004年9月).

 [14] 仁木義規、川上愼也、小林春夫、傘昊、松川朋広、小室貴紀、岡野晴樹、岩崎正美、宅野弘行、
   「高精度CMOS DA 変換器ICの開発」、
   第6回 DSPS教育者会議、pp.53-56, 東京(2004年10月).

 [15] 小林和幸、萩原広之、神宮善敬、傘昊、小林春夫、
   「複素バンドパス・デルタシグマAD変調器のI.Q経路ミスマッチの影響」、
   第28回システムVLSI合同ゼミ、東京(2004年10月) .

 [16] 小林春夫、大朏孝郎、田中紘資、碓氷旭、光野正志、
   「群馬大学でのアナログ集積回路設計の研究教育の取り組み」、
   第47回 自動制御連合講演会、千葉(2004年11月) .

<その他>

 [1] 傘昊、早川晃、萩原広之、和田宏樹、川上愼也、小林春夫、
   「複素バンドパス・デルタシグマAD変調器用マルチビットDAC非線形性ノイズ・シェープ・アルゴリズム」、
   EDS Fair 2004 STARCブース内ポスター展示 (2004年1月).

 [2] 小林春夫、
   「群馬大学でのアナログ集積回路の研究開発」、
   電子回路研究会、CQ出版社、東京(2004年5月).



2003年

<論文>

 [1] 本木義人、菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「通信用AD変換器テスト評価のためのマルチトーン・カーブ・フィッティング・アルゴリズム」、
    電子情報通信学会和文誌C、vol.J86-C, no.2, pp.186-196 (2003年2月).
    英訳が次に掲載:発表用資料はこちら
    Y. Motoki, H. Sugawara, H. Kobayashi, T. Komuro, and H. Sakayori,
     ``Multi-Tone Curve Fitting Algorithms for Communication Application ADC Testing'',
    Electronics and Communication in Japan: Part 2, Wiley Periodicals Inc.vol.86, no.8, pp.1-11, (2003).

 [2] T. Myono,T. Suzuki, A. Uemoto, S. Kawai, T. Iizima, N. Kuroiwa,and H. Kobayashi,
   ``High-Efficiency Charge-Pump Circuits which use a 0.5Vdd-Step Pumping Method'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
   vol. E86-A, no. 2, pp.371-380 (Feb. 2003).

 [3] T. Daimon, H. Sadamura, T. Shindou, H. Kobayashi, M. Kono, T.Myono, T. Suzuki, S. Kawai, T. Iijima,
   ``Spread-Spectrum Clocking in Switching Regulators for EMI Reduction'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
   vol. E86-A, no. 2, pp.381-386 (Feb. 2003).

 [4] H. Kobayashi, H. Yagi, T. Komuro, H. Sakayori,
   ``Algorithms for Digital Correction of ADC Nonlinearity'',
    IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
    E86-A, no. 2, pp.504-508 (Feb. 2003).

 [5] 定村宏、行方真実、光野正志、小林春夫、石川信宣、
   「スイッチング電源のEMI低減化回路と測定による検証」、
   電子情報通信学会和文誌C 、vol. J86-C, no.11, pp.1169-1176 (2003年11月).

<国際会議>

 [1] H. San, H. Kobayashi, S. Kawakami, N. Kuroiwa and H. Wada,
    ``A Data-Weighted Averaging Algorithm for Multi-but DAC Nonlinearities in Complex Bandpass Delta-Sigma Modulators'',
   10th Electronic Devices and Systems Conference 2003, pp.177-191,Brno, Czech Republic (Sept. 2003).

 [2] H. San, N. Kuroiwa, H. Kobayashi, T. Matsukawa, T. Myono, T.Suzuki and T. Iijima,
    ``Design and Measurement of Highly-Efficient Charge Pump Circuits'',
   10th Electronic Devices and Systems Conference 2003, pp.192-198,Brno, Czech Republic (Sept. 2003).

[3] H. Hayasaka, H. Kobayashi,
   ``Sampling-Time Error Effects due to Finite Clock Slope in MOS Samplers'',
   10th Electronic Devices and Systems Conference 2003, pp.199-211,Brno, Czech Republic (Sept. 2003).

 [4] S. Kawakami, H. Kobayashi, N. Kurosawa, I. Miyauchi, H. Kogure,T.Komuro and H. Sakayori,
    ``Timing Error Analysis in Digital-to-Analog Converters - Effects of Sampling Clock Jitter and Timing Skew (Glitch)'',
   10th Electronic Devices and Systems Conference 2003, pp.212-299,Brno, Czech Republic (Sept. 2003).

<著書>
 
 [1] 小林春夫、
   「アナログ集積回路の研究」、
   北関東産官学研究会編、「未来を 拓く」、pp.130-133, 上毛新聞社、2003年6月.

<国内学会>

 [1]山口宣、小林春夫、康剣、仁木義規、北原崇、
   「RCポリフェーズ・フィルタの解析 - 高次フィルタ伝達関数、ナイキスト線図の導出、寄生容量の影響の解析 -」、
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、和歌山(2003年1月).

 [2]仁木義規、康剣、小林春夫、山口宣、北原崇、
   「RCポリフェーズ・フィルタの解析と設計 - 入力インピーダンス、出力終端、素子ばらつきの影響の解析、通過域平坦利得フィルタ設計 -」、
   電子情報通信学会 回路とシステム研究会、和歌山(2003年1月)

 [3] 早坂直人、小林春夫、
   「MOS サンプリング回路の入力信号依存サンプリング・ジッタの影響の解析」、
   電気学会 電子回路研究会、和歌山(2003年1月).

 [4] 康剣、小林春夫、仁木義規、山口宣、北原崇,
   「無線送受信機アナログ・フロント・エンド部用RCポリフェーズ・フィルタの解析と設計」、
   第23回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年2月).

 [5] 光野正志、定村宏、行方真実、小林春夫、石川信宣、
   「スイッチング電源のEMI低減化回路と測定による検証」、
   第23回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年2月).

 [6] 傘昊、小林春夫、川上愼也、黒岩伸幸、
   「バンドパスΔΣAD変調器用マルチビットDAC非線形性のノイズ・シェープ・アルゴリズム」、
   電子情報通信学会、総合大会、仙台(2003年3月).

 [7] 行方真実、定村宏、光野正志、小林春夫、石川信宣、
   「スイッチング電源のEMI 低減化回路と測定による検証」 、
   電子情報通信学会、回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2003年4月).

 [8] 傘昊、小林春夫、川上愼也、黒岩伸幸、
   「複素バンドパスΔΣAD 変調器用マルチビットDAC 非 線形性のノイズ・シェープ・アルゴリズム」、
   電子情報通信学会、回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2003年4月).

 [9] 名野 隆夫、女屋 佳隆、柏瀬 賢二・小林春夫、小林 一行、鈴木 達也、逸見 和夫、
   「チャージポンプ電源回路の突入電流とその対策」、
   電子情報通信学会、回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2003年4月).

 [10] N. Hayasaka, H. Kobayashi,
   「Input-Dependent Sampling-Time Error Effects in MOS Sampling Circuits」、
   電子情報通信学会、回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2003年4月).

 [11] 稲葉晋也、高橋憲普、神宮善敬、和田宏樹、林海軍、 小林春夫、
   「複素アナログ・バンドパス・フィルタの解」、
   第24回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年5月).
 
 [12] 川上愼也、傘昊、定村宏、小林春夫、岡野晴樹、岩崎正美、
   「10bit CMOS DA 変換器の設計」、
   第24回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年5月)

 [13] 傘昊、早川晃、萩原広之、和田宏樹、小林春夫、川上愼也、黒岩伸 幸、
   「複素バンドパス・デルタシグマAD変調器用マルチビットDAC非線形性のノイズ・シェープ・アルゴリズム」、
   STARCシンポジウム2003ポスタ ー発表、大阪 (2003年9月).

 [14] 神宮善敬、和田宏樹、稲葉晋也、小林春夫、高橋憲普、林海軍、
   「複素バンドパス Gm-C フィルタの構成の検討」、
   電子情報通信学会ソサイエティ大会、新潟 (2003年9月).

 [15] 傘昊、松川朋広、黒岩伸幸、小林春夫、名野隆夫、
   「高効率チャー ジポンプ回路の設計と測定」、
   電子情報通信学会ソサイエティ大会、新潟 (2003年9月).

 [16] 早坂直人、小林春夫、
   「MOSサンプリング回路でのクロックの有限スロープによるサンプル時間誤差の影響」、
   第25回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年10月).

 [17] 松川朋広、傘昊、黒岩伸幸、小林春夫、名野隆夫、
   「高効率チャー ジポンプ回路の設計と測定」、
   第25回システムVLSI合同ゼミ、東京(2003年10月).

<その他>

 [1] 群馬大学工学部電気電子工学科小林研究室、
   「先端アナログ集積回路 の研究開発」、
   合同シーズ展ポスター展示、埼玉県産業技術総合センター(2003年6月)

 [2] 小林春夫、
   「群馬大学におけるアナログ集積回路研究開発」、
   群馬大学科学技術振興会セミナー ―アナログ技術の見直しで新産業を振興できないか?―、
   桐生、(2003年12月).



2002年

<論文>

 [1] H. Kobayashi, K. Kobayashi, M. Morimura, Y. Onaya, Y. Takahashi,K. Enomoto, and H. Kogure,
   ``Sampling Jitter and Finite Aperture Time Effects in Wideband Data Acquisition Systems'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol. E85-A, no. 2 (Feb. 2002).

 [2] N. Kurosawa, H. Kobayashi and K. Kobayashi,
   ``Channel Linearity Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol. E85-A, no. 4, pp.749-756 (April 2002).

 [3] M. Kimura, K. Kobayashi and H. Kobayashi,
   ``A Quasi-Coherent Sampling Method for Wideband Data Acquisition'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol. E85-A, no. 4, pp.757-763, (April 2002).

 [4] H. Kogure, H. Kobayashi, Y. Takahashi, T. Myono, H. Sato, Y.Kimura, Y. Onaya and K. Tanaka,
   ``Analysis of CMOS ADC Nonlinear Input Capacitance'',
   IEICE Trans. Electron, vol.E85-C, no.5, pp.1182-1190 (May 2002).

 [5] N. Kurosawa, H. Kobayashi, H. Kogure, T. Komuro and H. Sakayori,
   ``Sampling Clock Jitter Effects in Digital-to-Analog Converters'',
   MEASUREMENT, Journal of the International Measurement Confederation IMEKO,
    Special Issue on DAC Modelling and Testing, vol.31, no.3,pp.187-199 (March 2002).

<国際会議>

 [1] H. Kobayashi, J. Kang, T. Kitahara, S. Takigami, H. Sakamura,
   ``Explicit Transfer Function of RC Polyphase Filter for Wireless Transceiver Analog Front-End,'',
   2002 IEEE Asia-Pacific Conference on ASICs, pp.137-140, Taipei,Taiwan (Aug. 2002).IEEE Xplore

 [2] H. Sadamura, T. Daimon, T. Shindo, H. Kobayashi, T. Myono, T.Suzuki, S. Kawai, T. Iijima,
   ``Spread-Spectrum Clocking in Switching Regulators to Reduce EMI'',
   2002 IEEE Asia-Pacific Conference on ASICs, pp.141-144, Taipei,Taiwan (Aug. 2002).IEEE Xplore

 [3] K. Kashiwase, H. Kobayashi, N. Kuroiwa, N. Hayasaka, S. Inaba, T. Myono, T. Suzuki, T. Iijima, S. Kawai,
   ``Dynamics of Parallel-Type and Serial-Type Charge Pump Circuits for High Voltage Generation'',
   2002 IEEJ International Analog VLSI Workshop, pp.14-19, Singapore (Sept. 2002).

<国内学会発表>

 [1] 黒岩伸幸、傘昊、小林春夫、名野隆夫、鈴木達也、飯島隆、河井周平、 植本彰、
   「チャージポンプ電源回路の設計改良と測定」、
   第20回システムVLSI合同ゼミ、 東京 (2002年1月).

 [2] 進藤崇之、大門孝幸、定村宏、小林春夫、名野隆夫、鈴木達也、河井周平、 飯島隆、
   「ノイズ・スペクトラム拡散技術を用いたスイッチング電源回路」、
   第20回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2002年1月).

 [3] 大門孝幸、定村宏、進藤崇之、小林春夫、名野隆夫、河井周平、飯島隆、
   「疑似ランダム・デジタル変調によるスイッチングノイズ・スペクトラム拡散技術を用いたDC-DC変換回路」、
   電気学会、電子回路研究会、熊本(2002年1月).

 [4] Jian KANG, Haruo KOBAYASHI, Takashi KITAHARA and Seiya TAKIGA MI、
   ``Explicit Analysis of RC Polyphase Filter for I, Q Signal Gen eration and Image Rejection'',
   第15回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2002年4月).

 [5] Kenji KASHIWASE, Haruo KOBAYASHI, Nobuyuki KUROIWA, Naoto HAYA SAKA,
   Takao MYONO,Tatsuya SUZUKI, Takashi IIJIMA, and Shuhei KAWAI、
   ``Dynamics of Dickson Charge Pump Circuit'',
   第15回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2002年4月).

 [6] Hiroshi YAGI, Haruo KOBAYASHI, Takanori KOMURO and Hiroshi SAKAYORI,
   ``Digital Correction Algorithms for ADC Nonlinear ity'',
   第15回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2002年4月).

 [7] 定村宏, 大門孝幸, 進藤崇之, 小林春夫、名野隆夫, 鈴木達也,  河井周平, 飯島隆、
   「EMI低減化のためのスイッチングノイズ・スペク トラム拡散技術を用いたDC-DC変換回路」、
   第15回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2002年4月).

 [8] 本木義人、菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「通信用AD変換器テスト評価のためのマルチトーン・カーブ・フィッテング・アルゴリズム」、
   電子情報通信学会、回路とシステム研究会、広島(2002年6月).

 [9] 小林春夫、
   「フルカスタム・アナログ・デジタル混載LSI設計技術」、
   首都圏北部産学連携フェスタ2002、前橋(2002年3月).

 [10] 亀井篤、真壁和也、小暮英行、黒沢直樹、女屋佳隆、小林春夫、木村安行、
    「CMOS AD変換器の高速・高精度化」、
   第21回システムVLSI合同ゼミ、東京(2002年5月).

 [11] 川上愼也、宮内一行、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「高速高精度CMOS DA変換器の設計」、
   第21回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2002年5月).

 [12] 本木義人、菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「通信用AD変換器テスト評価のためのマルチトーン・カーブ・フィッテング・アルゴリズム」、
   電子情報通信学会、回路とシステム研究会、広島(2002年6月).

 [13] 光野正志、定村宏、大門孝幸、進藤崇之、小林春夫、
    「デジタル信号処理技術を用いたスイッチング電源のEMI低減化」、
   第4回DSPS教育者会議、pp.89-94、東京(2002年8月).

 [14] 本木義人、菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「AD変換器の周波数領域性能評価用マルチトーン・カーブ・フィッティング・アルゴリズム」、
   電子情報通信学会全国大会、宮崎(2002年9月).

 [15] 本木義人、菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「AD変換器の相互変調歪み評価のためのマルチトーン・カーブ・フィッテング・アルゴリズムの開発」、
   第22回システムVLSI合同ゼミ、東京(2002年10月).

 [16] 八木宏、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
   「AD変換器の非線形性のデジタル補正アルゴリズム」、
   第22回システムVLSI合同ゼミ、東京(2002年10月).

 [17] 小林春夫、
   「最近のエレクトロニクス設計手法」、
   産学連携技術開発研究会、東京(2002年10月).

 [18] 定村宏、行方真実、光野正志、小林春夫、石川信宣、
   「スイッチング電源のEMI低減化回路と測定技術」、
   電気学会、電子回路研究会、東京(2002年12月).

<その他>

 [1] 小林春夫、
   超高速電子計測ミニ特集号編集後記、計測と制御、Vol.41, no.4, p.313 (2002)



2001年

<論文>

 [1] M. Kimura, A. Minegishi, K. Kobayashi, and H. Kobayashi,
    ``A New Coherent Sampling System with a Triggered Time Interpolation'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol. E84-A, no. 3, pp.713-719 (March 2001).

 [2] N. Kurosawa, H. Kobayashi, K. Maruyama, H. Sugawara, and K. Kobayashi ,
   ``Explicit Analysis of Channel Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems'',
   IEEE Trans. on Circuits and Systems I: Fundamental Theory and Applications, vol.48, no.3, pp.261-271 (March 2001).

 [3] H. Kobayashi, M. A. Mohamed Zin, H. Sato, K. Kobayashi, H. San, J.Ichimura, Y. Onaya, N. Kurosawa,
   Y. Kimura, Y. Yuminaka, K. Tanaka, T. Myono and F. Abe,
   ``High-Speed CMOS Track/Hold Circuit Design'',
   Analog Integrated Circuits and Signal Processing, Kluwer Academic Publishers, vol.27, no.4, pp.165-176 (April 2001).

 [4] T. Myono, S. Kawai, A. Uemoto, T. Iizima, and H. Kobayashi,
   ``Highly Efficiency Charge-Pump Circuits with Large Current Output for Mobile Equipment Applications'',
   IEICE Trans. Electron (Oct. 2001).

<国際会議>

 [1] N. Kurosawa, H. Kobayashi, and K. Kobayashi,
   ``Channel Linearity Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems'',
   International Symposium on Circuits and Systems, pp.I-420 - I-423,Sydney, Australia (May 2001).IEEE Xplore

<解説・報文>

 [1] H. Kobayashi, K. Kobayashi, H. Sakayori and Y. Kimura,
   ``ADC Standard and Testing in Japanese Industry'',
   Computer Standards & Interfaces, Elsevier Publishers, vol.23,pp.57-64 (March 2001).

<国内学会発表>

 [1] 菅原秀武、小林春夫、小室貴紀、酒寄寛、
  「通信用AD変換器の評価計測アルゴリズム」 第17回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2001年1月).

 [2] 高橋伸夫、小林春夫、女屋佳隆、小林和也、傘昊、菅原秀武、高橋雄一、小暮英行、
   石綿和也、黒沢直樹、木村安行、弓仲康史、田中紘資、安部文紀、
   「高速 8bit CMOS AD変換器」、
   第17回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2001年1月).

 [3] 高橋伸夫、小林春夫、
   「高速 8bit CMOS AD変換器の設計・開発」、
   第2回 全国ベンチャー・ビジネス・ラボラトリ・フォーラム、仙台 (2001年3月).

 [4] H. Kobayashi, K. Kobayashi, M. Morimura, H. Kogure, Y, Takahashi,K. Enomoto and Y. Onaya,
   ``Timing Nonindeality Issues in Wideband Sampling Systems: Finite Aperture Time and Sampling Jitter'',
   第14回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2001年4月).

 [5] N. Kurosawa, H. Kobayashi, H. Kogure, T. Komuro and H. Sakayori,
   ``Sampling Clock Jitter Effects in Digital-to-Analog Converters'',
   第14回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2001年4月).

 [6] N. Kurosawa, H. Kobayashi and K. Kobayashi,
   ``Channel Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems -Linearity Mismatch Case -'',
   第14回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2001年4月).

 [7] H. Kogure, Y. Takahashi, H. Kobayashi, H. Sato, T. Myono, Y. Kimura and K. Tanaka,
   ``Nonlinearity Analysis of CMOS ADC Input Capacitance'',
   第14回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ (2001年4月).

 [8] 木村勝、小林謙介、小林春夫、
   「広帯域信号の高効率波形収録を可能とする準コヒーレントサンプリング法」、
   第14回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ(2001年4月).

 [9]大門孝幸、定村宏、進藤崇之、小林春夫、名野隆夫、
   「携帯機器用スイッチング電源回路の研究」、
   第18回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2001年5月)

 [10]小林春夫、黒沢直樹、宮内一行、川上愼也 小室貴紀、酒寄寛、
   「DA変換器のタイミング誤差解析 -クロック・ジッタとタイミング・スキュー(グリッチ)の影響-」、
   電子情報通信学会 集積回路研究会、神戸(2001年9月)

 [11]柏瀬 賢二、早坂直人、黒岩伸行、小林春夫、名野隆夫、
   「チャージポンプ電源回路の過渡解析」、
   第19回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2001年9月)

 [12]早坂直人、柏瀬賢二、黒岩伸幸、北原崇、小林春夫、名野隆夫、
   「集積回路設計のためのパワーエレクトロニクス」、
   第19回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2001年9月)

 [13]大門孝幸、定村宏、進藤崇之、小林春夫、名野隆夫、河井周平、飯島隆、
   「スイッチング電源回路でのノイズのスペクトラム拡散技術」、
   第5回システムLSIワークショップ、北九州(2001年11月)



2000年

<論文>

 [1] T. Myono, E. Nishibe, S. Kikuchi, K. Iwatsu, T. Suzuki, Y. Sasaki,K. Itoh and H. Kobayashi,
   ``Modeling and Parameter Extraction Technique for Unidirectional HV MOS Devices'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol. E83-A, no. 3, pp.412-420 (March 2000) .

 [2] H. Kobayashi, T. Mizuta, M. Kimura, K. Uchida, T. Tobari, H.Matsuura, K. Kobayashi, A. Miura,
   T. Yakihara, S. Kobayashi, M. Yamanaka, S. Oka, T. Fujita, A.Nakajima, D. Murata and M. Morimura,
   ``High-Speed ADC Systems with HBTs for Measuring Instrument Applications'',
   Computer Standards & Interfaces, Elsevier Publishers, vol.22,no.2, pp.121-140 (June 2000).

 [3] H. Sato and H. Kobayashi,
   ``Dynamic Power Dissipation of Track/Hold Circuit'',
   IEICE Trans. on Fundamentals, vol.83, No.8, pp.1728-1731 (Aug. 2000).

 [4] H. San, H. Kobayashi, T. Myono, T. Iijima and N. Kuroiwa,
   ``Highly-Efficient Low- Voltage-Operation Charge Pump Circuits Using Bootstrapped Gate Transfer Switches'',
   電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), vol.120-C, No.10, pp.1339-1345 (2000年10月).

<著書>

 [1] 松本隆、小林春夫、
   「映像メデイアハンドブック (2.4.2節 ビジョンチップ
pp.42-51)」、オーム社(2000年11月).

<国際学会>

 [1] H. Sato and H. Kobayashi,
   ``Dynamic Power Dissipation of Track/Hold Circuit'',
   IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference,pp.425-430, Baltimore, USA (May 2000).IEEE Xplore

 [2]N. Kurosawa, K. Maruyama, H. Kobayashi, H. Sugawara, and K.Kobayashi ,
   ``Explicit Formula for Channel Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems'',
   IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference,pp.763-769, Baltimore, USA (May 2000).IEEE Xplore

 [3] H. Sugawara, H. Kobayashi and P. Arpaia,
   ``Some Thoughts on Sine Wave ADC Testing'',
   IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference, pp.125-131, Baltimore, USA (May 2000) .IEEE Xplore

 [4] H. Kobayashi, K. Kobayashi, Y. Takahashi, K. Enomoto, H. Kogure,Y. Onaya and M. Morimura,
   ``Finite Aperture Time and Sampling Jitter Effects in Wideband Data Acquisition Systems'',
   Automatic RF Techniques Group56th Measurement Conference - Metrology and Test
   for RF Telecommunications, pp.115-121, Boulder Colorado USA (Dec.2000).IEEE Xplore

 [5] K. Kobayashi, M. Kimura, and H. Kobayashi,,
   ``A Quasi-Coherent Sampling Method for Wideband Data Acquisition,'',
   Automatic RF Techniques Group 56th Measurement Conference -Metrology and Test
   for RF Telecommunications, pp.25- 31, Boulder, Colorado USA (Dec.2000).IEEE Xplore

<国内学会発表>

 [1] 丸山薫、小林春夫、黒沢直樹、菅原秀武、
   「インターリーブAD変換器のチャネル間ミスマッチの影響の誤差解析とその補正アルゴリズム」、
   第14回システムVLSI合同ゼ ミ、東京(2000年1月).

[2] 傘 昊、小林春夫、名野隆夫、飯島隆、黒岩伸行、
   「高効率チャージポンプ回路」、
   第14 回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2000年1月).

[3] 小林和也、高橋伸夫、小林春夫、、 女屋佳隆、傘昊、菅原秀武、高橋雄一、小暮英行、
   木村安行、弓仲康史、田中紘資、安部文紀、
   「高速 8bit CMOS AD変換器」、
   第14回 システムVLSI合同ゼミ、東京 (2000年1月).

[4] N. Kurosawa, K. Maruyama, H. Kobayashi, H. Sugawara, and K. Kobayashi,
   ``Explicit Analysis of Channel Mismatch Effects in Time-Interleaved ADC Systems'',
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp. 355-360 (2000年4月).

[5] K. Kobayashi, N. Takahashi, H. Kobayashi, Y. Onaya, H. San, H.Sugawara, Y. Takahashi,
   H. Kogure, K. Ishiwata, Y. Kimura, Y. Yuminaka, Y. Sasaki, K. Tanaka and F. Abe,
   ``Design of a 3.0V 200MS/s 8bit Folding/Interpolation ADC with 0.35um CMOS process'',
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp. 349-354 (2000年4月).

[6] H. San, H. Kobayashi, T. Myono, T. Iijima and N. Kuroiwa,
   ``Highly-Efficient Low- Voltage-Operation Charge Pump Circuits Using Bootstrapped Gate Transfer Switches'',
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.473-478 (2000年4月).

[7] 名野隆夫、飯島隆、植本彰、可井周平、小林春夫、
   「0.5Vdd ポンプアップ方式による 高効率チャージポンプ回路」、
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.479-484 (2000年4月).

[8] 名野隆夫、可井周平、植本彰、飯島隆、小林春夫、
   「大出力負荷電流、高性能チャージポンプ回路」、
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.485-490 (2000年4月).

[9] 木村勝、峯岸篤、小林謙介、小林春夫、
   「トリガード時間補間器を持つコヒーレント・サンプリング・システム」、
   第13回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.361-366 (2000年4月).

[10] 小暮英行、小林春夫、黒沢直樹、高橋雄一、高橋伸夫
   「CMOS AD/DA変換器の高精度化」、
    第15回システムVLSI合同ゼミ、東京 (2000年6月).

[11] 高橋伸夫、小林春夫、小林和也、 女屋佳隆、傘昊、菅原秀武、高橋雄一、小暮英行、
   木村安行、弓仲康史、田中紘資、安部文紀、
   「折り返し・補間型アーキテクチャを用いた3.0V 200MS/s 8bit CMOS AD変換器の設計」、
   電子情報通信学会、集積回路研究会、熊本(2000年9月).

[12] 黒岩伸幸、小林春夫、名野隆夫、
   「レベル・シフト回路のダイナミクスの解析」、
   第16回システムVLSI合同ゼミ、東京(2000年10月).

[13] 小暮英行、大門孝幸、高橋伸夫、小林春夫、女屋佳隆、 高橋雄一、小林和也、福島 圭介,
   木村安行、田中紘資、
   「折り返し・補間型 8bit CMOS AD変換器の高速・高精度」、
   第4回システムLSI琵琶湖ワークショップ ポスターセッション、滋賀 (2000年11月).



1999年

<論文>

 [1] H. Kobayashi and T. Matsumoto,
   ``Spatial and Temporal Dynamics of Vision Chips Including Parasitic Inductances and Capacitances'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
   vol. E82-A, no. 3, pp.412- 416 (March 1999) .

 [2] T. Myono, E. Nishibe, S. Kikuchi, K. Iwatsu, T. Suzuki, Y. Sasaki,K. Itoh and H. Kobayashi,
   ``High-Voltage MOS Device Modeling with BSIM3v3 SPICE MODEL'',
   IEICE Trans. on Electron, vol. E82-C, no. 4, pp.630-637 (April 1999)

 [3] T. Myono, E. Nishibe, S. Kikuchi, K. Iwatsu, T. Suzuki, Y. Sasaki,K. Itoh and H. Kobayashi,
   ``Modelling Technique for Uni-directional High-Voltage MOS Devices Based on BSIM3v3'',
   Electronics Letters, vol.35, no.14, pp1200-1201 (July 1999).

<国際学会>

 [1] H. Kobayashi, M. Morimura, K. Kobayashi and Y. Onaya,
   ``Aperture Jitter Effects on Wideband Sampling Systems'',
   IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference,pp.880-885, Venice, Italy (May 1999) . IEEE Xplore

 [2] T. Myono, E. Nishibe, S. Kikuchi, K. Iwatsu, T. Suzuki, Y. Sasaki,K. Itoh, and H. Kobayashi,
   ``Modeling and Parameter Extraction Technique for High-Voltage MOS Device'',
   International Symposium on Circuits and Systems, pp.VI230-233,Orlando, Florida (June 1999) . IEEE Xplore

 [3] H. Kobayashi, M. Morimura, K. Kobayashi and Y. Onaya,
   ``Aperture Jitter Effects on Wideband ADC Systems'',
   6th IEEE International Conference on Electronics, Circuits and Systems,
   pp.1705-1708, Paphos, Cyprus (Sept. 1999) .IEEE Xplore

.[4] M. A. Mohamed Zin, H. Kobayashi, K. Kobayashi, J. Ichimura, H.San, Y. Onaya, Y. Kimura,
   Y. Yuminaka, Y. Sasaki, K. Tanaka and F. Abe,
   ``A High-Speed CMOS Track/Hold Circuit'',
   6th IEEE International Conference on Electronics, Circuits and Systems,
   pp.1709-1712, Paphos , Cyprus, (Sept. 1999) .IEEE Xplore

 [5] H. Kobayashi, T. Mizuta, K. Uchida, H. Matsuura, A. Miura, T.Yakihara, S. Oka, D. Murata,
   ``Design and Testing of a High-Speed 6-bit ADC Using SiGe HBT'',
   4th Workshop on ADC Modelling and Testing, pp.212-217, Bordeaux,France (Sept. 1999).

<国内学会発表>

 [1] 傘昊, モハマド・マウアイ, 小林春夫、小林和也、 市村順一、女屋佳隆、
   弓仲康史、 佐々木義智、木村安行、田中紘資、安部文紀、
   「高速CMOSトラック・ホールド回路」、
   全国VBLフォーラム’99、京都 (1999年3月).

[2] 小林春夫、森村正直、小林謙介、女屋佳隆、
   「広帯域サンプリング・システムにおける ジッタの影響」、
   電子情報通信学会総合大会、エレクトロニクス2 pp.163 (1999 年3月).

[3] M. A. Mohamed Zin, H. Kobayashi, K. Kobayashi, J. Ichimura, H. San,Y. Onaya, Y. Kimura,
   Y. Yuminaka, Y. Sasaki, K. Tanaka and F. Abe
   ``A High-Speed CMOS Track/Hold Circuit'',
   第12回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.49-53 (1999年4月).

[4] H. Kobayashi, M. Morimura, K. Kobayashi and Y. Onaya,
   ``Aperture Jitter Effects on Wideband Sampling Systems'',
   第12回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.54-59 (1999年4月).

[5] 名野隆夫、菊池修一、岩津勝彦、西部栄次、鈴木琢也、佐々木義智、伊藤和男、小林 春夫、
   「BSIM3v3 SPICEモデルによる単方向高耐圧デバイスのモデリングとパラメータ抽出技法」、
   第12回 回路とシステム(軽井沢)ワークショップ, pp.231-236 (1999年4月).

[6] 小林和也, 傘昊、モハマド・マウアイ、小林春夫、市村順一、女屋佳隆、木村安行、弓仲康史、
   佐々木義智、田中紘資、安部文紀
   「高速CMOSトラック・ホールド回路」、
   第12回システムVLSI合同ゼミ、桐生(1999年5月)

[7] H. Kobayashi,
   ``ADC Standardization Activities in Japan'',
   Joint Meeting of the Working Group on "A/D and D/A Converter Metrology" (EUPAS Project) and
   the IEEE Instrumentation and Measurement Society TC-10 on
   Waveform Measurement and Analysis, Venice, Italy (May 1999).

[8] H. Kobayashi, M. Morimura, K. Kobayashi and Y. Onaya,
   ``Aperture Jitter Effects on Wideband ADC Systems'',
   計測自動制御学会 学術講演会 国際セッション, pp.1089-1094,盛岡 (1999年7月).

[9] 石川達之、堀口繁、小林春夫、岩佐直樹、高橋伸夫、
   「高速バンドパスΔΣ AD変換 器用デジタル・フィルタ」、
   計測自動制御学会 学術講演会, pp.641-642, 盛岡 (1999年7月).

[10] H. Kobayashi,
   ``ADC Standard in Japanese Companies'',
    Meeting of IMEKO TC-4 EUPAS, Bordeaux, France (Sept. 1999).

[11] 涌井立志、石川達之、堀口繁、小林春夫、丸山薫、神沢朋和、岩佐直樹、高橋伸夫、
   「ギガヘルツ・サンプリング バンドパス・シグマ・デルタAD変換器用デジタル・フィ ルタ CMOS LSI のアーキテクチャ」、
   第13回システムVLSI合同ゼミ、東京 (1999年10月)

[12] 小林春夫, モハマド・マウアイ、小林和也、傘昊、市村順一、女屋佳隆、木村安行、 弓仲康史、
   佐々木義智、田中紘資、安部文紀、
   「高速CMOS AD変換器用トラック・ホールド回路」、
   VDEC LSI デザイナーズ・フォーラム '99、仙台(1999年9月).

[13] 小林春夫, 涌井立志、石川達之、堀口繁、丸山薫、神沢朋和、岩佐直樹、高橋伸夫、
   「ギガヘルツ・サンプリング・バンドパス・デルタ・シグマAD変換器」、
   VDEC LSI デザイナーズ・フォーラム '99、仙台(1999年9月).

[14] 丸山薫、堀口繁、石川達之、小林春夫、神沢朋和、大門孝幸、小暮英行、涌井立志、 岩佐直樹、高橋伸夫、
   「シグマ・デルタ変調器のダイナミクス」、
   第22回 Dynamical System Theory シンポジウム、宇都宮 (1999年10月).

[15] 小林春夫、松本隆、
   「ビジョン・チップ」、
   第7回光インターコネクト情報処理研究 会/第89回光コンピューティング研究会 pp.25-31、横浜(1999年10月)



1998年

<論文>

 [1] H. Kobayashi, T. Mizuta, K. Uchida, H. Matsuura, A. Miura, T.Yakihara, S. Oka and D. Murata,
   `` A High-Speed 6-bit ADC Using SiGe HBT'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
   vol. E81-A, no. 3, pp.389-397, (March 1998).

 [2] T. Myono, S. Kikuchi, K. Iwatsu, E. Nishibe, T. Suzuki, Y. Sasaki,K. Itoh and H. Kobayashi,
   ``Modelling Technique for High-Voltage MOS Devices with BSIM3v3'',
   Electronics Letters, vol.34, no.18, pp1790-1791 (Sep. 1998).

 [3] T. Yagi, H. Kobayashi and T. Matsumoto,
   ``Vision Chip Architecture with Light Adaptation Mechanism'',
   Artificial Life and Robotics, pp.12-18 (1998).

<著書>

 [1] T. Yagi, H. Kobayashi and T. Matsumoto,
   ``Parallel Analog Image Processing: Solving Regularization Problems Applications, Academic Press (1998).

<国際学会>

 [1] H. Kobayashi, T. Mizuta, M. Kimura, K. Uchida, H. Matsuura and K.Kobayashi,
   ``AC Performance Improvement of Folding/Interpolation ADC with SiGe HBT'',
   Proc. of IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference,
   pp.1385-1390, St. Paul. MN (May 1998).IEEE Xplore

 [2] H. Kobayashi and T. Matsumoto,
   ``Spatial and Temporal Stability of Vision Chips Including Parasitic Inductances and Capacitances'',
   Proc. of IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,
   pp.II1089-1092, Seattle (May 1998).IEEE Xplore

 [3] Kh. Hadidi, K. Eguchi, T. Matsumoto and H. Kobayashi,
   ``A Highly Linear Second- Order Stage for 500MHz Third-Order and Fifth-Order Filters'',
   Proc. of 5th IEEE International Conference on Electronics, Circuits and Systems,
   pp.361-364, Lisbon, Portugal, (Sept. 1998).

<国内学会>

 [1] H. Kobayashi and T. Matsumoto,
   ``Spatial and Temporal Dynamics of Vision Chips Including Parasitic Inductances and Capacitances'',
   第11回回路とシステム(軽井 沢)ワークショップ、軽井沢、 pp. 235-239, (1998年4月).

 [2] 名野隆夫、菊池修一、岩津勝彦、西部栄次、鈴木琢也、佐々木義智、伊藤和男、小林春夫、
   「BSIM3v3による高耐圧デバイスのモデル化とパラメータ抽出技法」、
   電子情報通信学会 集積回路研究会 ICD98-228, pp.79-86, (1998年10月)

 [3] 堀口繁、石川達之、岩佐直樹、小林春夫、
   「高速バンドパス・シグマ・デルタAD変換器」、
   光産業振興協会第1回ベンチャー交流会、(1998年10月).

 [4] 小林春夫
   「計測用集積回路 設計技術」、
   電気学会 東京支部群馬支所講演会、桐生、(1998年12月)
.



1997年以前

<論文>

 [1] T. Tobari, H. Kobayashi, K. Uchida, H. Matsuura, M. Yamanaka, S. Kobayashi, T. Fujita and A. Miura,
   ``Track / Hold Circuit in GaAs HBT Process'',
   IEICE Trans. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,
   vol.E80- A, .no.3, pp.454-460 (March 1997).

[2] H. Kobayashi, T. Matsumoto, and J. Sanekata,
   ``Two-Dimensional Spatio-Temporal Dynamics of Analog Image Processing Neural Networks'',
   IEEE Trans. on Neural Networks, Vol.6, No.5, pp.1148-1164 (1995).IEEE Xplore

[3] H. Kobayashi, T. Matsumoto, T. Yagi and K. Tanaka,
   ``Light Adaptation Architectures for Regularization Vision Chips'',
   Neural Networks, vol.8, pp.87-101 (1995).

[4] H. Kobayashi, T. Matsumoto, T. Yagi, and T. Shimmi,
   ``Image Processing Regularization Filters on Layered Architecture'',
   Neural Networks, vol.6, no.3, pp.327-350 (1993). (日本神経回路学会 論文賞 受賞)

[5] T. Matsumoto, H. Kobayashi and Y. Togawa,
   ``Spatial Versus Temporal Stability Issues in Image Processing Neuro Chips'',
   IEEE Trans. on Neural Networks, vol.3, no.4, pp.540-569 (July 1992).IEEE Xplore

[6] H. Kobayashi, J. L. White and A. A. Abidi,
   ``An Active Resistor Network for Gaussian Filtering of Images'',
   IEEE Journal of Solid-State Circuits, vol.26, no.5, pp.738-748 (May 1991).IEEE Xplore

[7] K. Hara, H. Kobayashi, S. Takagi and F. Shiota,
   ``Simulation of a Multi-Josephson Switching Device'',
   Japanese J. of Applied Physics, vol.19, no.12,pp.2919-2920 (1980).

<国際学会>

 [1] H. Kobayashi, T. Tobari, H. Matsuura, A. Miura, M. Yamanaka, T.Yakihara, S. Kobayashi,
   S. Oka, T. Fujita and D. Murata,
   ``System Architecture and Key Components of a Multi-Giga-Hertz A/D Converter with HBT'',
   Proc. of IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference,
   pp.1160-1166, Brussels (June 1996),IEEE Xplore 
   and E. M. Petri (editor), Instrumentation and Measurement Technology and Applications,
    IEEE Technology Update Series (Selected Conference Papers), IEEE Press, pp.83-89 (1998).

 [2] H. Kobayashi, T. Mizuta, K. Uchida, H. Matsuura, A. Miura, T.Yakihara, S. Oka and D. Murata,
   “Design consideration for folding/interpolation ADC with SiGe HBT”,
   Proc. of IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference, vol. 2, pp.1142-1147, Ottawa, Canada (May 1997),IEEE Xplore

 [3] H. Kobayashi, H. Sakayori, T. Tobari and H. Matsuura,
   ``Error Correction Algorithm for Folding/Interpolation ADC'',
   Proc. of International Symposium on Circuits and Systems, Seattle, vol.1, pp.700-703, (May 1995).IEEE Xplore

 [4] Kh. Hadidi, H. Kobayashi,
    "A 25 MHz 20 dB variable gain amplifier",
    IEEE Instrumentation and Measurement Technology Conference, Hamamatsu, Japan (May 1994). IEEE Xplore

 [5] T. Shimmi, H. Kobayashi, T. Yagi, T. Sawaji, T. Matsumoto, and A. A. Abidi,
   ``A Parallel Analog CMOS Signal Processor for Image Contrast Enhancement'',
   Proc. of European Solid-State Circuits Conference, pp.163-166, Copenhagen (Sept. 1992).IEEE Xplore

 [6] H. Kobayashi, J. L. White and A. A. Abidi,
   ``An Analog CMOS Network for Gaussian Convolution with Embedded Image Sensing'',
   International Solid-State Circuits Conference Digest of Technical Papers,
   pp.216-217, San Francisco (Feb. 1990).IEEE Xplore

 [7] T. Matsumoto, H. Kobayashi and Y. Togawa,
   ``Stability Issues in Image Processing Neuro Chips : Spatial and Temporal,"
    Proc. of International Joint Conference on Neural Networks 91, vol.2, pp.283-295, Seattle (June 1991).

 [8] H. Kobayashi, T. Matsumoto, T. Yagi, and T. Shimmi,
   ``A Layered Architecture for Regularization Neuro Chips,"
    Proc. of International Joint Conference on Neural Networks 91, pp.1008-1020, Singapore (Nov. 1991).

 [9] T. Yagi, T. Matsumoto, Y. Funahashi, H. Kobayashi and T. Shimmi,
   ``The Retina: A Model of Novel Image Processing Device,"
    Proc. of the Korean Neural Network Conf., pp.85, Taejon, (1992).

 [10] H. Kobayashi, T. Matsumoto, and J. Sanekata,
    ``Spatial and Temporal Dynamics of Analog Image-Processing Neuro Chips,"
     Proc. of International Joint Conference on Neural Networks 93, pp.865-874, Nagoya (Oct. 1993).

 [11] H. Kobayashi; J.L. White; A.A. Abidi, ``Gaussian Convolution Analog CMOS Network For 2D Images,"
 IEEE Twenty-Second Asilomar Conference on Signals, Systems and Computers, Pacific Grove, CA (Nov. 1988). IEEE Xplore

<解説・報告文>

 [1] 松本隆、小林春夫、八木哲也、
   「ビジョンチップ(Ⅰ)- アナログ画像処理用ニューロチップ -」、
   電子情報通信学会誌, vol.76, no.7, pp.783-791 (1993年7月).

 [2] 松本隆、小林春夫、八木哲也、
   「ビジョンチップ (Ⅱ・完)- アナログ画像処理用ニューロチップ -」、
   電子情報通信学会誌, vol.76, no.8, pp.851-858 (1993年8月).

 [3] 小林春夫、八木哲也、 松本隆、
   ``ビジョンチップ ~- スマート画像センサ -,"
   システム制御情報学会誌, vol.40, no.1, pp.13-18, (1996年1月).

 [4] 松本隆、小林春夫、八木哲也、
   ``ビジョンチップの動向,"
    光学, vol.25, no.5, pp.258-264, (1996年5月).